私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年04月22日

4月22日(火曜日) かづくきぬにその間の床の梅ぞにくき昔がたりを夢に寄する君(みだれ髪)

 おはようございます。

 割と明るい曇りです。
 雲が高いところにある。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

はたち妻

かづくきぬにその間の床の梅ぞにくき昔がたりを夢に寄する君

Weblio古語辞典より
かづ・く 【潜く】[一]自動詞カ行四段活用
   @水中にもぐる。
   A(水中にもぐって魚や貝などを)とる。
  [二]他動詞カ行下二段活用
    (水中に)もぐらせる。

かづ・く 【被く】[一]他動詞カ行四段活用
   @かぶる。
   Aいただいた衣服を左肩にかける。(褒美などを)いただく。
   B負担する。身に引き受ける。
  [二]他動詞カ行下二段活用
   @頭からかぶせる。
   A(褒美・引き出物として衣服を)左肩にかけてやる。与える。
   B押しつける。負わせる。

 ここは「被く」か。

にく・し 【憎し】形容詞ク活用
   @しゃくにさわる。気に入らない。いやだ。憎らしい。
   A感じが悪い。みっともない。見苦しい。
   Bあっぱれだ。見事だ。優れている。▽憎く感じるほど優れているようす。

 ここは「あっぱれだ。見事だ」かな。

 前後は夏から秋の歌。だから着物をかぶっている(はおっている?)のは別に寒いからではなさそう。でまあ、美しい梅がいけてる。そこで「昔がたり」ってのは古典の蘊蓄をかたむけてるのかな?「夢に寄する」はどういう意味だ?自分の夢を古典にたくして語る、ということかな?


 kindle(電子書籍)版は無料です。


posted by kingstone at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日のつぶやき
























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

筆談をすると笑い出し、落ち着く子たち(複数)

 興奮しながら「ぶっとばしてやる!」と「暴言(?)」を叫んでいるお子さんがいた。

 私は、お子さんの肩をちょんちょんとつついて、いつも持ち歩いているA4クリップボードに挟んだ紙(印刷失敗の紙が山ほどある)に

「いらいらしてるの?」

と書いて尋ねたら、少し口をとがらす感じで

「○時にiPadを先生が持って行った」

と答えてくれた。

「へえ。じゃあその先生をぶっとばすの?」

と書いて尋ねたら、それを読んだとたん笑い出し、なんか落ち着いてしまった。その後で

「先生ぶっとばしたらあかんわ」

と書いたら、さらに笑い出して、行ってしまった。

 これまでも、「興奮し」「怒って」いろんなことを言い募っているのに、私が書いてやりとりしたとたんにこにこし出したり、笑い出したりする子たちが複数いる。
 あれはいったい何なんだろう??
 私にも「何故か」という理由はよくわからない。でも、場が平和になるのは間違いない。で、子どもたちも、スタッフさんたちも、精神衛生よくなるしね。

追記
  もちろん、そんなお子さんばかりじゃありません。
  特に、こちらが困ったことを伝えようとすると機嫌が悪くなるお子さんもいます。
  こちらもそういう場合は、ついつい「否定的」な内容が多くなるもんね。
  やっぱり普段から「肯定的」な内容を書いて伝えたいな。
posted by kingstone at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月21日(月曜日) 二十(はた)とせのうすきいのちのひびきありと浪華の夏の歌に泣きし君(みだれ髪)

 おはようございます。

 曇りです。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

はたち妻

二十(はた)とせのうすきいのちのひびきありと浪華の夏の歌に泣きし君

 昨日の「はたとせの我世の幸さちはうすかりきせめて今見る夢やすかれな」に続いてるな。

 二十歳になった薄幸な私が作った歌を、ひびきがある、とあなたは泣いてくれた。あの夏の日。

って感じか。ほんと歌の才能があるかどうかは別にして、誰のどんな人生にも「ひびき」ってのはあるよな。みなさん「私なんて何もない」とおっしゃることが多いのだけど。


 kindle(電子書籍)版は無料です。


posted by kingstone at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日のつぶやき


















































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする