私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年07月16日

7月16日(火曜日) 生死の中の雪ふりしきる(山頭火)

 おはようございます。

 曇りです。


ー「種田山頭火と尾崎放哉」徳間書店よりー

生死の中の雪ふりしきる
山頭火 1928年(昭和3年)

山頭火は行乞の途次、1928年(昭和3年)9月に小豆島へ渡り、放哉のいた西光寺に五泊して墓参している。その後、岡山県東部から広島県東部にかけて山間部を行乞、山陰は米子、松江、出雲大社あたりまで巡っている。この句はその間、昭和3年から4年にかけての冬の句で、どうも山陰でつくった感じがする。

 山頭火は、行き先とか明確に決まっていたのだろうか?また地図は詳しいのを持っていたのだろうか?そういうものが無ければ、みとおしがたたず、しかも雪がふってきて、疲れて寒い・・・という状況なら「このまま死ぬんじゃ」と思えるような状況もよくあったのじゃないかな。


posted by kingstone at 08:11| Comment(4) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日のつぶやき














































































































































































































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする