私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年07月05日

「自立課題学習」「教材・教具」「見てわかる工夫(視覚支援・構造化)」

「King Stone の部屋」のリニューアル

 今日は

「自立課題学習」「教材・教具」「見てわかる工夫(視覚支援・構造化)」

 明日は「資料・リンク」のところをやるかな・・・
posted by kingstone at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハルヤンネさんの「神戸地域講座」の記事(神戸新聞・神戸大学提携)

本日の神戸新聞朝刊、22面「ひょうご」版のTOPに、
先日、神戸大学大学院法学研究科で行われた
「神戸地域講座」の記事が出ています。

画像をクリックすると大きくなります。

tiiki.jpg

 内容をOCRしてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「神戸大・本紙提携」
「神戸地域講座から5」
 奥平綾子さん 株式会社おめめどう代表
「自閉症・発達障害の人との付き合い方」
「視覚に訴える支援が必要」

 3歳児検診で次男が自閉症だと分かったとき、とてもショックだった。病院から号泣しながら帰宅した。だからといって、次の日からわが子を嫌いになれるはずがない。それから必死に勉強した。そして「おめめどう」を起業し、障害者支援グッズやサービスを提供している。社名の由来は「視覚支援」は「どうですか?」という意味だ。

 自閉症の人は、言葉の裏を理解するのが苦手。単に「廊下を走るな」と言われても、言葉通りに受け取るので「では、どうすればいいのか」が分からず混乱してしまう。だったら、絵などで見て分かるように示せばいい。これが視覚支援。おめめどうでは、カレンダーやメモ帳など、目で見て分かる工夫をしたグッズを開発、販売している。

 障害者支援とは、障害のある弱い部分を助けるのではなく、強い部分を支え、結果として弱い部分を補うこと。目の不自由な人が点字を使うのは、目が見えないからではなく、触覚が他の人より優れているから。

 自閉症の場合、視覚情報できちんと見通しを伝えると、安心して行動できる。予定が分からないと不安でパニックになる。ちゃんと「選択してもらう」ことも大切。自閉症の子は、おもちゃやおやつでも、こちらが黙っていると同じものを繰り返して選ぶ。本人が文句を言わないから、親や周囲も「良かれ」と思って与えていると押し付けになる。これは、その子の人権を侵害しているのと同じだ。

 私が心掛けているのは、自分がされて嫌なことは人にしないこと。息子が「したい」と言うことだけをする。頼まれていないのに良かれと思ってしたことが、相手にとって「してほしいこと」だとは限らない。

 東日本大震災では、プログ冊子で被災地の障害者支援をした。避難所でも視覚支援は欠かせない。日ごろから、視覚支援を通じて障害者と信頼関係をつくっておくのも大切だ。

             (まとめ=神戸大学法学部・桑田考正)

おくだいら・あやこ
 篠山市出身。1995年、次男が自閉症と診断される。2004年、同市に「おめめどう」を設立、視覚支援グッズ販売やセミナー開催を手掛ける。著書に「レイルマン」など。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 なお、東日本大震災の時にブログから発信したものを、PDFファイルにし、無料公開したものがこちら。

PDFファイル。ダウンロードできます。
「自閉症・発達障害の人への非常時の支援と工夫(伝える・尋ねる)」

 そして、それを手軽に読めるように冊子化したものが
「自閉症・発達障害の人への非常時の支援と工夫(伝える・尋ねる)」
です。震災時は1500冊を依頼のあった被災地に無料配布しました。現在は315円で販売しています。
posted by kingstone at 06:41| Comment(1) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月5日(金曜日) 風吹く夜のこゝちよう コップ砕けたり(山頭火)

 おはようございます。

 今、雨は上がっていますが、またいつ降り出してもおかしくない感じ。
 昨日・一昨日と時間や地域によってとんでもない豪雨になってますね。


ー「種田山頭火と尾崎放哉」徳間書店よりー

風吹く夜のこゝちよう コップ砕けたり
山頭火 1915年(大正4年)

1915年(大正4年)はまだ第一次世界大戦が続いている。そして日本は中国に対し
         「対華21ヶ条要求」を出す。
         帝国主義の時代とはいえ・・・
         第一次世界大戦は、1914年7月28日 - 1918年11月11日。

 世相は騒然としているけど、山頭火の生活はそれなりに淡々とし、かつ鬱屈してる、ってとこなのかな。この頃はまだ酒造業はやっている。で「ここちよう」飲んでいるんだけど「コップ砕けたり」なわけで・・・別にコップを叩きつけたりしたわけではなく、ちょっとこかしちゃった、みたいな情景なのかな?


posted by kingstone at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日のつぶやき
































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする