私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2013年03月13日

支援グッズ(や方法)を知っていたら「たら」が「でも」に

 Togetterで

支援グッズ(や方法)を知っていたら「たら」が「でも」に

をまとめました。

 支援グッズ(や方法)を知っていたら「障害があったら○○できない」から「障害があっても□□できる」になるという話。

3月13日(水曜日)  失敗した場合でもそのいきさつを説明できるよう

 おはようございます。

 うすい雲が出ています。


ーウォーレン・バフェット 成功の名語録 桑原晃弥著よりー

「失敗した場合でも、そのいきさつを説明できるようにしておきたいと、私は考えています。つまり、自分が完全に理解していることしかやりたくないということです」

 こう考えて、こうやったが、こう失敗した。それをきっちり説明できるように、ということですね。で、それができればくよくよ後悔し続けるのではなく、次のことがらに向かって進んでいける。

 これはゲーリー・メジボフさんの

「我々に失敗は無い。ただ学ぶだけだ」

という言葉を思い出させます。

 しかし「いきさつを説明」できなければ、まったく同じ失敗を「無意識に」繰り返すおそれは高くなりますね。



posted by kingstone at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする