私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年04月17日

WHO医師 進藤奈邦子の仕事 鳥インフルエンザを封じ込めろ(プロフェッショナル 仕事の流儀)



プロフェッショナル 仕事の流儀 WHO医師 進藤奈邦子の仕事 鳥インフルエンザを封じ込めろ [DVD]
DVD発売日: 2006/09/22

 以前TSUTAYAの「中古DVD」のコーナーで見つけ、購入していましたが、まだ見てませんでした。最近、鳥インフルエンザの話題が出ていたので見てみました。

 進藤さんは番組の中で「チームで仕事をする」ということを強調してはりました。
 またトルコで病院長が患者に関する情報を出してくれなかった時、進藤さんが説得するシーンが出てきます。
 学校などもなかなか情報を出してくれないです・・・協力しようと思ってもとりつくしまもない時がある・・・なんかそれが頭に浮かびました。でも進藤さんは説得に成功し、協力して対応していけるようにします。すごいなあ。

 でもって、世界中で「感染が広まった」となると飛んで行く(字義通り飛んで行く)のですが、行く前は死を覚悟し、子どもたちに会えなくなる可能性も考えている、ということでした。


 また進藤奈邦子さんについては、

「インフルエンザ21世紀」瀬名秀明他著



でお名前は知ってました。関連エントリは
「人や組織の錯誤をあげつらう」そういうものになっていないか

 こちらの方は2009年のブタインフルエンザ(新型インフルエンザ)の時の話ですね。
ラベル:DVD
posted by kingstone at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月17日(水曜日) 10年遅く始めたら、今頃山の斜面のずいぶん下にいただろう

 おはようございます。

 曇りです。朝日放送の正木さんは「雨に注意」とか言ってました。


ーウォーレン・バフェット 成功の名語録 桑原晃弥著よりー

「私は小さな雪玉をずいぶん若い時から固めた。10年遅く始めたら、今頃山の斜面のずいぶん下にいただろう」

 イメージとしては、ふもとの方から小さな雪玉を上に向かって転がして行き、回りに雪がついていって斜面の上に行くほど雪玉が大きくなる、ってことか。

 まあ、雪玉、資産、さまざまな知識・技術、みんなそうやろな。その中で資産っていうやつが一番無くしやすいかもしれない。雪玉や知識・技術ってやつは大きくなる一方かな。

 でも、時期ってやつは10年遅かろうが、別に構わないとは思うけど。もちろん斜面の上で雪玉が大きくなっていい。でも斜面の下の方で小さくたってそれもいい。とにかく「やろう」と思った時が「今、その時」なんだから。
posted by kingstone at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする