私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2014年02月02日

2月2日(日曜日) おばしまのその片袖ぞおもかりし鞍馬を西へ流れにし霞(かすみ)(みだれ髪)

 おはようございます。

 曇りです。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

蓮の花船

おばしまのその片袖ぞおもかりし鞍馬を西へ流れにし霞(かすみ)

goo辞書
おばしま【▽欄】
   てすり。欄干。
   「楼上の―に干したる敷布、襦袢(はだぎ)などまだ取入れぬ人家」〈鴎外・舞姫〉

「霞」はWikipediaを見ると
霧・靄・煙霧などで遠くの景色がぼやけている(=かすんでいる)様。文学表現であり気象学的定義はない。春の季語。
 へえ。定義は無かったんや。

 ??欄干にかけた片袖(以前の「八つ口をむらさき緒もて我とめじひかばあたへむ三尺の袖」で、ひっちゃぶいて渡した片袖?あるいは残ってる片袖?しかし、着物で片方の袖の無い人が歩いていたら、なんかすごいなあ)が重い。鞍馬を霞が西に流れている。という歌か。

 当時、鞍馬へ行くったって、みだれ髪の時代、1901年頃は、今みたいに交通(叡電[叡山電鉄]の前身の京福電鉄、さらにその前身の京都電灯が叡山線を開業したのが1925年、鞍馬電気鉄道ができたのが1927年)が便利じゃないから、鞍馬か近辺の宿で一泊したのじゃないかな。


 kindle(電子書籍)版は無料です。

posted by kingstone at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日のつぶやき
















































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする