私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年05月20日

ウケてるゲーム5「くねくね」

 ソワサポートのある事業所でウケてるゲーム。

 研修で発表して頂きました。
 まあオリジナルはいろんなところにある物かもしれませんが、それをいろいろ使いやすくして下さってます。
 たくさんあるので、1日1つずつ紹介していきます。

「くねくね」

 太くて柔らかい針金をくねくね曲げただけ。取っての木の玉はかなり後期になってからつきました。もともとは針金だけ。(端っこは危なくないように、クルッと巻いていたと思います)

kunekune.JPG

 で、同じ針金を短く切って、U字型にしたものを針金にまたがらせて置きます。くねくねした針金を、クルクル回したり、傾けたりして、そのU字型のものを、端から端まで落とさないように移動させられたら「やった!」だし、落ちたら「残念!」ってことです。

koma.JPG

5月20日(火曜日) 去年ゆきし姉の名よびて夕ぐれの戸に立つ人をあはれと思ひぬ(みだれ髪)

 おはようございます。

 曇りです。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

はたち妻

去年ゆきし姉の名よびて夕ぐれの戸に立つ人をあはれと思ひぬ

Weblio古語辞典
あはれ[一]感動詞
     ああ。あれ。
     出典源氏物語 夕顔「あはれ。いと寒しや」
            [訳] ああ。ひどく寒いことだ。
   [二]名詞
     @しみじみとした趣。しみじみとわき上がってくる気持ち。
     出典新古今集 秋上 「心なき身にもあはれは知られけり鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ」
            [訳] ⇒こころなき…。
     A寂しさ。悲しさ。
     出典源氏物語 橋姫 「木の葉の散りかふ音、水の響きなど、あはれも過ぎて、
                もの恐ろしく心細き所のさまなり」
            [訳] 木の葉が散り乱れる音や、水の流れの響きなど、
              寂しさも通り越して、何か恐ろしく心細いあたり
              のようすである。
     B愛情。人情。情け。
     出典徒然草 一四二 「子ゆゑにこそ、よろづのあはれは思ひ知らるれ」
            [訳] 子(を持つこと)によってこそ、すべての(人の)
              情けは思いあたって理解できるのだ。
あはれ
   「をかし」とともに、平安時代における文学の基本的な美的理念。
   深いしみじみとした感動・情趣をいう。のち、しだいに日本文学の
   美の根幹として発展し、調和美・優雅美・静寂美・悲哀美などの
   さまざまな内容を持つようになった。⇒もののあはれ・をかし

 去年亡くなった姉の名を呼びながら夕暮れの玄関に経つ人のことに、深いしみじみとした感動をおぼえる。

かな?

 kindle(電子書籍)版は無料です。


 

posted by kingstone at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日のつぶやき






































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする