私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年09月21日

神道はなぜ教えがないのか 島田裕巳著



 題名は「神道はなぜ教えがないのか」ですけど、なぜかについては答えてないような・・・
 でも著者の言うとおり、

「神道には開祖も、宗祖も、教義もない」

はそうだな、と思います。で「ない」宗教で、それに対し仏教やキリスト教やイスラム教には開祖がありぃの、教義がありぃの・・・ってか聖書や仏典(お経)やコーランがある。(と書きましたが、本書では神道とイスラム教は共通性がある、という論が展開されてます)

 確かに「天照大神」は開祖じゃなく祀られる側だしな。で、別に天地を創造したわけでもないし。(しかし伊弉諾と伊弉冉がオノコロジマを作ってはいるけれど)

 で、日本ではかなり昔から神道(??しかし神道と言っていいものかどうかよくわからない、例えば自然の岩陰の元で行われた祭祀などがあったと。神社建築ができてきたのはかなり後年とのこと。日本書紀だか古事記だかに「修理」の記述があるので、そのころにあったかも、だけど、基本的には寺を見て、こういうもんかと作った可能性も)があり、そこに「ある」宗教としての仏教が入ってきたが、「ある」と「ない」でうまく共存できた、と。(「ある」と「ある」同士じゃあ喧嘩になるよな)

 なお、最古の寺は蘇我氏の氏寺で、飛鳥の法興寺とのこと。ただし当時の大伽藍は現存はせず、現在は飛鳥寺となっているが規模は小さい。また現存する最古のものは法隆寺金堂で7世紀後半だとか。

 で、蘇我氏対物部氏の戦いが「新しく入った仏教対古来の信仰」ということで語られるけれど、そうではなかったのではないか、明治の廃仏毀釈までは本格的な戦いのようなものはなかったのではないか、と著者は言います。(なお、中国では徹底的な廃仏毀釈が何度かあったそう。円仁が留学していた時にもおこり、円仁は還俗させらたそう)

 確かに、一見宗教的な戦いと見えるものが、実は「様々な他の利権」をめぐる戦いだ、というのはおおいにありそう。十字軍だってそうだろうし、イラクのスンニ派対シーア派とかいうのだって「実は別の利権について」だ、ということはおおいにありそう。でもそれを「宗教の戦い」にすり替えられちゃうだろうな・・・

 しかしまあ神道は結構なんでもありで、ハワイ大神宮などは、相殿にジョージ・ワシントンとカメハメハ大王を祀っているとか。いやあ、乃木神社とかあるから、「人を祀る」のはありだろうけど、この場合、祀られた相手も怒らないか??

「救済しない宗教」という章もあります。へっ?でも救済をお願いしたり、救済されたりすることもあるよなあ、と思いましたが、確かにあんまり「期待しない」というのはその通りかもしれない。柏手を打ってお賽銭を投げて「お願い」はするけど、まあダメもと、みたいな感じはあるよな。

ラベル:
posted by kingstone at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月21日(土曜日) ゆあみする泉の底の小百合花二十の夏をうつくしと見ぬ(みだれ髪)

 おはようございます。

 まだ外は真っ暗。



ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

臙脂紫

ゆあみする泉の底の小百合花二十の夏をうつくしと見ぬ

 お風呂に入っている二十歳の女性。もう中から輝いてるだろうな。与謝野晶子であれ、誰であれ。

 新潮文庫



 しかし、kindle(電子書籍)版は無料です!!



 今日はJR尼崎駅南徒歩5分の小田地区会館で13:30分からの「おめめどうさんに学ぼう 『暮らし安心・暮らし庵』 byあま・なっと」に参加予定。
posted by kingstone at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日のつぶやき


























posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする