私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年10月04日

10月4日(土曜日) 髭のジャックの自閉症のお子さんへの対応は、しっかりとしたかたちや技術の中に、いのちやこころを感じ取れた

 おはようございます。

 曇りです。
 もう少し前、暗い時に外に出たら、雲から透けて星が見えてましたが。


 1999年の夏、ノースカロライナのTEACCH部から来た髭のジャック,Ann,Davidたちの自閉症の方への関わりは、しっかりとしたかたちや技術の中に、確かにいのちやこころを感じ取ることができました。

 で、私もそのあたりを目指してたんだけど、「冷たい」「非人間的」というそしりを多く受けたなあ・・・
 あと「いろんなことは人間関係ができてからでしょ!」と非難されたり・・・でも、私がお子さんと「人間関係ができてない」わけではなかったし、「人間関係ができてるから嫌なことでも(それを表現せず)する」というのも何か変だと思う。

元エントリ
大事なことって何だろう3

関連まとめ
愛・関係・人間関係・診断名 主として自閉症の人との関わりから


「いのち と かたち」
に類するような言葉としては
「理念 と 技術」
それから
「愛 と 技術」
なんてえのもあるかもしれない。

同じような関係のものはたくさんありそうです。

2014年10月03日のつぶやき
































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする