私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年10月01日

10月1日(水曜日) 最初のセッションで机に向かって勉強させることはできなかった(髭のジャック)

 おはようございます。

 曇りです。


最初のセッションで机に向かって勉強させることはできなかった

 ある方がTEACCH部に留学した時に、体験したこと。
 この日は、髭のジャックについて行きはったのですね。
 その日、ジャックは、ある学校の特別支援学級に行き、初対面の多動のお子さんと、どうやって机の前に座って勉強するかを試しに行きました。しかし1時間、多彩な技を繰り出したにも関わらず、「机の前に座って勉強させる」ことはできなかったそうです。

 私はこれを聞いてすごく感動しました。

「できなかった」のに??

 そう、私もジャックが多彩な技を持っているのを知っています。それにプラスして、少々強引に引っ張って行けば、「ほんの少し机の前に座って勉強(作業)させる」ことは簡単にできると思います。しかしジャックはそれをしなかったのだろうと推測します。

 なんせ
よほど危険が迫っている時以外は、腕をつかんだり、体を押さえつけたりしない

という人だし。

 私が参加した「日本人講師」による5日間セミナーでも、自立課題学習が2日間できず、しかし無理に机のところに連れていくことはせず、視覚支援物、指さしなどで対応し、3日目、最後の最後にそれらプラス「おしごと終わったら○○しようね」(○○は「おやつ」だったか、何かゲームだったか、ご本人の好きなもの)で自分で歩いて自立課題学習のところに行き、やった、という例を目にしました。

 私は・・・結構強引にやっちゃうこともあるなあ・・・(^^;)


元エントリ
ノースカロライナのことやTEACCH部の人たちのこと

2014年09月30日のつぶやき
























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする