私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年10月02日

1月2日(木曜日) 髭のジャックはいっぱい褒めていた

 おはようございます。

 まだ外は真っ暗です。


髭のジャックはいっぱい褒めていた

 これも1999年の夏の5日間セミナーで。

 ほんと「good」とか「Excelent」とか、短い(しかし英単語!)で、参加してくれた自閉症の子どもたちを褒めまくっていました。

元エントリ
TEACCHについての質問3(TEACCHでは、話しかけない、褒めない、と聞きましたが)

 こちらのエントリからも、髭のジャックの褒め言葉が豊富だということがよくわかります。

自閉症の人と「TEACCH」とか「PECS」とか「療育」とか

 ジャックから親への説明は非常に印象的でした。まず子どもの長所をたくさんあげます。そしてとても子どものことを誉めます。形容詞は驚くほどいっぱいあ ります。beautifu1(すてき)、nice(みごと)、cute(可愛い)、precise(几帳面だ)、cheerfu1(快活だ)、 outstanding(際だっている)、great(凄い)、patience(我慢強い)、それにvery(とても)とかstrikingly(著し く)といった副詞がついたりします。それも子どもに合った言葉を選んでいるため、お世辞には聞こえません。

 ほんと「話しかけない、褒めない」なんてことはないのですが、でもそう誤解する人がいることは事実でしょうね。
posted by kingstone at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日のつぶやき










































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする