私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年08月21日

8月21日(水曜日) 紫にもみうらにほふみだれ篋(ばこ)をかくしわづらふ宵の春の神(みだれ髪)

 おはようございます。

 いい天気です。
 お盆が過ぎたからでしょうか?空が白く霞むことが少なく、青がくっきりしてきたような・・・



ーーー与謝野晶子 みだれ髪よりーーー

臙脂紫

紫にもみうらにほふみだれ篋(ばこ)をかくしわづらふ宵の春の神

 「もみうらにおふ」??籾殻の香りがしているの?goo辞書で調べると

もみ‐うら【▽紅裏】 紅絹(もみ)を着物の裏地に使うこと。また、その裏地。

 そうか「もみ」が布の種類なわけだ。で、「みだれ篋」は

みだれ‐ばこ【乱れ箱】
    1 畳んだ衣類や手回り品などを一時入れておく、漆塗りでふたのない浅い箱。
    2 くしけずった髪を入れるふたのない箱。
    3 香道で、香元の座の脇に置いて、種々の香道具を入れる箱。

で、1のことで、その内側に「紅絹(もみ)」という布が使われているんだな。「かくしわづらふ」というのは、何か他人に見られてはいけないものが入っていて「どうかくしたらいいんだろう」みたいなことか。ひょっとして恋文?でもそれだったら「乱れ箱」ではなく「文箱」がありそうだけど・・・


 新潮文庫



 しかし、kindle(電子書籍)版は無料です!!


posted by kingstone at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする