私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年04月11日

サルバルサン戦記 岩田健太郎著



 岩田健太郎著

 先日、もやしもんの著者石川雅之さんと「絵でわかる感染症」を出されたお医者様、岩田健太郎さんがサルバルサンを開発した秦佐八郎について書いた本。

 最近、岩田さん、めっちゃ多作やなあ・・・

 この本、何て言ったらいいんだろう・・・評伝とか伝記とかとは言いがたく、中で秦と野口英世(この2人は伝染病研究所で同僚だったので可能性は十分ある)と石川啄木と南方熊楠がお酒を飲みながら鼎談をするシーンなんかもあったりする、めっちゃフリーダムな内容です(笑)。

ちょっと生没年を調べると

秦佐八郎(1873 - 1938[明治6 - 昭和13])
野口英世(1876 - 1928[明治9 - 昭和3])
石川啄木(1886 - 1912[明治19 - 明治45])
南方熊楠(1867 - 1941[慶応3 - 昭和16])

伝染病研究所在籍は
秦佐八郎 1898-1914(辞職は伝染病研究所移管のためのゴタゴタで北里柴三郎とともにやめる)
野口英世 1898-1899(なんかいろんなところに行ってはるからよくわからんが・・・)

だからふ〜〜む、1899としても

秦 26歳
野口 23歳
石川 13歳
南方 32歳

か。また、登場人物が未来のことを語っていたり、それこそ「JIN-仁-」の世界ですね。

 なお私は和歌山県の田辺に旅行していたおりに、南方熊楠顕彰館に行ったけれど、入れなかったことがあります。

紀伊田辺散策 月曜なので大失敗編

 あと、私は名前を存じ上げませんでしたがサッカー指導者として有名な森孝慈って人も出てきます。

秦は1909年にサルバルサンの薬効(薬として細菌(スピロヘータ)は殺すけれど、人間への害は少ない)を実験で確かめます。これが化学的に作られた物質で病原菌に薬効(人に害が少ない形で)を表すものとしては初だったとか。

サルファ剤、忘れられた奇跡 トーマス・ヘイガー著

で描かれたドーマクによるサルファ剤の発見が1932年ですから、その23年前ですね。

なお生物由来であるなら、フレミングによるペニシリン発見は1928年です。これの19年前でもある。

 また森林太郎(森鴎外・陸軍)と高木兼寛(海軍)による、脚気細菌説と脚気食物説との確執についても詳しく書かれています。

posted by kingstone at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高橋博之(AERA'15.3.16 現代の肖像)

 AERA 2015.3.16号 現代の肖像

 高橋博之さん

 もともと岩手県議をしておられ、岩手県知事選にも出てはります(次点で落選)。
 記事の中では「政治家は引退」と書かれてますが、ホームページを見たら、どう見ても政治家のページだな・・・

高橋博之公式サイト

 しかし、今は

「東北食べる通信」

の発行人・編集長をしてはる。

 この「通信」は、記事が「主」で「おまけ」としてそこで特集された食材がついてくる、という、まず「物語」を売ろうというものだそう。

 もともと震災後、沿岸部での漁師さんを支援する「ウミギウデ」というプロジェクトをやっており、「都会と田舎をかきまぜる」という理念のもと、例えば30円で買われる殻つきカキを100円で売れるようにできないか、と考えておられたけど、あまりうまくいってなかったみたい。

 で、NPOカタリバ代表の今村久美さんや、東北学の山内明美さんなども共感はできるのだけど、空回りするばかりだったと。

こども東北学  山内明美著

 そのころ琉球ゴールデンキングスのオーナーで数々のベンチャービジネスを立ち上げてきた投資家で、被災地間の連携を図る「東北復興新聞」の創刊に関わってはった大塚泰造さんが、高橋さんの話を8時間にわたって聞き取ります。

 翌日送られて来たメールには
「ミッション」としてこう書かれてたと。
「1次産業をコミュニケーション産業に変える。作ると食べるを結びつける。双方向コミュニケーションにより消費者が生産者に関与する」


 また資金調達方法や事業計画なども書き込まれていたそう。

 そういうの形にできる人がいはるんやな。
 もちろん、それを現実のものにしていくのは高橋さん自身だったと思います。

(よく復興事業などで「初期にコンサルだけが金を儲けて後に残った地域の人には何も残らなかった」みたいなことが記事として出てきていますが、地域の人に実現可能なコンサルテーションができなかったのはコンサルの実力不足であるとしても、コンサルだけに責任を負わせるのも可哀想かなあ、と思わないでもない)

 で、東京でミィーティングをして、大塚さんの紹介でコピーライターの坂本陽児さんが参加し

「初めて企画を聞いた時、他の宅配業者との差別化が課題だと思いました」

とのことで、メインとおまけの逆転のアイデアが出てきたそう。


 で、とてもいいと思うのだけど、

「消費者は経済を仲立ちにすると一円でも安いものを求めてしまうが、生産者がコミュニティの仲間であれば適価を払うことは当然と考える。そこに国内の生産者の生きる道も見えてくる」

ってことだけど、もちろんそれはいいことで、フェアトレードなんかもそういう考えだと思うけど、でもそこまでしなくても「適価で売れる」方法は無いかなあ・・・

 無いか??・・・

posted by kingstone at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月11日(土曜日) おれがもったお荷物だ!途中でほうりだしてたまるか!


 おはようございます。

 曇りです。
 まだポツポツしてるかな?


おれがもったお荷物だ!途中でほうりだしてたまるか!
(「タッチ」あだち充著 少年サンデーコミックス〈ワイド版〉第3巻 P426)

 上杉和也が亡くなり、なんかいたずら(?)で上杉達也が和也のまねをして投球したのが、ノーコンではあったけれどボールに力があったので、野球部のキャプテン黒木が、ボクシング部のキャプテンに「上杉達也をゆずってほしい」とかけあった時の言葉。

 こんなやりとりです。

ボ「ほう。練習はサボる。闘争心はない、根性もない、ボクシング部のお荷物を野球部がひきとってくれるというのか?」
野「そうだ!」
ボ「ハッハハ・・・」
ボ「断る!」
(中略)
ボ「そうはいかねえ!上杉は大事なボクシング部員だ!」
 「練習はサボる、闘争心はない、根性もない、大事なボクシング部員だ!」
 「おれがもったお荷物だ!途中でほうりだしてたまるか!」


・・・いやあ、熱血ですね・・・

 でも、このボクシング部キャプテン、後で、「高橋留美子さんの直筆サイン・うる星やつらのラムちゃんの絵」という色紙と交換に達也を野球部に譲るのですが・・・(第4巻P36)

 いやあ、この熱血でなさ、がいいですね(^^)







posted by kingstone at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日のつぶやき
























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする