私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年05月21日

5月21日(火曜日) 状況を正しく把握し、気を抜く時は抜く

 おはようございます。

 曇りです。



ーー「サバイバル登山家」 服部文祥著 よりーー

「なーに、落ちやせんだろう」と和田は亀裂を見てもなお笑っていた。なぜ止まったか。ぎりぎりだったのか余裕だったのか、それがわからないのが山の面白いところである。つねにぎりぎりのつもりで注意していなくてはならないが、それでは神経か続かない。状況を正しく把握し、気を抜くときは抜く。たとえアクシデントかあっても、それか自分に悪影響を与えないなら笑って忘れる。僕はそのときそのことを学んだ。

                 「亀裂」
                 二十一世紀豪雪
                 2000年12月28日〜2001年1月7日

 テントを張った、まさにその下の雪面に、大きな音とともに亀裂が走ったのだから「自分に悪影響」を与えないことはないんだけど・・・でも、まっ、いっかあ、ってことですね。だいたい雪洞を掘り直し、テントを張り直す、ってたいへんだし・・・たいていのことは「まっ、いっかあ」にできるような気はします。


posted by kingstone at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日のつぶやき


























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする