私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年02月03日

スケジュールなどでエクセルで必要なセルに欲しい画像を取り込む方法

 スケジュールを作る時、基本は個人別ですが、イベントなどで同じ物が大量に必要な場合など、エクセルを使うと便利です。

 しかし、実のところ、私はエクセルの使い方なんてほとんど知らない。
 で、調べて、自分でやってみました。

 想定として、ネットで輪投げの画像を見つけて、その画像を利用する、という場合です。
 一応、パソコンによって違いのあるソフトは使わず、もともとの機能と、エクセルだけでやってみるようにしています。本当は、自分の使い慣れた画像ソフトとかあればもっと簡単便利にできることと思います。

 私がやってみて、Windows8でペイントを使って画像を作るのがめちゃめんどかったのですが、またよい方法がありましたら教えて頂けたらありがたいです。

Macの場合

1.画像を用意する
   1)ネットの画像検索で「輪投げ」と入れて画像を出す。
   2)欲しい画像のスクリーンショットを撮る
      1.[command]+[shift]+[4]を同時に押す。
      (私は[command]+[shift]を押しながら[4]をちょんと押す)
      2.マウスカーソルが十字に変わるので、必要な範囲をドラッグ
      (これでデスクトップにスクリーンショット+日付のファイルができている)

2.スケジュールのエクセルファイルを変更する
   1)元のエクセルファイルを立ち上げる
   2)名前を変えて保存(元のファイルを書き換えないために)
   3)パソコンの画像をクリック
   4)[delete]を押す。(これで画像が消える)
   5)ツールバー(メニューバー)の[挿入]→[写真]→[ファイルからの画像]で
    デスクトップにあるスクリーンショットをダブルクリックなり、
    クリック→挿入すれば取り込まれる。
   6)必要な枠内にドラッグして、右下(右上・左上・左下でも良い)の点を
    [シフト]を押しながらドラッグして適切な大きさにする。


Windows8の場合


1.画像を用意する
   1)ネットの画像検索で「輪投げ」と入れて画像を出す。
   2)欲しい画像のスクリーンショットを撮る
      1.[Windows(窓の絵)]+[FN]+[PRTSC]を同時に押す。
       (クリップボードに記憶される。また「ライブラリ」→
       「ピクチャ」→「スクリーンショット」というフォルダ内にも
       ファイルがある)
   3)ペイントを起ち上げ、そこに[CTRL]+[V]を押すとクリップボード内の
    画像が貼り付けられる。
    (ただし、この場合はパソコン画面全体の画像になっている。
     このまま画像を保存して、エクセル内で編集するのも可能で、そちら
     のほうが簡単かもしれない。
     一応、ある程度必要な画像を取り出す方法を以下に書く。)

       a1)「ツールバー」の「イメージ」→「選択」
         これでマウスカーソルが十字になるので必要な部分をドラッグして選ぶ。
       a2)[CTRL]+[X](これで画像が切り取られる)
       a3)ツールバーの「ファイル」→「新規」で新しい画面を出す。
        なおここでツールバーの「ファイル」→「プロパティ」で画像の大きさを
        5cm×5cmあるいは、240ピクセル×240ピクセルにしておくとだいたい足
        りる。(これ以上だと大きくなると扱いが難しくなっていく)
       a4)[CTRL]+[V]で貼り付ける。

   4)名前をつけて保存
      1.画像の種類を聞いてくるので、JPEGを選べばOK(PNGでも大丈夫)
      2.保存する場所を決め名前をつけ保存。

2.スケジュールのエクセルファイルを変更する
   1)元のエクセルファイルを立ち上げる
   2)名前を変えて保存(元のファイルを書き換えないために)
   3)パソコンの画像をクリック
   4)[BACK SPACE]を押す。(これで画像が消える)
   5)ツールバー(メニューバー)の[挿入]→[画像]→でさきほどの画像を選ぶ。
   6)挿入された画像を必要な部分だけトリミングする。
    ツールバーの「トリミング」→「トリミング」を選ぶと画像の周囲に
    「」マークが出る。それをドラッグして必要な部分だけにする。
    (不必要な部分は暗くなる)
    ツールバーの「トリミング」ボタンの上の画像をクリック。
    これで必要な部分だけになる。
   7)必要な枠内にドラッグして、右下の点を[シフト]を押しながらドラッグ
    して適切な大きさにする。

2月3日(月曜日) ひとたびは神より更ににほひ高き朝をつつみし練(ねり)の下襲(したがさね)(みだれ髪)

 おはようございます。

 曇りです。
 昼からは雨が降るという天気予報。

 
ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

蓮の花船

ひとたびは神より更ににほひ高き朝をつつみし練(ねり)の下襲(したがさね)

weblio古語辞典
にほひ 【匂ひ】名詞
   @(美しい)色あい。色つや。
   A(輝くような)美しさ。つややかな美しさ。
   B魅力。気品。
   C(よい)香り。におい。
   D栄華。威光。
   E(句に漂う)気分。余情。

ねり 【練り・煉り】名詞
   @「練り絹(ぎぬ)」の略。
   A「練り貫(ぬ)き」の略。
   B悪達者で巧みであること。

ねり−ぎぬ 【練り絹】名詞
   練って柔らかくした絹。また、練って柔らかくした糸で織った絹布。
   しなやかで光沢がある。古くは「ねりきぬ」。
   [反対語] 生絹(すずし)。

した−がさね 【下襲】名詞
  「束帯(そくたい)」のとき、「半臂(はんぴ)」の下に着用する衣服。
   後ろに「裾(きよ)」または「尻(しり)」と呼ばれる長い裾(すそ)
   をひきずって歩く。

う〜〜ん、「一度(ある瞬間)は、神様より美しい朝、まるで練って柔らかくした絹でできた下着のように」ってことか。


 kindle(電子書籍)版は無料です。

posted by kingstone at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日のつぶやき








































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする