私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年12月26日

12月26日(金曜日) ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる(後徳大寺左大臣)

 おはようございます。

 いい天気です。


ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる

時鳥(ほととぎす) 三夏 ♪ より

スクリーンショット 2014-12-26 8.45.01.png


 私はほととぎすを見たことが無いです。
 啼き声も聞いたことがないです。
 少なくとも意識しては。
 たまたま見てた、聞いてたってこと、あるのかなあ・・・

Wikipediaによると
日本の芸術とホトトギス
   古典文学
     日本では、激情的ともいえるさえずりに仮託して、
     古今ホトトギスの和歌が数多く詠まれ、すでに
     『万葉集』では153例、『古今和歌集』では42例、
     『新古今和歌集』では46例が詠まれている。
     鳴き声が聞こえ始めるのとほぼ同時期に花を咲かせる
     橘や卯の花と取り合わせて詠まれることが多い。
     他にも夜に鳴く鳥として珍重され、その年に初めて
     聞くホトトギスの鳴き声を忍音(しのびね)といい、
     これも珍重した。『枕草子』ではホトトギスの初音を
     人より早く聞こうと夜を徹して待つ様が描かれる。

     (初ガツオといい、ボージョレヌーボーといい、
      日本人って初物が好きなんやねえ・・・)

解釈
「(朝、薄暮の時)ほととぎすが啼いている方(西)を見ると、朝の月が白く残っている」

?ホトトギスは夜も啼く鳥ってことで、まあ朝方啼いてて不思議はないけど、かなり早い時刻だろう。そんなに朝早く起きたのか、それとも徹夜していたのか・・・・


徳大寺実定(とくだいじ さねさだ、1139年ー1192年)
   平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿・歌人。
   右大臣・徳大寺公能の長男。官位は正二位・左大臣。
   後徳大寺左大臣(ごとくだいじの さだいじん)として知られる。

   (ついに「鎌倉時代初期にかけて」って人が出てきた。
    後ろの説明を読んでると、平氏と対立したりしてる)


もずらいとさんのコメント

ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる

>解釈
>「(朝、薄暮の時)ほととぎすが啼いている方(西)を見ると、朝の月が白く残っている」

 ほぼそのとおりです。注釈を加えるとするなら、この当時ホトトギスは夏の風物詩で、初音を聞くために徹夜するというのも珍しくなかったのだそうです。ですから、

>?ホトトギスは夜も啼く鳥ってことで、まあ朝方啼いてて不思議はないけど、かなり早い時刻だろう。そんなに朝早く起きたのか、それとも徹夜していたのか・・・・

はまさにそうなのです。




もずらいとさん、どうもです。

>この当時ホトトギスは夏の風物詩

あれこれ検索をかけたのですが、この、「夏」という基本的なところがわからず、もどかしい思いをしてました。季節とか「何月」とかちゃんと書いてくれてるところって少ないですね・・・

posted by kingstone at 08:58| Comment(1) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日のつぶやき






























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする