私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年05月09日

風疹

 風疹が大流行しているとか。

 NHKの

「ストップ風疹」

 キャンペーンの動画もたくさんあります。

 もちろん神戸も無縁ではありません。病院に貼ってあったポスター。
 見出し。

「非常事態!!」
「神戸市で風疹が大流行中です」
「妊娠予定の方とパートナーの方で『ワクチンを1回しか打っていない』『接種したかどうかわからない』場合はワクチン接種をお勧めします」

 まあ、ワクチンを接種した方がいいのは、上記の方だけじゃないでしょうが・・・

P5041658.JPG

 下部。

P5041659.JPG

 グラフ。「神戸市内の風疹発生状況」H20〜H25(ただし、25年は4月までで1.5倍)

P5041660.JPG

 グラフ。H24とH25の月ごとの風疹発生状況。

P5041661.JPG


posted by kingstone at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月9日(木曜日) ただ「なんとなく」やめて帰っていく

 おはようございます。

 いい天気なんですが、海はすごく霞んでます。


ーー「サバイバル登山家」 服部文祥著 よりーー

「流れてきた毛バリの周りを疑わしそうに泳いで、食いつかないで戻ってしまう大岩魚。そこに明確な判断基準があるようには思えない。ただ『なんとなく』やめて帰っていく。あさはかな小物が釣れるより、そんな瞬間を見るのは嬉しいものだ。『なんとなく』に救われる生き物たちを見て、僕も『なんとなく』を大切にするようになっていった」

                 「シンプルライフ」
                  いつのどこかはこれだけではわからない

 これ、V字渓谷でどこを寝る場所にするか、を「なんとなく」決める、という話のあとに続いている文です。眠ってる時に増水にやられたら死んじゃいますもんね。

 しかし・・・この場合の「なんとなく」はそれこそ「大岩魚」であったり、服部さん(K2などにも登っている登山家)であるわけで・・・ものすごい「経験」や、服部さんの場合、「理論」も勉強してはるやろとは思います。で、その中で「なんとなく」の決断が出てくる。

 私が知的障害特別支援学校に異動した時、主たる指導方法は「威嚇と暴力」だったわけですが、それが主流派(暴力は少数・威嚇はたくさん。でその人たちが学校を動かしていた)ので、私は「えええ・・・これが『正しいやり方』なのか・・・」と思い、しかし「なんとなく」違うような気がしてたわけですが・・・

 う〜〜ん、若いもんたちはすぐに染まっていたなあ。「なんとなく」が働かなかったのか。
 私は、実は特別支援教育についての公的な正式な訓練なんて受けてなかったけど、肢体不自由児に対しての機器利用やAACについては、自腹を切って勉強してたし、相当の経験も重ねていた。だから「なんとなく」が働いたのかな・・・


posted by kingstone at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日のつぶやき










































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする