私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年09月27日

研修でのスタッフさんの発表・報告

 今まで、ソワサポートでの、週1回、1時間の研修は浅原さん(理事長)か私が1時間弱しゃべり、後は質疑応答という形でした。

 今日は新しい試みとして、3人の方に1人15分ずつ発表・報告をして頂きました。そして私が最後の15分はまた別のことを。


1人目。

「読みのアセスメント・指導パッケージ」(学研)の中の教材カードの使い方。

 いろんなのがあるんだけど今日は時間的に短いので「読みのルールを視覚的に提示する」の「撥音」だけ。(「ねっこ」などの「っ」のこと)

 で、あるお子さんの指導に使ってるという話をうかがったのだけど、過去の動画を調べてみたけど、そのカードを使って指導されてるのがありませんでした。でもたまたま私が指導に入ったとき、そのカードを教材に使ってるということを聞いていたので、呈示してみた時の動画があったので、実際の指導風景(実は私は「指導」はしてないんだけど・・・)として見て頂きました。

 いえ、指導の成果が出てて、私は単にできてることを褒めてりゃいいだけ、という超楽ちん映像でした。過去は見事に間違ってた(というかわからなかった)そうですが、私の時はほとんど間違わなかったから。

 で、この方の報告、もっと「拗音」(ゃゅょ)とか「長音」(「−」とか「さとう」の「う」)とかも聞きたい、というリクエストが出たのでシリーズ化が決定。


 2人目の方は、一人のお子さんの変化について。
 で、もちろん変化してるんだけど、その方の見方が深まってきた、というのもあるし、なんか「ある教材や指導との1対1対応」とかいうのじゃなくて、全体としての変化というのが非常に面白かったです。


 3人目の方も、ある1人のお子さんについて。
 プレイルームでの印象を担当スタッフさんに話してもらった上で、個別学習の時の様子との違いや、意外な点など、発表者以外の方からの報告もあって良かったです。(もちろん、過去から現在への変化もありますが、今回はそこにはあまり力点を置かず)

 で、2人目・3人目の方の発表についても他のスタッフから「子どものことがよくわかった」と好評でした。

 もちろん企画者が私だから、私に「面白くなかった」「よくなかった」とは言いにくいというバイアスはめっちゃ強くありますが(笑)

 それぞれ発表者に「15分という時間はどうだったか」というのもお聞きしましたが、いろんな意味で「適当だった」とのことです。もちろん「本当に詳しく話そうと思ったら短いとは思いましたが、でも私はしゃべるのが苦手なのでこれが限界です」というご意見もありました。なんせみなさん、そう綿密に事前準備とかする時間は無いですしね。

 レジメは事前に私が「どんな話をするの?」とお尋ねし、全員の項目だけをA4用紙1枚にまとめておきました。


 最後の私は「責任をとるということ」という、まあ私のいつもの「わけのわからん話」をさせてもらいました。

 障害のある人は「なかなか責任をとらせてもらえないんだよ」という話のついでに、河合隼雄さんの言う「親殺し」の話とかも交えて。(結局「親殺し」ってのはもちろん本当に「殺す」ことではなく「正当に評価できるようになる」ことだ、とか。つまり「ここはいいけど、ここはダメ」とかいうのが測れるようになることで、で、「この点では子である私も親よりまさってるな、でもこの点では負けてるな」とかいうのがわかること、そしてしみじみ「でも、ありがたいこっちゃなあ、とわかるようになる(もちろん、いやあ、こんなところは私にとってきつかったよな、も同時にあっていいこと)ことだ」みたいな話も交えて。で、だから親(組織の上司にしたってそうだよね)「上手に死ぬ(本当に死ぬのじゃなく「手を出さないようにしていく」みたいな話)」ことが大事なんだよね、とか。

 でもほんと「わけわかんないかなあ」と思っていましたが、、お昼ごはんの時に3人の新スタッフさんが一緒に食べておられたので、感想を聞いたら「よくわかった」とのことでした。(これまた私に「わからんかった」とは言いにくいけどね(笑))


 浅原さんとも相談して、月に1回でも、スタッフさんたちからの発表・報告を入れていこう、という話になりました。
ラベル:研修

9月27日(金曜日) 誰ぞ夕ひがし生駒の山の上のまよひの雲にこの子うらなへ(みだれ髪)

 おはようございます。

 外は真っ暗です。
 朝は夜が明けるのが遅くなったし、夕方は暗くなるのが早くなりました。
 きのうの夕方、日が落ちてから半袖Tシャツで歩いていたら寒かった・・・


ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

臙脂紫

誰ぞ夕(ゆふべ)ひがし生駒の山の上のまよひの雲にこの子うらなへ

 生駒山そのものは、堺市からすると東北方向になりますが。生駒の稜線は堺の東側まで伸びているのかな。
 占いはいつの世も流行ってたんだろうなあ。

 新潮文庫



 しかし、kindle(電子書籍)版は無料です!!



posted by kingstone at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日のつぶやき
























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする