私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年12月31日

ご冥福をお祈りします。(行方不明者捜索ご協力のお願い)

年末から行方不明になっておられました冨江裕二さんについて

《フェイスブック上で情報をシェアしていただいた皆様へ》
※再度、シェアのご協力をお願いいたします。
 
年末から行方がわからなくなっておられました冨江裕二さんにつきましては、のべ600人を超える方が捜索にご協力いただき、1200枚のチラシを配布して情報提供をお願いしてまいりました。また、各地でチラシの掲示をしてくださり、多くの皆様から情報の提供をいただいてまいりました。厚く御礼申し上げます。

 去る、2月11日(火)にご自宅近くの池で通りかかった方が冨江さんと思われる方を発見され、14日(金)に冨江裕二さん本人と断定され、当法人に連絡をいただきました。
 関係者一同本人の無事を祈ってまいりましたが、残念な結果となってしまいました。
 心よりご冥福をお祈りいたします。

 この度の捜索につきましては、多くの皆様にご支援ご協力を賜り誠にありがとうございました。

 なお、捜索にご使用いただきましたチラシや掲示いただきましたチラシにつきましては大変恐縮ですが、破棄していただきますようにお願い申しあげます。

滋賀県蒲生郡日野町上野田805
社会福祉法人わたむきの里福祉会

施設長 酒井了治
連絡先 0748−53−1061

12月31日(火曜日) 戸に倚りて菖蒲売る子がひたひ髪にかかる薄靄(うすもや)にほひある朝(みだれ髪)

 おはようございます。

 薄曇りです。
 なんか地面にぽつぽつと雨の跡みたいなものもありますが・・・降った??


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

蓮の花船

戸に倚りて菖蒲売る子がひたひ髪にかかる薄靄(うすもや)にほひある朝

「菖蒲」には「あやめ」とふりがながふられています。しかしショウブもハナショウブもアヤメもカキツバタも別物らしいです。

『菖蒲(あやめ)・菖蒲(しょうぶ)・かきつばたの違い』

 晶子の時代には菖蒲湯の季節にお風呂に入れるショウブの葉を売りに来てたんだろうな。5月5日の端午の節句に「尚武」とかけて祝われたとのこと。

菖蒲湯

weblio古語辞典
にほひ 【匂ひ】名詞
    @(美しい)色あい。色つや。
      出典枕草子 木の花は
      「花びらの端に、をかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ」
     A(輝くような)美しさ。つややかな美しさ。
       出典源氏物語 桐壺
      「この御にほひには並びたまふべくもあらざりければ」
     B魅力。気品。
       出典紫式部日記 消息文
      「その方の才(ざえ)ある人、はかないことばのにほひも見え侍(はべ)るめり」
     C(よい)香り。におい。
       出典徒然草 三二
      「わざとならぬにほひ、しめやかにうちかをりて」
     D栄華。威光。
       出典源氏物語 椎本
      「官位(つかさくらゐ)、世の中のにほひも、何とも覚えずなむ」
     E(句に漂う)気分。余情。
       出典三冊子 俳論
      「言外に侘(わ)びたるにほひ、ほのかに聞き得て」


 玄関の戸のところにショウブの葉を売りに来た娘がいる。額・前髪のところにうすもやがかかったように、つややかな美しさのある朝だなあ。

みたいなこと?
ほんと若い娘さんてそれだけで「つややかな」イメージあるよな。



 新潮文庫



 しかし、kindle(電子書籍)版は無料です。

posted by kingstone at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日のつぶやき


























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

ソワサポートの事業所(1月から)

 私が今行ってる、株式会社ソワサポートの事業所が、1月から新しくなったり、移転したり、名前が変わったりします。

 一挙に4軒です・・・

 kingstone Photo に写真をアップしました。

 研修とか、もし何かあった時、スタッフさんが自立的に動けるように、とかいろいろ考えないと・・・なんせ大口叩いてるから・・・

ソワサポートの事業所(1月から)

千葉県社会福祉事業団「養育園」報道関連

12月30日(月曜日) うたたねの君がかたへの旅づつみ恋の詩集の古きあたらしき(みだれ髪)

 おはようございます。

 うす曇りです。

 今年もあと二日かあ・・・


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

蓮の花船

うたたねの君がかたへの旅づつみ恋の詩集の古きあたらしき

「君がかたへ」というのは「君が肩へ」じゃなんかおかしいよなあ、と思ったら「かたへ」という言葉があるのね。

Weblio古語辞典
かた−へ 【片方】名詞
    @片方(かたほう)。片側。
    A一部分。
    Bかたわら。そば。
    C仲間。同輩。そばにいる人。

「うたたねをしているあなたのかたわらの旅行かばんから恋の詩集が見えているわ。新しいのかしら、古いのかしら」

みたいな意味になるのかな?


 新潮文庫



 しかし、kindle(電子書籍)版は無料です。

posted by kingstone at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする