私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年05月18日

相談支援の説明資料を作ってみた

 相談支援の説明用資料を作ってみました。

                   2014年5月
相談支援説明資料
                   kingstone

※ソワサポートのホームページのトップにある言葉

誰でも得意なものや苦手なものがあります。
そんな子どもたちを柔軟な心で理解し、
わかる環境や手だてを整え、
自分の思いや考えていることを表現し、
穏やかな気持ちで過ごすことができる居場所を
作りたいと考えています。
そして、自分で考え自分の手で人生を切り開いて
いける人に育ってくれることを願っています。

自立って?「わかる」「選択できる」「表現できる」
     「行動できる」「責任をとれる」

福祉制度「改革」の流れ

2000年 社会福祉法 「措置」から「契約」へ(3年で移行)

2006年 障害者自立支援法  「応能負担」から「応益負担」へ(支援費制度の破綻が背景)

2013年 障害者総合支援法 障害者の福祉サービスを「一元化」(3年で移行)

・相談支援事業所でサービス計画を立てることが必要になり、
 セルフケアプラン(自分だけで計画を立てる)ができない
 方向に向かいつつある。

・「事業所の選択」や「サービスの選択」はできる。
 (「選択できるサービスが少ない」
  「利用できるサービスをみんなで作っていく必要がある」のは現実)

・他の相談支援事業所も選べるし、他の事業所のサービスも選べる。

・制度が整ってもそこに「魂」を入れるのは人である。

・うまく利用すれば、大きな力になり得る。(連携)

ウケてるゲーム3「ピンポン飛ばし」

 ソワサポートのある事業所でウケてるゲーム。

 研修で発表して頂きました。
 まあオリジナルはいろんなところにある物かもしれませんが、それをいろいろ使いやすくして下さってます。
 たくさんあるので、1日1つずつ紹介していきます。

「ピンポン飛ばし」

 本当の名前は何?これはどこかの本か何かで見つけはったのかもしれない。

 pintobasi.JPG

 割りばし・洗濯ばさみ・ペットボトルの蓋・ビニールテープ というそこらへんにあるものでできてます。

 で、こうやるわけ。

tobasikata.JPG

 で、的も子どもたちのお手製です。

mato.JPG

 ところが、これを床に置いて飛ばしたり、手に持って飛ばしたりするのがむつかしいお子さんも・・・

 そこであるスタッフさんがその場で思いついた工夫。

clip.JPG

 ふだんからソワサポートではそこらへんにころがっているA4クリップボードに挟んでしまう。
 これなら簡単に飛ばせます。

図書館へ行こう(土曜デイ活動)

 昨日、ソワサポート(コッコロ)の土曜デイ活動は

「図書館へ行こう」

 もともと「自由遊び(変更の可能性あり)」として広報してたのですが、参加人数少ないみたいだし、部屋の中に居続けるのもなあ・・・季節も良くなって来たし・・・ということで

「図書館に行って、貸し出しカードを作り、本を借りて来る」
「図書館で本を読む」

という企画に変更。

「貸し出しカード申込書」は図書館から実物を貰ってきて、それと拡大コピーしたものを用意し、また本人の「住所・氏名」などを資料からコピーして見本にできるように用意はしておいて、あらかじめ「こべつ(勉強みたいなもん)」の時間に参加予定児童に「書く練習(そしてどれくらい書けるかのアセスメントでもある)」をしておいてもらいました。

 当日用意したものは

「その日の滞在時間のスケジュール」
「地図」(Googleマップを印刷し、コッコロと図書館に印をつけ、道順を書いておく)
「図書館での手順」

の3枚。地図以外はこんなの。(クリックすると大きくなります)

スケジュール
(Excelで作ったんだけど、今使ってるiMacには入ってくて OpenOfficeで処理したので、ずれた図になってる・・・)

図書館.jpg

手順

図書館手順.jpg

 これを見た瞬間、ある子が「キングさん、まちごうとう」と突っ込みました。

 (もうしこみしょ)が(もうしこもしょ)になってる・・・(^^;)

 でもってこんな下手くそな絵(笑えるでしょ)でも、きっと無いよりあったほうがいいんだよね。

 スタッフ2人、児童3人で出発。
 場合によっては私1人でも大丈夫なくらいと思いますが、若手のスタッフさんへの、いいOJTにもなったと思います。(でも申込書を作る時だけはスタッフが2人で良かったと思いましたが。やっぱり書けないところを指さししたりして指示することが必要でした。まあこれも時間差をつけたり工夫すればやってやれないことは無い)

 行く道では前から来る車に対して「先々注意喚起しなくていいよ。自分で判断できるかよく見ていこう。でもそうするといざとなった時にぱっと身体を張れるよう準備しておかないといけないけどね」とか。(後ろから来る車については、私も早めに注意喚起してしまう・・・)

 図書館で「ここさえ子どもが通過しないように見てたらいいよ」「子どもに近づかなくていいよ」とか。

 子どもたちと出かけることが「楽で楽しい」ってことがわかってもらえたら嬉しいです。
 
 

5月18日(日曜日) そら鳴りの夜ごとのくせぞ狂ほしき汝れよ小琴よ片袖かさむ(琴に)(みだれ髪)

 おはようございます。

 空の高い所に一筋の雲。絹雲?あれ、今、検索したら「巻雲」と「絹雲」は一緒なんだ・・・
 晴れです。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

はたち妻

そら鳴りの夜ごとのくせぞ狂ほしき汝れよ小琴よ片袖かさむ(琴に)

 バンド「東京事変」に「空が鳴っている/女の子は誰でも」というシングルがあるのか・・・
 やっぱり雷が鳴ってるんだろうな、くらいしか思いつかない。
 で、雷が鳴っている時に激しく琴を弾いてて(結構こわい状況か・・・)「あなた」と「琴」に呼びかけて、琴に手を置くと言ってるのか。



 kindle(電子書籍)版は無料です。


 

posted by kingstone at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日のつぶやき








































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする