私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年02月06日

2月6日(木曜日) 荷葉(はす)なかば誰にゆるすの上の御句ぞ御袖片取るわかき師の君(みだれ髪)

 おはようございます。

 雲が多いんですが、これまだ「晴れ」かな??
 なんか2割青空があったら「晴れ」なんだそうですが。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

白百合

荷葉(はす)なかば誰にゆるすの上の御句ぞ御袖片取(みそでかたと)るわかき師の君

「荷葉」で「はす」なんだ!

goo辞書
か‐よう〔‐エフ〕【荷葉】
   1 ハスの葉。
   2 夏に用いる薫物(たきもの)の名。ハスのにおいに似せたものという。
    「ただ―を一種(ひとくさ)合はせ給へり」〈源・梅枝〉
   3 「荷葉皴(かようしゅん)」の略。
     かようしゅん【荷葉皴】
        山水画の皴法(しゅんぽう)で、岩や山をハスの葉脈のように描く手法。
        中国五代南唐の董源(とうげん)が好んで用いた。

「誰に許す」って許すと許さないとかなのか??

「袖を片取る」で意味を検索してみましたが、出てきませんでした。
この場合は鉄幹の袖を端っこを晶子がぎゅっと握ってる、みたいな情景かな。

 で、関係ないけど、検索の時に引っかかってきた言葉が・・・

・袖片敷く(そでかたしく) 男女が互いに袖を敷き交わして寝るのに対して、
              自分だけの袖を敷いて寝る。また、独りで旅寝をする。
    類:●独り寝をする 
      用例:万葉−3625「蘇弖加多思吉(ソデカタシキ)て独りかも寝む」



 kindle(電子書籍)版は無料です。

posted by kingstone at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日のつぶやき




































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする