私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年03月24日

将棋サークルに行ってきた

 今日、播磨発達サポートネットSOWERの地元の将棋サークルに行って来ました。

 先週始め、児童デイのSOWERで子供達が将棋をやってるのを見ました。

 木曜日に私が相手してみたら、やりたそうなんだけどまだ指し方はよくわかってないレベルとわかりました。3四歩と角道を開けていたので、1五に角をそっと置いたら気づかずに他の手を指したので、むぎゅっと王将を取り「勝った!!」というレベル。(私も大人げないが・・・)

 でもその時「もう1回!」とか言ったので、「おお、やる気あるじゃん」でもその時は「キングさんは1日1回だけ」と言って終わらせました。

 もちろん今後も私が相手をしてもいいんだけど、でもできたら強い人に来て頂いたほうがいいよな、と考えました。でその方がまた私もぶらぶら周囲を見渡せるし。で、地元にだって強い人はいっぱいいるだろうし。

 その日のうちに理事長さんに、この件で自由に動いていい許可を得て、地元の将棋サークルを調べました。で地元の人に連絡がついたのが金曜日。今日、サークルが開かれると聞いて行ってきたわけです。

 まず何人かの方にプレゼン。でもその方たちは仕事があったりして、なかなか時刻があいません。

 ところが小学生教室もやってて、そこで普及にあたってる方が「じゃあ私が行ってあげよう」と。でそのままSOWERまで行き、理事長さんにも会って頂き、建物の中も案内しました。

 こんなにとんとんと話が進むとは思わなかった。実際、なんか所も回るつもりだったし。誰も見つからなくて当然と考えていたし。

 なかなかこちらの出した条件、厳しいんですけどね。時刻は決まってるし、しかも将棋教室というんじゃなくて、子どもがやりたくなった時に相手をする、かつボランティア。そんな条件でよく来て下さる気になって下さったと思う。しかし定年退職後、あちこちで小学生への将棋普及にあたってるとのこと。SOWERへの道々話をしていても、子どもへ教える時の呼吸もよくご存知みたいでした。

 これがうまく続いていって、子どもが地元の教室や将棋大会に出たいとかなったら嬉しいな、と思います。

野添コミュニティセンター(播磨町)

3月24日(日曜日)  少額でいいですから、投資をしてください。本を読むだけではダメです

 おはようございます。

 いい天気だけど、薄い雲が空を覆ってます。
 この場合「曇り」になるのかな?


ーウォーレン・バフェット 成功の名語録 桑原晃弥著よりー

「少額でいいですから、投資をしてください。本を読むだけではダメです」

 これは自閉症業界では

「ちょっとでいいですから、自分であれこれ考えて見てわかるもので伝えようとしたり、見てわかるものも使って表現してもらおうとしてみて下さい。本を読むだけではダメです」

とぴったり当てはまるな。

 ほんま「本を読むだけではダメです」だし「講演を聞くだけではダメです」だし。
 で、当然うまくいったりうまくいかなかったり。そこから実地に学ぶことがたくさんあるんだよな。
 で、「本」で最新のことを追いかけてるだけで、目の前のお子さんと何もしてない、って人も結構いるもんなあ・・・

posted by kingstone at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日のつぶやき












































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする