私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年11月02日

11月2日(日曜日) みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ (中納言兼輔)

 おはようございます。

 6時前ですが、まだ暗いですね。
 昨日の天気予報では、今日は雨でしたが。


みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ

木津川  中流 みかの原を流れる泉川 京都府木津川市(旧相楽郡加茂町〜山城町域)

 このエントリはわかりやすい。
 そうか。「みかの原」は加茂町(京都府木津川市加茂町)のことで、そこを流れる木津川が「いづみ川」なのね。


大きな地図で見る

 解釈としては

「みかの原にわき出て流れるいづみ川を、いつ見たのでしょう。もう昔のことで、忘れてしまいました。それでもいづみ川が恋しいように、あなたのことが恋しいのです」

くらい?

藤原兼輔(877年 - 933年)
   平安時代中期の公家・歌人。藤原北家、右中将・藤原利基の六男。
   官位は従三位・中納言。また賀茂川堤に邸宅があったことから
   堤中納言とよばれた。三十六歌仙の一人。
   小倉百人一首では中納言兼輔。

 あれ?堤中納言って聞いたことあるなあ・・・
 Wikipediaの系譜を見ると、紫式部のひいおじいさんにあたる。


もずらいとさんからのコメント

 この歌の出典は新古今集ですから技巧系の歌です。

わきて → 「湧きて」と「分きて」の掛詞。「湧きて」は「いづみ」の縁語にもなります。
いづみ川 → 実在する「いづみ川」と「いつ見」の掛詞で構造上は「みかの原わきて流るる」が「いつ見(たのだろうか)」の序詞になっています。
と言うわけで,意味は

 みかの原を分けて湧いて流れる「いづみ川」の「いつ見」の言葉のように「いつ(あなたのことを)見たのだろうか(いや,見ていない)」とあなたを見てもいないのに(いろいろな噂で)あなたをこんなにも恋しく思うのでしょうか。

です。当時,女性はまず家を出ないし男性と接触しないので,男の方も「あそこの家の娘は美人らしい」とか噂話が飛び交います。それを踏まえないとただのアブナい歌になってしまいます。



もずらいとさん、どうもです。

>「湧きて」と「分きて」
>実在する「いづみ川」と「いつ見」

ほんまめっちゃ技巧系なんですね。

>あなたを見てもいないのに

うわっ。
一度は会ってるのかと思ってた・・・
会ってなくても、歌のやりとりはしてるとかなら理解できるのですが・・・
(ネット恋愛ってそんなもんですやん)

>それを踏まえないとただのアブナい歌

恋愛事情って、時代が違うと、
今では「アブナい」になるものって多いですよね。
posted by kingstone at 06:00| Comment(1) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日のつぶやき


































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする