私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年04月09日

4月9日(火曜日) 毎年の結果を書いた紙をくれてやればいいんだ

 おはようございます。

 霞みたいな薄い雲が出てたりしますが、いい天気なんだろうな。


ーウォーレン・バフェット 成功の名語録 桑原晃弥著よりー

「それを発見した後で、私は何度も説いた。『よし、足を洗おうじゃないか。なにもアナリストに合わせて見通しを立てる必要はない。毎年の結果を書いた紙をくれてやればいいんだ。われわれの儲けたものが儲け、それだけのことだ』」

 これはある年業績が良く、するとアナリストはまた次の年も「これだけの利益があがる」とか書くわけだけど、そこで業績が上がってなくても粉飾してしまうことに警鐘を鳴らしたもの。

 そうだよね。学校だったら、いついつこんな行事がある、とか授業のイベントはこう入れよう、とかは計画できる。しかし「子どもがどう伸びるか」みたいなことは計画できるはずがないじゃん。結果がすべて。後から見たら「ようこれだけ落ち着いて暮らせたね」「すごいねえ。こんなことできたやん」となるだけで、最初から計画できるようなもんちゃう。
posted by kingstone at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日のつぶやき






































































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする