私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2015年02月14日

2月14日(土曜日) 主人公(しゅじんこう)


 おはようございます。

 めっちゃいい天気です。


主人公
しゅじんこう

 以前もこの言葉を紹介してますね。
 以前のエントリの著者解説はなんか違うような気がするなあ・・・

 以前友人と「イマジナリーフレンド」について話したことがあります。「イマジナリーフレンド」ってのは西原理恵子さんの「いけちゃんとぼく」に出てくるいけちゃんみたいなのね。



 で、その時、私は
「私にはイマジナリーフレンドはいないなあ。私自身が物語の主人公だけど」
と答えました。

 ロールプレイングゲームの勇者みたいなもん。
 で、イマジナリーフレンドはいないけど、イマジナリーソード(想像上の剣)はいつも左腰に差してる・・・・

 まあ物語を生きてしまうのは危険なのだろうけど、もうそなってるからしかたない。

 で、きっと、どなたでもひとつの物語の主人公だとは思うのだけどね。





石井ゆかり 文   井上博道 写真
 
posted by kingstone at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタッフさんのカバンにホワイトボードが

 連日、ソワサポートの計画相談の書類作りに追われています。

 毎日、10時とか11時まで仕事をして、で、私は「児童」は相当詳しくなってると思うけど、「成人」はまだまだ勉強不足。でも困ってはるから、といろいろ調べてひーひー言いながら仕事してたら、ある自治体の方が

「じゃあ断ればいいじゃないですか」

 ということで、もう新たな「成人」はお断りしようと思いました。
「困ってはるから」と思ってしんどくても仕事を仕上げてたのが馬鹿みたい。
 もちろん、今まで関わった方のは責任をもって関わらせて頂きます。

 だから、今、寸暇をおしんで面談・家庭訪問・書類作りをしてるから「資源開発」には全然回れません。

 でも、さすがにトイレには行かなけりゃと廊下に出たら、こんなカバンを見つけました。

kaban.jpg

 あるスタッフさんが、自分のカバンにマイホワイトボードを入れてはる。
 もちろん子どもたちとコミュニケーションをとるためですね。
 まあカバンからはみ出してるけど(笑)

 このスタッフさん、おめめどうの

「自閉症・発達障害の人と伝えあおう、わかりあおう」
コミュニケーションメモ帳の使い方ガイド

奥平綾子著 1080円

わかりあおう.jpg

も、確か、購入して下さった方のはず。
そういや、この方に、コミュニケーションメモ帳の場所を変えたのを伝えてないから、また伝えておこう。

2015年02月13日のつぶやき


























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする