私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年09月08日

9月8日(月曜日) 来し秋の何に似たるのわが命せましちひさし萩よ紫苑よ(みだれ髪)

 おはようございます。

 晴れです。
 なんか朝から晴れなのは、久しぶりなような・・・


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

春思

来し秋の何に似たるのわが命せましちひさし萩よ紫苑よ

シオン(紫苑)(植物) Wikipedia

250px-Aster_tataricus1.jpg

94px-Aster_tataricus3.jpg

花言葉は
「君の事を忘れない」・「遠方にある人を思う」
なるほど、なるほど。

「秋がやって来て、私ってなんて心が狭く、小さい人間だろう。ああ、萩よ。紫苑よ。私は遠くにいるあなたを思っています」

ってことだろうな。

 萩の花言葉は調べられませんでしたが、こちらに面白いことが載っていました。

季節の花「萩 (はぎ)」 より

◆秋のお彼岸 に供えるのは、
  秋を代表する花の
  「萩」にちなんで
  (または萩の花に
   似ていることから)
 「萩餅」→「御萩餅」
  →「御萩(おはぎ)」と
  呼ばれるようになった。

 それぞれには
 小豆(あずき)のあんこが
 入っている。

 あずきの粒は夏にできて、
 秋の「おはぎ」の頃には
 まだ柔らかいために  
 「おはぎ」は”つぶあん”にし、
 冬を越え春になった
 「ぼたもち」のときには、 
 固くなった粒のままでは
 食べにくいので 
 粒をつぶして
 ”こしあん”にする。
 ここから、”つぶあん”と
 ”こしあん”の   
 区別ができたらしい。




 kindle(電子書籍)版は無料です。


 

 
posted by kingstone at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日のつぶやき




















































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする