私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年11月11日

映画「スティーブ・ジョブズ 1995〜失われたインタビュー〜」



 元町映画館にて。
 夜、8時10分からの開始1回のみ、ってことで躊躇してましたが、上映期間が1週間しかないし、思い切って行って来ました。

 めっちゃ面白かった。
 なお、観客は4人でした・・・

 そういやチケットを買う時「これはドキュメンタリーなんですが、いいですか?」と念を押されました。今公開中の別の映画「スティーブ・ジョブズ」と間違ってやって来て、観て怒り出すとか失望するとかする方がおられるんだろうか??

 でも、あの映画を観てからの方がいろいろわかりやすいかな。

 1995年というのは、ジョブズがアップルから追い出されて10年。アップルがすごく落ち目になっていた時代。CEOはマイケル・スピンドラー。でマイクロソフトは年末(だったっけ?)にWinodows95を出して、GUI化したOSが当たり前になる頃。当時、ジョブズはNEXTとPIXERを経営していたけど、成功してるとは言いがたい状況だよな。

 そういう時代のジョブズだけど、結構意気軒昂だよね。

 後半、マイクロソフトをクソミソに言うシーンには笑ってしまいました。それでも後年はビル・ゲイツとも仲良く(?)なったんだよね(?)。それ以外にも吹き出すようなところ多かったです。

 発音はわかりやすいですね。もちろん私には意味はわかりませんが。キャプテン・クランチと言ってるのに字幕では「タダで長距離電話をかけたやつ」みたいな訳が出て、キャプテン・クランチは字には出てこなかったのはよくわかりました。

 で、言ってる内容(もちろん字幕でだけど)はよくわかるし、共感する点は多々あるけれど、私のやってる仕事と違う点はジョブズは「A級の人間だけ集める。それでチームを組む。そしていい製品を作る」とか言ってるけど、私だと「誰でもいいからチームを組む。それでいい環境を作る」みたいなところかな?

 
ラベル:映画
posted by kingstone at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月11日(月曜日) 春三月(みつき)柱(ぢ)おかぬ琴に音たてぬふれしそぞろの宵の乱れ髪(みだれ髪)

 おはようございます。

 曇りです。もうちょっと早い時刻にはお日様が出てたんだけどな。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

臙脂紫

春三月(みつき)柱(ぢ)おかぬ琴に音たてぬふれしそぞろの宵の乱れ髪

 この歌、

恋か血か牡丹に尽きし春のおもひとのゐの宵のひとり歌なき

長き歌を牡丹にあれの宵の殿おとど妻となる身の我れぬけ出でし

春三月(みつき)柱(ぢ)おかぬ琴に音たてぬふれしそぞろの宵の乱れ髪

 という流れで出てきてるんですよね。ってことは・・・「柱おかぬ琴」って女性の体で・・・
 ってことなのだろうか。


 新潮文庫



 しかし、kindle(電子書籍)版は無料です。


posted by kingstone at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日のつぶやき
















































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする