私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年11月28日

11月28日(金曜日) 嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る(右大将道綱母)

 おはようございます。

 まだ外は真っ暗。


嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る

これは
「(「恋しい人がいない。寂しいな」と)嘆きながら、ひとりで寝ていると、夜が明けるまでの時間が、とても長い(と感じられる)ことを知ったよ」

だと思うのだけど。

でもって、これ、男の人の歌だと思ってたけど、「右大将道綱母」なんだなあ・・・女性が歌ってるんだ。


藤原道綱母(ふじわら の みちつな の はは、936年? - 995年)
   平安時代中期の歌人。藤原倫寧の娘。
   『尊卑分脈』に「本朝第一美人三人内也(=日本で最も
    美しい女性三人のうちの一人である)」と書かれている
    が、尊卑分脈は間違いも多く真偽は不明。
   兼家との結婚生活の様子などを『蜻蛉日記』につづった。

   (いろいろな親戚の名前が上がってるけど、当時の有名人が
    網羅されてるなあ・・・すごく小さな世界で、がちっと固まって
    権力を維持していたってことやろな。しんどい話なんやろな)


もずらいとさんからのコメント

>嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る
>
>これは
>「(「恋しい人がいない。寂しいな」と)嘆きながら、ひとりで寝ていると、夜が明けるまでの時間が、とても長い(と感じられる)ことを知ったよ」

 うーん,最後が違いますね。

嘆きつつ → 「(あなたが来ないことを)嘆きながら」
ひとり寝る夜の → 「「一人で寝る夜の」
明くる間は → 「夜が明けるまでの間(あいだ=時間)が」
いかに久しきものと → 「どんなに長く感じるものかを」
かは知る → 係助詞の「か」「は」で反語になります。ですので「知っているのでしょうか?いや知らないですよね」となります。

ですので「(「恋しい人がいない。寂しいな」と)嘆きながら、ひとりで寝ていると、夜が明けるまでの時間が、とても長い(と感じられる)ことを,あなたは知っていますか?いや知らないでしょうね」となります。

 右大将道綱母は日記文学の先駆け「蜻蛉日記」の作者としても有名で、この日記に夫の藤原兼家との話が出てきます。当時は一夫多妻制で,兼家はたくさん妻や愛人を持っていて,なかなか作者のところに来なかったようで,この歌は,珍しくやってきた兼家を「そんなに簡単に家に通してやるものか」と門を開けないでじらそうとしたら,とっとと違う妻の家に行ってしまいブチ切れた作者がその女の家(朝なのでまだ兼家はいる)に送った歌だそうです。



もずらいとさん、どうもです。

>かは知る → 係助詞の「か」「は」で反語になります。
>ですので「知っているのでしょうか?いや知らないですよね」となります。

ありゃ、私は「自分が知った」と考えたのですが、
相手(恋人)に「いや知らないですよね」と言ったわけですね。
しかし、それも趣ある恋の歌だ・・・と思ったら・・・

>ブチ切れた作者がその女の家(朝なのでまだ兼家はいる)に送った

全然ロマンチックやないやん・・・^^;

posted by kingstone at 05:55| Comment(1) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日のつぶやき
























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする