私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年05月14日

ホームページ作りなど「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」




 2013年4月(刑務所内で書かれたものがほとんど。出版は出所してすぐ)

 おもしろい。

 ホームページ作りや広告について。


○初心者が簡単にサイトを作るお勧めの方法を聞かれて

 何言ってるの?エディタで書くんだよ。そうすることで仕組みを覚えるんだから。ソフトウェアなんて、特殊なもの以外は意味ないよ。大事なのは仕組みを覚えることであって、ホームページを作って公開することじゃないんだから。

 ええ??「サイトを作る」上においては「ホームページを作って公開すること」は大事じゃないのか??もちろん「プログラムを理解する」ためだけなら公開はあまり関係ないかもだけど・・・


○Dreamweaverより使いやすいソフトを問われて

 そんなのもうさ、今ならブログツールとかでいいんじゃないですかね?昔、プロだった頃はDreamweaverとかがクソだから、普通にテキストエディタでコーディングしてましたが。なんでわざわざあんな重いアプリを使わにゃならんの。

 私はDreameaverは触ったことがないのでなんとも言えないですが。
 でもAdobe社のソフトだし、「重い」やろなあ・・・


○SNSやGoogleAdWordsとの比較を聞かれて

 販売の段階やモノにもよるね。AdWords広告よりも、SNSのほうがニッチに強い。広く浅くを狙う場合はAdWords広告やバナーの方が強い場合があるけど。

 おめめどうなんかものすごいニッチの世界やわな。

posted by kingstone at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プログラムなど「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」



 2013年4月(刑務所内で書かれたものがほとんど。出版は出所してすぐ)

 おもしろい。

 プログラムなどに関すること。


○プログラム初心者からお勧め言語を尋ねられて

 今ならJavaScriptが手軽。ライブラリも充実しててスマホでも動くし。

 へえ。そうなんか。


○C言語のこれからの需要を問われて

 CPUもメモリもジャブジャブの今のPC環境で、Cなんて難易度のわりに得るものは少ない。もっと楽なJavaやPerl、Ruby、PHPでいいよ。mallocとかでメモリ管理なんて前時代の遺物だよ。

 まあ、どの言語でもとにかく1つは使いこなせることが大事なんだろうな。


○現役大学生が卒業後すぐに起業するために学ぶといい言語を尋ねて

 やりたい言語をやれば(笑)って、そうやって肩肘はってやろうとしても失速するので、なにかサービスを作りながら必要な知識を覚えればイイです。ちなみに私の場合はPerlでした。

 これ質問の中に「やりたい言語をやれば」はなしで、って書いてあったから回答に(笑)がついてるのね。


○iPhoneのアプリを作ってみようと思うがどんなのから?と問われて

 自分が欲しいと思うアプリを作ればいいですよ。

 これ仕事でも何でも一緒やねんなあ。でもって私も「Xcodeでアプリを作る 1」で書いてる「じゃんけんアプリ」を作りたいなあ・・・


○どんなウェブサービスを作ればいいか問われて

 自分が今、「何でこんなサービスがないんだろう?」って不満に思うことを解消するサービスを作ればいいんだよ。

 ひとつ前の回答と同じやな。


○最新ビジネス情報を仕入れるために使っている情報源

 Wired、Engadget、Gizmodo。

 やっぱ英語版なんかな。


○フリーランスのエンジニアさんが、適正価格を質問して

 私はそういう風にSEとかPGみたいに分けて考えたこともないですし、人月計算もしたことがないので分かりません。そもそも、なんでSEとPGを分けるか意味がわかりません。自分で設計して自分でコードを書くのが、私や私の会社では普通でしたから。そもそもシステム制作だけを人月で請け負うというのは、価格のたたきあいになるので、これからはますます不利になるでしょう。
 もっと業務のコンサルティングなども含めた高いレイヤーの仕事をしていかないと未来はないと思います。システム請負の単価を聞いている時点で駄目だと思います。


 この「○○ということを聞いている時点で駄目」ってのはよくある。


○ネットワークインテグレーターの成長性を問われて

 Googleなどのサービスを使えば、わざわざシステム外注してカスタマイズして・・・なんて、もう時代遅れになりつつありますよね。個人のプログラマのほうがスキルは高いですしね。だんだん廃れていくでしょう。

 確かに、いろいろできるみたいやなあ。


○技術に疎いIT企業の経営者が技術部分をどう把握しているか聞かれて

 うーん、大抵はぼったくられていますね(笑)。サイバーエージェントの藤田晋さんは私のようなぽったくらない技術者に会えて幸運だったと思いますよ(笑)。
 でも、藤田さんは私たちの会社ばかりに依存するのはまずいと考え、技術会社を買収したりとかいろいろと試行錯誤していたみたいですが、結局、自社で技術者を養成するしかないと考え、数年かけてやっと体制が固まってきた様子です。失敗を重ねて経験を積み上げていくしかないようです。
 逆に技術のことがわかっていれば失敗しなくて時間もかかりません。それだけの話です。


 何が適正価格かはよくわからんな。ってか商売人が場合によってふっかけるのはありだと思ってるけど。それが「ぼったくり」ではない場合もよくあると思う。


○被災時の通信インフラについて問われて

 無線ブロードバンドへの無線帯域割当の強化、基地局設備の磁化発電力向上、成層圏プラットフォームの実現などでしょうか。飛行船を何機か被災地に飛ばして無線ブロードバンドを展開するというのもありだと思います。

 この「飛行船」というのは、すぐにできそう。

posted by kingstone at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事など「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」



2013年4月(刑務所内で書かれたものがほとんど。出版は出所してすぐ)

 おもしろい。

 まず「仕事」とか関連で面白かったところ。

○ビジネス4原則を問われて

「ビジネス4原則」という金科玉条のようなものではなく、単純に起業する時にリスクが少なくなる方法で、必ずこうしなければならないということではないことを理解して下さい。
 で、それは、小資本で始められる、在庫がない(あるいは少ない)、利益率が高い、毎月の定期収入が確保できるということです。


 私の今やってる仕事の場合「小資本」「在庫がない」はあってるけど・・・「収益率」う〜〜ん、「毎月の定期収入」無い・・・


○人口1万ほどの町の公務員さんから、「何をすべきか」問われて

 こういう町で安易に原発とか誘致しちゃうんだよな。財政は潤うし、津波が来なきゃ大丈夫なんだけどね。とりあえず議員定数の削減や公務員を激減させることですね。町の業務を徹底的に民間に任せることです。それから町の特に若手有志を集めて、ネットなども活用して知識人の意見を取り込むこと。それで活性化のアイデアをどんどんタブーなく集めていくことです。まずは、あなたが役場を辞めて、そういう取り組みをすべきかもしれません。


 う〜〜ん、公務員の必要な場面、必要でない場面・・・う〜〜ん。


○ドワンゴに入りたいが企画書を送られるのは?と問われて

 企画書を送られてもウザいだけですね。そんなもん考えるやつは山ほどいます。自分でも小さくても何か実際に実行していれば評価されますけどね。ドワンゴに入りたいなら、ニコニコ動画で有名な人になりゃいいです。歌い手でもオモシロ動画でもなんでもいいから作って投稿してみることです。

 他のところでも、とにかく自分で何か小さいものでも作ることの大切さを繰り返し言われてるな。


○事業を作りたいが文系で技術に疎いし・・・どのようなことを学べば良いか問われて

 必要なことを学ばないと仕事なんてできませんよ。なので、本当にその仕事をやっていきたいなら、独学でもいいので必要と思われることを勉強してください。一般的に文系と思われている考古学を勉強するにしても、科学分野の年代測定方法を知らなければ突き詰められないのと同じ原理です。
 というか、もう文系とか理系とか分けるのをやめたほうがいいと私は思うんですけどね。「文系だから知りません、できません」というのは単なる言い訳。


 なるほど。でも私も統計数学とかできないけど・・・


○堀江さんは笑顔で営業するタイプに見えないが、と問われて。

 いわゆる営業マンみたいにスーツをビシッと着て、売るのが難しい商材を飛び込みで売っていたわけではないですからね。普通に仕事をくれたお客さんにきっちり納期通り注文通りのものを納品することを心がけていたら自然にお客さんが口コミでひろがったという感じです。
 営業に行くときのポイントは断らないことです。で、技術者をうまく動かしてちゃんと納期通りに仕事をするのもポイントです。納期を守らない会社はたくさんあるし、「こんなのできません」と断る営業マンも結構多いのです。


 納期通りの仕事・・・特別支援教育とか支援とかだったらどうなる?もちろんいろんな「締め切り」はある。それと「きっちり納品する」というのはどういうことになるのか・・・ここで難しいのが「本人のニーズ」にあってても、「親御さんのニーズ」には反する場合も往々にしてある、ってことだよな。


○ウェブ通販ビジネスをやっている人が資本の大きいところとの勝負にくじけそうというのに対し

 アイディアで勝てるとか思わないことですね。大手企業と張り合おうと思わずに、我が道を行けばよいのだと思いますよ。
 むしろネットビジネスってユーザからの要望やクレームに、どれだけ迅速にプログラマが対応できるかにかかっていると私は考えます。小資本でもうまくいったネットサービスは、ユーザからのクレームをブログラマが1、2時間くらいで直したりしています。そんな対応は、外注に頼っている大手企業ではできません。発注を出して対応するまで数日、あるいはIカ月以上かかってしまうのもザラです。カスタマーサポートも同様です。即時対応すれば顧客の満足度は上がります。


 迅速な対応、大事だよな。


○なかなか満足のいく年収の仕事がない、という意見に

 うーん。自分が年収600万円だと思い込んでいても、周囲が年収450万円と査定しているのであれば、それが現時点におけるあなたの評価です。自分を雇うことで、企業にどれだけのメリットがあるかを具体的に伝え、その根拠が600万円なら相手も納得すると思いますけど、そのためには実績を積むという意味で、あれがない、これがないというのではなく、我慢していくことも必要なんじやないですかね?

 支援の仕事を再開した時、いったい自分にいくらの値付けをしたらいいのか、わからなかったもんな。
 今は一応、最初は時給1000円+交通費をもらってるけど。しかしこれは「ご家庭向け」(本当は親御さんからお金を頂くのは心苦しい・・・だって、それ親御さんの責任じゃないでしょう?誰の責任だ??)で、学校など組織から依頼された時はもっと欲しいけどね。


○会計事務所で働いているが独立したいといのでいいアイデアは?と尋ねた人に

 自分の好きなことや得意分野はないんですか?独立してもやりたいことがなければ意味がないよ?稼いでも使い道が無ければ稼ぐ必要もないわけだし。まずはそこを探すことから始めてみては?

 この系統のこともよく言われてるな。で、またそれがないならブラブラしてたらどう、とかも。堀江さんはベーシックインカム論者だもんな。

 で、堀江さんは「雇われるより即起業」という意見だけど、後ろの解説でひろゆきさんは「特に『これやる』というものがない場合、会社に入ることを勧める」と言ってはって、それもそうだな、と思いました。


○初対面の人に信頼されるために大事なことは?

 その人のために尽くす。

 なるほど。そう言いはるとは思ってもみなかった。でも、確かにそうだよなあ。で、仕事って「顧客を楽」にし、「上司を楽」にしていくと、次の仕事に結びついていくんだよなあ。

仕事のアイデア

○ヒットしているスマホアプリをハードとして商品化するだけで売れる
   堀江さんはそういうハードを買う人を「情弱」と呼んでいるけど、
  これは専用機には専用機の良さがあるということちゃうやろか。な
  んでもかんでもスマートフォンにさせればいいというもんちゃうも
  んな。まあ結論については一緒になるけど。


○ラジオ、テレビ番組での対談内容を文字起こしして配信する仕組み
   これ、やってくれたらいいよなあ。
posted by kingstone at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「最強の二人」  四肢麻痺の富豪と荒くれの介護者



 2011年フランス

 このフィリップさん、時々ダスティン・ホフマンに見えたのですが、よく見ると違うな・・・

 この予告編を見て、だいたい予測ができ、見てみたらやっぱり予測通りでした。でもいい映画です。障害ある人を支援する、介護する、ってどういうことか、ってのわかりやすいかも。

 モデルとなった、フィリップとアブデルの実際の映像。実話の方はアフリカ系でなくアラブ系の方なわけね。



 奇跡体験!アンビリバボー

大富豪とならず者 奇跡の友情

支援グッズ(や方法)を知っていたら「たら」が「でも」に

ラベル:映画
posted by kingstone at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月14日(火曜日) 米10kg

 おはようございます。

 いい天気ですが、空が白っぽいです。


ーー「サバイバル登山家」 服部文祥著 よりーー

 実働24日、予備日6日、計30日分の山行の食料。

 食料は、米10キロ(五分搗きの胚芽米5キロと七分搗きの胚芽米5キロ)、調味料(ゴマ500ミリリットル、砂糖800グラム、塩500グラム、胡椒少々、乾燥ニンニク少々、すりゴマ少々、乾燥桜エビ少々、鰹節パウダー少々、乾燥ネギ少々、チューブでバター400グラム)、粉ミルク(500グラム)、粉スープ・ふりかけ(スープ四種類適量、納豆ふりかけ50袋、しそふりかけ大2袋)、お茶(紅茶60包、日本茶パウダー、ハーブティ20包)、行動食(ナッツ1キロ、飴・キャラメル500グラム、乾燥梅干し)だった。

                 「方法論」
                 日高全山ソロサバイバル
                 日勝峠〜襟裳岬 20030802〜20030826

 数字の出てる分だけ小計してみると、14.2kgでした。
 もちろん、これだけでは食料は全然足りません。服部さんは、釣ったり採取したりしつつ食料を現地調達するサバイバル登山をするわけです。そして、大山塊の中、沢を登り、藪をこぎするためにも荷物を軽くするサバイバル登山が有利になる、必然性のあるサバイバル登山としてこの山行を計画しはるわけですが・・・

 コンロ(メタは持って行く)・テント(タープは持って行く)・ヘッドランプ(時計もか?)などは持たずに。

 そこまで軽くしても14.2kg+α。これを持って沢登り・藪こぎ・・・とても根性出ないな・・・



posted by kingstone at 08:19| Comment(2) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日のつぶやき










































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする