私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年03月17日

今に生きる親鸞  吉本隆明著



 2001年9月20日発行

 吉本隆明さんって、若い人には吉本ばななさんのお父さんと言ったほうが伝わるのだろうか?

 この本は4つの記事(講演を文字化したものかな?)をまとめたもの。

 法然上人は比叡山を下りて、1175年から現在の金戒光明寺のあたりに草庵を結んで浄土宗の布教を始めます。

 一方、浄土宗が盛んになってくると、比叡山は妨害を始めました。比叡山の一番位の高い僧侶、大僧正というのか、今で言う管長は良慶という学問のある坊さんでしたが、この人が、法然の悪口を言うわけです。いい加減なことを流布している、と弾劾状を出すなど、いろいろな妨害をしました。比叡山としては、念仏だけ称えればいいという簡単な教義のおかげで、浄土教が貴族階級や武家階級だけでなく、庶民にまで広まっていったことに危機感を覚え、何とかして抑えようと、批判を加え、邪魔をしたのです。
 しかし、浄土宗が広まってくると、中にはとんでもないことを言う信者も出てきます。念仏だけ称えれば、あとはどんな経文も宗派も問題にならないというふうに主張する。そんな信者も出てきました。そうなるとなおさら、あれはでたらめな宗派だということで、方々から批判を被ることになりました。
 浄土宗を批判するそうした弾劾状の中で、現在読めるほど広まっているのは、比叡山系統のものです。中でも、興福寺の学僧貞慶が書いたといわれる『興福寺奏状』が有名です。当時の律令の僧侶令によれば、朝廷の許可なくして新しい宗派を開いてはいけないことになっていました。ところが、法然は、朝廷の許可を受けずに、自分の考えている教義に従って、勝手に浄土宗を広めていったのですから、興福寺が殺気だって邪魔をするのも当然です。


 うわっ、ありがちなこっちゃなあ・・・

 あと栂尾の高山寺の学僧、明恵も「摧邪輪」を書いて批判します。その学僧たちと法然上人とどこが違っていたのか、という点について著者は

 法然と叡山や栂尾の明恵のような名僧・学僧たちと何が違っていたのでしょうか。わたしがいちばん重要な違いと考えるのは、法然には生々しい現実社会の動きや変化の方向がよく洞察できていたのに比べ、叡山やその他の学僧たちは、自分たちをそんなこととかかわりない僧侶としての修行を志し、それを遂げればいいと考えていたにすぎない点だと思います。
 時代の社会がはげしく動くときは、一見何の関係もない宗教や学問の修行が、生々しい現実の社会の変化と、皮膜を接触するほど接近して感じられることがあります。宗教や学問にしても、重要性を洞察し実感できることが大切な時期があるのです。
 法然は時代が貴族や武家だけでなく、一般の庶民の無意識をつき動かすようになってきたことを洞察できていたのだと思います。


 うむ〜〜、洞察とかいうのとはちょっと違うかもしれない・・・でも目の前の人たちを見て、つき動かされる思いがあったんやろなあ。

 で、親鸞上人の場合は、やはり叡山で疑問を感じて六角堂に百日間参籠し、聖徳太子の夢告を受けるわけですが・・・私の昔からの疑問。この時、親鸞上人は夢精したのだろうか??

 その後、法然上人のもとで百日間学び、しかし安楽房・住蓮房の事件が起こって越後に配流になり恵心尼と結婚するわけです。で

 親鸞が行きついたのは、「おれは坊さんをやめた」というのとおなじで、非僧非俗と自称しました。ほとんど首の皮一枚で僧侶ということにつながっています。要するに破戒坊主で僧侶の世界の常識では一番堕落したということになります。
 親鸞は妻帯し、子どもをもうけ、また魚や獣の肉を食べて、僧侶であることを戒律として停止しました。これは「非僧」とか「禿人」とかいう生き方です。また生活の面からいえば、俗人とまったく同じ生き方といえます。けれど俗人そのものにはなり得ないのです。親鸞自身は「愛欲の海」に溺れたり、「名利に人師を好んでいる」からだと謙虚に言っています。
 親鸞は同時に、愛欲や名利への欲望か重大な罪業であることを深刻にうけとめ、人間の規模の倫理では、それを免れることも、離脱することもできないことをよく知っており、自分を罪人とする自覚と内省力をもっていました。これが罪障感としてあるかぎり、俗人にはなれないと思ったのです。これが「非俗」の意味です。
 親鸞の『非僧非俗」は、じぶんは僧侶にもなれないし、俗人にもなれない存在だという懺悔を語っているのかも知れません。だが価値観としては、じぷんは僧侶以上だが俗人以下だと言っているのかも知れないのです。そしてこの懺悔があるかぎり、親鸞は僧侶以上で俗人以上だと受けとることができるように思います。


 私が自閉症の方へのあれこれに関わろうとする時、「名利への欲望」は大きい。そこんとこは自覚的でありたいと思っています。

 「名」私はパソコン通信の時代から、kingstoneという名前に誇りを持っていたし、「名を惜しむ」という気持ちもあった。だから変な実践は書けない、という思いがあり、より良い実践を求めた、というのがあるよな。

 それから「利」については、なんせついこないだまで無職だったんだから、お金が欲しいです。やっぱり「儲けたい」って気持ちは大きいよ。

 で、それをつゆとも「罪業」とは思ってないけどね。しかし自覚的でなくなればなんか「ええことしてる」と勘違いしちゃうんじゃないか、と思う。

 で、私は周囲(行ける範囲。ついこないだまでは「歩いて行ける範囲」と思っていたけど、最近はほんの少し範囲が広がっている)に、自閉症や発達障害の関連で困っている人がいたら何かお手伝いができたら、と思っているし「飛んで行く」という気分でいるけど(でもお金は頂くよ)

 しかし吉本さんは、唯円が歎異抄の中で親鸞の言葉として「目の前の飢餓の人のために動こうとするのは、やってもいいけど、一番いいことではない。ひとたび往生を遂げてから還ってくればすべての人を助けおおせる」という意味のことを言ってると書いてるけど、今「歎異抄」を読んで見たけど、どこかわからない??
 本当に「歎異抄」の中にあるのかな??別の書物じゃないか??

 まあそれもそうだと思う。何カ所かで吉本さん、ここに言及してるけど、どうやらそれは「こういう善行をすれば往生に近づく」とかいうことを考えるのは間違ってるよ、というころらしい。それは往生と何の関係もない、と。それならよくわかる。

 で、私は往生はしていないのだから、目の前のことをやっていくしかないんだよ、と思ってるわけ。「すべての人を」なんて大それたことは無理だと思ってるし。で、すごく修行の必要なものではなく、簡単にできることを広めていきたいのね。つまり易行。そして

歎異抄第八条(こちらから引用)

第八条
 一 念仏は行者のために、非行・非善なり。わがはからひにて行 ずるにあらざれば非行といふ。わがはからひにてつくる善にもあら ざれば非善といふ。ひとへに他力にして自力をはなれたるゆゑに、 行者のためには非行・非善なりと云々。


 わがはからいじゃない、そこに行きたいよなあ。

 あと「一念義」とか「造悪論」って言葉を覚えた。
 「造悪論」ってのは「善人なおもて往生する、いわんや悪人をや」という「悪人正機」説を拡張(?)し、「じゃあわざと悪いことやったらええやん」とか考える論。これは歎異抄の中でも第十三条に

「薬あればとて、毒をこのむべからず」

ってありますね。そりゃしかたなくやっちゃう時はあるだろうけど、わざとやっちゃいかんよな。
ラベル:
posted by kingstone at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お子さんが自閉症と診断された方へのメール

 2010年12月22日に書いたものの、2013年3月17日に文言を少し変えたり、リンクを貼り直しました。

 お子さんが自閉症と診断され、どんなところでどんな療育をすればいいか考えておられる方に送ったメールです。個人情報を抜き、一般論にしました。また少し説明を加えています。

 実は、この文、睡眠薬を飲んだ後、無意識で書いていました。睡眠薬についてわからない方なら、泥酔して意識が無い状態、と考えて頂いていいかと思います。文のおかしいところは直しましたが、あまり無かったです。ちょっと自慢だったりして(笑)



 kingstoneです。

 もう私のブログはご覧になっていることと思いますので、こんな感じかなあ、というのはおぼろげにわかりはることと思います。

 私はもう引退しちゃった人間なので最新の詳しい情報というのは持ってはいないのですが。

 公的機関だとこういうのがあります。

発達障害者支援センター一覧 と 児童相談所一覧

 こちらでも講演会などの情報は手に入ることと思います。

 いずれも自閉症の人への関わり方の基本は押さえていることとは思います。TEACCHを教えてくれる、と言っていいかどうかはわかりません。

 でもって、これらの公的機関とのつながりを持っておくことはたいへん大事だと思います。

 で、ここからなのですが、これらの情報をお求めの方が「学び始めたばかりの保護者」である場合、わたしは「おめめどう」とつながりを持ち、情報を得られることをお勧めしています。普通の「公的機関」であるとか「専門家」とはひとあじ違った情報・サポートが得られるでしょうから。

 私のブログだと

「自閉症のお子さんの保護者が学ぶと良いこと」

というエントリーはじめブログテーマ「おめめどう・視覚支援」のところを見て頂ければ、たくさんの記事が出てきます。

 私は、私のブログで教師や支援者はまずTEACCHを学びなさい、と書いています。そして保護者は「おめめどう」って。どこが違うかを説明してみます。TEACCHはショプラーさん(学者・実践家・専門家)が自閉症児にどう関わったらいいのだろうと考えて、保護者と協力して作って来られたもの。簡単に言うと専門家サイド。おめめどうはハルヤンネさんやsyunさんがTEACCHもよく勉強して、保護者の立場で考えてこられたもの。保護者サイドですね。そしてそれは家庭サイド、子どもサイドでもあります。「子どもをまん中に」とも言いますが。

 で、今まで見てて、TEACCHを少しばかり学んだ教師・支援者はついつい学校文化に子どもを合わさせようとしてしまう傾向があります。本当に子どものためには「子どものほうに学校を合わす」くらいの気持ちが必要なのですが。

 ですから、「自閉症のお子さんの保護者が学ぶと良いこと」の中で

「もちろん上記の情報は教師・支援者にもたいへん有効で、目からうろこがぼろぼろ落ちます。でも「学校文化」や「こっち側の文化」との摩擦に苦しむかもしれません。それはいいことですけど(^-^)」

と書いたのは、まず学校ありきの学校文化の中で、おめめどうの考え方を実現していこうとした時に、先生は一度は苦しみを通らないといけないだろうなあ、なんてあたりを考えた言葉です。

 でも、保護者だったら、最初からおめめどうに連絡を取って、いろいろ教えてもらうのがいちばん早道ですから、勧めています。(いろんな専門家のアドバイスを受けて困って、おめめどうにたどりついて、やっとほっとできた、みたいなのは多いので)

 おめめどう支援相談メーリングリストハルネット参加者募集のお知らせ

なんてのもあります。これはメーリングリストです。ただし、少々お高く感じるかもしれません。その場合、

携帯メルマガ「おめめどう通信」

というのがあり、こちらは質問はできませんが、ハルヤンネさんの考え方を知ることができます。(時々は、直接のやりとりではなく、情報共有の形で質問に対する回答がくることもあります)

 これも1年3600円で「いきなりそれだけ出すのは・・・」と思われる場合、1カ月限定500円の

ワンコインメルマガ

というのもあります。

 実のところ、私が関わってきたお子さんは、幼稚園年長くらいから高校生くらいまでの人が多く、0〜3歳とかいうような、小さなお子さんに対しての経験は少ないです。おめめどうさんは多くの幼児さんの情報もあるのでいいかもしれません。

 周囲の人に知って頂く冊子としては

「〜知って下さい〜自閉症の子どもたちの支援(PDF無料・パンフレット50円)」

 これは、例えば保護者がもう一方のおつれあいさんに、あるいはおばあちゃんおじいちゃんに、また保育園の先生や学校の先生に、お子さんのことを知ってもらうのにいい冊子です。薄くて絵が多くて。ただ出しているところが、人的・金銭的資源は乏しそうなので届くには、時間がかかるかもしれませんが。

 なお、上の冊子に神戸大学地域連携センター長、高田哲先生の書かれた医療情報の加えられたものは、PDFとして無料公開されています。

「〜知ってください〜自閉症のこどもたちの支援」

 ある意味私の意見は多くの専門家の意見からすると極端かもしれません。私のブログにつけて下さっているコメントも「それは違う」という意見が多いです。(って、もずらいとさんのことだけど(笑))またネットにはたくさんの意見があります。自分で判断し、好き嫌いを感じ、選んでいくしかないかな、その時に頼りになる人がいたらいいかなあ、て感じだろうな。その中で私の考え方はかなり偏ったというかマイナーな考え方かもしれません。それでも本人さんらの楽になり、いい大人になりはる考え方だと自負はしておりますが。

 まあ、いろんなのを見てご判断下さい。

 いろいろ書きましたが、公的なところとつながっていると、制度の利用の時など便利です。おおいに関係つけてていいのじゃないかと思います。それと支援は、公的機関・制度も含め広く浅く多くの人に支えられる、というのが基本だと思っています。「これだけ。この人だけ」ということではありませんので。

 喋れるようにしてあげたいという点について。

 これは、まず目指すべきはお子さんが周囲を理解し(見てわかるものか周囲にある。「カレンダー」「スケジュール」「ワークシステム」見てどうやっていいかわかるものがある。)、表現する手段がある、その中でコミュニケーションが成り立つ、それが嬉しい、という体験をさせてあげるのが大切です。

 で、その時、自分の表現(特に要求)に絵カードを使う子もいるだろうし、同時に音声言語を使う子もいるわけです。で、音声言語を使うのは、視覚的なものをよく使っているからこそ、使えるようになる、ということも実際よくあります。

 いずれにしても、大事なことは「音声言語」をあせらないことですね。それがすべての間違いのもとになっていくことも多いような気がします。


 なお、

「kingstone本やドラマや支援グッズを紹介する」

というブログを作りました。こちらは、もともとのブログの中から本などだけ、集めたものです。私がどう読み、どう使ってきたかをそのひとつの本についてまとめてあります。まだ少ないですが。

 この中でどれを最初に読むのがいいのだろう??VISUALメッセージライブラリシリーズはどれも500円で薄くて読みやすいです。人によってはおめめどうの「杖の役割」という人もいるし。

 そうそう漫画「光とともに」はもうお読みになったでしょうか。

 あれは、漫画である読みやすさ、カードとか支援グッズも出てくる、ということで必読かもしれません。(ただし、使い方としては間違ってたりするところ、また時代として「そりゃよくないかな」というような授業とか、特に最初の方にありますが)

 またたくさんのお子さんのエピソードを使っているので、一人の子の成長物語と読むと間違います。

 でも読んで損はない本だと思います。

 ネタバレを含みますが、私が細かく読んで感想を書いたのはこちら。

「光とともに」戸部けいこ著 第1巻 1〜3話

「光とともに」戸部けいこ著 第1巻 4〜6話

「光とともに」第2巻 小学校低学年編1〜3話

「光とともに」第2巻 小学校低学年編4〜6

 私のブログ内を「光とともに」や「戸部けいこ」で検索して頂くと、たくさんのエントリが出てきます。
posted by kingstone at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症のお子さんの保護者が学ぶと良いこと

 自閉症のお子さんの保護者が学ぶと良いこと。

 この記事は2013年3月17日に書き直しました。
 しかし言いたいことは変わっていません。
 リンク切れのリンクを貼り直し、少し丁寧に変えただけです。

 読んで見ると見事に「おめめどうの宣伝」です。
 また、現在私は「おめめどうの中の人」という立場です。当然お金も貰っています。

 しかしこの元記事の作成時点をご覧下さい。
 2010年3月22日です。
 まだ私がおめめどうと関係無いというか、フェローにもなってないし、お金も貰ってないころです。
 フェローになったのは2011年の3月末からですから。
 私は昔からおめめどうのことを勝手に宣伝していたのですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 私は「自閉症の人に初めてつきあう教師や支援者が学ぶと良いこと」で保護者については語りませんでした。

 というのもそれらの「学ぶとよいこと」は、やはりすごくコスト(これはお金も時間も手間も含みます)がかかると思うのです。また保護者は専門家(教師・支援者を含む)とはやはり立場が違います。

 また目の前にたいてい常にお子さんがいるのですから取りあえずやっていかなければなりません。

 本も注文して手に入るまでには少し時間がかかります。

 このブログを読めている方なら、とりあえずはおめめどうのホームページにある
「初めて来られた方へ」
を読んで見て下さい。
 これは私が書いたものです。

 「グッズを使ったいごこちのいい暮らし」の中にはグッズを使ってコミュニケーションをとった例がたくさん出ています。

 あと、おめめどうスタッフのコラムの中の、見出しに興味を惹かれたものをお読みになるのもいいかと思います。

 また携帯メルマガ「おめめどう通信」もお勧めです。
 携帯メルマガ「おめめどう通信」の「過去の記事例の目次」も考えを知るにはいいと思います。
 題名をクリックすると中身が読めます。

 「相談にのってほしい」という場合は支援相談メーリングリスト「ハルネット」があります。これはメールを読むスキルが必要かもしれません。情報量がはんぱでない可能性があります。また「相談して答えてもらったことは必ずやってみて報告する」というローカルルールがあります。ちょっとたいへんかと思うかもしれませんが、でも実はこのしばりが、いいんです。

 それぞれにコストはかかりますが、コストパーフォーマンスは抜群です。

 おめめどうには実際に使える商品も多数あります。

 もちろん上記の情報は教師・支援者にもたいへん有効で、目からうろこがぼろぼろ落ちます。でも「学校文化」や「こっち側の文化」との摩擦に苦しむかもしれません。それはいいことですけど(^-^)
posted by kingstone at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月17日(日曜日)  相手によって自分のやり方を変えるのさ

 おはようございます。

 いい天気です。


ーウォーレン・バフェット 成功の名語録 桑原晃弥著よりー

「人を引っ張っていくには、人に追従した経験がなくちゃダメだ。あらゆる役割を経験すべきなんだ。相手によって自分のやり方を変えるのさ」

 これはウォーレン・バフェットではなく、彼の相棒でバークシャー・ハザウェイの副会長ともなるチャーリー・マンガーの言葉。彼も1993年のフォーブスの長者番付にのっているそう。

 「相手によって自分のやり方を変える」これ大事かも。私も「相手によって言うことを変える」はいっぱいしているなあ・・・

 今日は、私はおめめどうの「トータルセミナー in 尼崎」に行きます。
 でも満員御礼なので、「思い立って今日参加」ってのは無理みたい。


posted by kingstone at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日のつぶやき


























































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする