私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年11月10日

11月10日(日曜日) 長き歌を牡丹にあれの宵の殿(おとど)妻となる身の我れぬけ出でし(みだれ髪)

 おはようございます。

 雨です。


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

臙脂紫

長き歌を牡丹にあれの宵の殿(おとど)妻となる身の我れぬけ出でし

 与謝野鉄幹が歌作りに没頭して構ってくれないから、外に出てきてしまった。妻になるというのに。
 みたいなことかなあ・・・

   追記
     いつもコメントを下さるもずらいとさんが、「表には書けない」と、裏でいろいろ
     教えて下さいました。
     えええっ・・・そんな歌なんか・・・という・・・私も書かないでおこう・・・

 新潮文庫



 しかし、kindle(電子書籍)版は無料です。




 今日は動画編集がんばんべえ。
posted by kingstone at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレゼンテーションZen ガー・レイノルズ著



 ガー・レイノルズさんは住友電気工業や米アップルの勤務を経て独立しはった人。
 日本に20年以上在住してはるので、日本のことにもめちゃ詳しいみたい。

 で、プレゼンのスライドは確かにシンプルかつわかりやすいのだけど、この本自体はめちゃ分厚くってシンプルとは言いがたいよなあ・・・アメリカの人の書く本ってこういう分厚いのが多いよね。でもって、饒舌。勉強する時も厚い本を読めばいいみたいな感じがあるよね・・・

 しかし面白いことは面白かった。

 ダニエル・ピンクの『ハイ・コンセプト』から
  「デザイン」「物語」「調和」「共感」「遊び心」「生きがい」

 制約は敵ではないーそれは強い味方である

 準備のさいにはアナログ的な技術を推奨してはる
  「ペンと紙」「ホワイトボード」「ポストイット」

 「何が言いたいのか?」「何が重要なのか?」

 「スライド」「メモ」「配布資料」
   この「メモ」ってのはよくわからないが・・・あ、プレゼンター(発表者)のための原稿のことか。
   私、研修の時はこの定義によれば
   「アジェンダ(目次・レジュメ)」「メモ」「配布資料」を用意してるな。
   (スライドは使わないので。動画は多用するけど)

 ・単純明快
 ・意外性
 ・具体的
 ・信頼性
 ・感情に訴える
 ・物語性がある
   対立(順調なのより、葛藤がありそれを乗り越えるみたいなのが印象的・・・なるほど)
   ・問題の特定 ・原因を特定 ・どのように解決するかを示す
 ・本物であること
   「本物らしさ」を装っても無駄である。あなたがその物語の価値を本当に
   信じているか、そうでないかである。もしその価値を実感していないのな
   ら、うわべだけの、にせものの情熱や信念をどんなにアピールしても、聴
   衆との時間はまったく無意味なものになるだろう。

 編集段階での容赦ないカット
   これは大事やろな。そうして時間内に収める。
   
 シグナル/ノイズ比(signal-to-noize ratio:SNR)
   何を見せたいか、ということ。でスライド例が出てるけど、
   3Dグラフより2Dグラフのほうが、またデータの数が少ない
   方がわかりやすいというのがよくわかる。

 余白
 スライド上の人物の視線とテキスト
 ビッグフォー
  「コントラスト」「反復」「整列」「近接」

 数字そのものではなく、その意味に注目する。

 「Bキー(あるいはWキー)」を使う
   私は知らなかったけど、Powerpointやkeynoteで画面を真っ黒にしたり白くしたりできる。

NASA Image Exchange (NIX)
     NASAの写真をフリーで使わせて貰えるサイトらしい。
     しかし、何故か私のiMacでは画像が見えないんだけど・・・

mougueFile
     こちらもフリーフォトのサイト/

プレゼンも演奏も一緒だなという話で

「お洒落で格好つけてる連中っていうのは、決まってへたくそなものだ」ルイ・アームストロング

「まず楽器をマスターし、音楽をマスターする。それから全部忘れて演奏するんだ」チャーリー・パーカー

「何をプレイすべきではないか分かるのに一生かかった」ディジー・ガレスビー

「真剣にやれば、靴ひもでだって演奏できる」ジョン・コルトレーン

ラベル:
posted by kingstone at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日のつぶやき












































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする