私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年07月16日

VOCA リンゴ事例紹介 長野養護学校鈴木しのぶ氏の実践報告 Pacific Newsより

 パシフィックサプライ社からPacific Newsというのが送られてきます。その中に面白い報告があったのでご紹介。

 VOCA リンゴ事例紹介 長野養護学校 教諭 鈴木しのぶ

(kingstone注・VOCAとはVoice Output Communication Aid 音声出力コミュニケーション補助装置。「自閉症のお子さんとのVOCAを使ったコミュニケーション授業1997」で使っている「メッセージメイト」とか、他にもいろいろ種類がありますが、このリンゴというのはこの時使ったメッセージメイトよりもっと軽くて安い物のようです。Webを見ると34500円。私の買ったメッセージメイトは120000円弱だったもんなあ)

 この長野養護学校は225名(!でかい!でも今はこの規模が「普通」みたいですが)の知的障害特別支援学校。ここで長野さんは「自立活動専任(要するに「障害」にうまく対応したあれこれ(どんな授業が良いかや支援グッズについてなど)に相談にのる部署)」をされてるとか。

 で高等部3年の自閉症の女子生徒Nさんにリンゴというのを使ってもらった例です。

 もともと「広告から好きなおやつを見つけ、切り取り、お母さんに渡し、『これおを買って来て欲しい』が伝えられる。

 で、「ください」「トイレ」「ブランコ」「雑誌」「お水」など、言葉を絞り、そのシンボルを透明ボードに入れて使っていたけれど、ボードが無くなりやすくてだんだん使わなくなってしまった。また「トイレ」については担任が「どこへ行くの?」と後を追うと鬼ごっこと勘違いして逃げ出すこともあった・・・

 で、パシフィックサプライ社のリンゴのレンタルサービスを知り、使ってみたということです。その時、入れた言葉がなかなかいいと思います。

「教室に戻ります」体育館などの場所から(たぶん本人が)教室に行きたいという意思表示を示す時の言葉。
「ふりかけてください」給食時に(本人が使いたくて)使用する言葉
「おやつください」作業学習の休憩時におやつをもらう時の言葉
「更衣室に行きます」リラックスしたい時の言葉
「トイレに行きます」トイレに行くことを伝える言葉

 周囲が言わせたい言葉でなく「本人が使いたい言葉」になっていますね。(「トイレ」だけはちょっと周囲の都合が入っていますが・・・参考「あるお子さんの「トイレに行きます」表現の変遷」)

 うまくNさんの表現するツールになったようです。

 でまあレンタル期間が終わってパシフィックサプライ社にリンゴを返したのですが、Nさんにリンゴを探す行動が見られたとか。

 というわけで親御さんが購入して下さったそうです。

 そのせいかどうかはわかりませんが、他のクラスに入って勝手に気に入った物を持ち出す行動や、雑誌を持ち歩く行動が減ったとか。実際のところ因果関係はわからない旨は書かれていますが、おおいに考えられるところです。

 またリンゴはNさんにとって「大切なお守り」になっているようだ、とも書かれています。この感じもわかります。

 透明ボードを無くしていたような問題は、Nさんが首にかけた紐にリンゴをつって操作している写真があるので、無くすことはなさそうです。それだけ「軽い」ということでもありますね。

 今後の課題としては、Nさんがリンゴを使うのは「学校場面」に限られていて、ご本人が他の場所では使おうとはしないということもあるそうです。

 最後のところに購入時に身体障害なら補助がでるのに療育手帳では補助が出ない問題も書かれてます。(34500円は、以前のVOCAに比べれば安くなったとはいえ、ちょっと「お試しに」と買える値段では無いですよね)

 適当に私がまとめてますので、間違っている点もあるかもしれません。興味ある方は是非PacificNewsをお読み下さい。お読みになりたい方はパシフィックサプライ社に申しこめば送って下さると思います。

落合博満 変人の研究 ねじめ正一著



 いろいろな人へのインタビューとか落合語録とか。

 江夏豊が落合と麻雀をして、江夏が落合の待ちを当てるのでびっくりして落合が尋ねると

「わかるよ。麻雀と野球は同じで、一球一球追っかけたら楽に読める。ピッチャーにとって一番嫌なのは、ある一球をずっと待たれることや。図太く待つのが、いいバッターなんだよ」

と答え、それが参考になったのか、以前と比べて落合がすごく変わったそう。ツーアウト満塁で落合と対峙したシーン。

江夏  その時の配球は、いまだに忘れられないですよ。一球目カーブ、ど真ん中。平然と待っていました。二球目カーブ、これも見送った。三球目、キャッチャーの大宮(龍男)はいろんなボールを要求しましたけど、全部、首振ってもう一つカーブ放った。つまり、カーブ、カーブ、カーブです。それも落合は見送って、三球三振。それで平然と帰ったんです。
 その姿を見て、あ、落合は変わったなと思いました。その場面は僕が抑えましたけど、あまりの変わりように、おれはひょっとしたらいかれるんじやないか、と冷や汗流したんです。案の定、その後の落合には、そんなにいいヒットは打たれてないんですが、ライト線にポトンと落ちるヒットとかばかり、五割近く打たれましたよ。五十六年は、ヒットはたしか二本くらいしか打たれていませんから。


 豊田泰光との対談。

 落合は誰であれまったく挨拶をしないそう。で、「みんなに」(AさんにしてBさんにしない、というわけじゃない)だから「礼儀知らず」のレッテルがついて天下御免になっている。

豊田 野村は、自分ができっこないようなことを平気でいうんです。落合は、野村みたいな作り話はしません。

ねじめ 野村さんは、野球を一回止めて語るでしょう。野球は本来、ボールが来て、バットや野手がバンバン、ビュンビュン動いてゆく、アクティブなものじゃないですか。落合は、野球を止めて語っていませんよね。

豊田 それは、野手とキャッチャーの差でしょう。キャッチャーは、ボンと球握ったら、止まっていられる。ピッチャーに返したり、ボールを替えたり、タイムをかけてマウンドに行ったり、自分から野球を止める権利を持っている。でも、野手にはその権利がないから、いつも動なんです。だから、落合は動で物を考えていくんですよ。キャッチャーだけですよ、話をバチッと止めて考える癖がつくのは。

ねじめ なるほど。野村さんのあの傲慢さは、キャッチャー特有のものなんですね。それにしても、「嫌われ者落合」といっても、豊田さんによれば、野村よりはるかにましだと(笑)。

豊田 まあ、野村とは若いとき、酒は一回呑んだだけ’でおしまいだったけれど、落合は何度か誘って呑んだくらいですから。そりゃ、こっちの見る目は違います。

ねじめ 野球の話が多いですか?

豊田 野球の話しかできないの、あいつは。一般常識ゼロです。

ねじめ いいじやないですか、いまどき珍しい野球バカで。私なんかうれしくてしょうがないですけど。

豊田 でも、野球をそんなに知らない、野球に関係していない人だって周りに二、三人いるわけですから、その中でバッティング理論を話し出しちやったら、みんな苦痛ですよ。だいたい、落合のバッティング理論なんて、よくわかりませんよ。人が想像しないようなことを想像している。バッターボックスに立っていて、ピッチャープレートからホームベースまでのラインが引かれているのが見えるというんですよ。そのラインの中に来た球を打つんだというんですよ。なんべん見たって見えませんよ、オレなんか(笑)。線なんか引いてあるわけないし、見えるはずもない。けれども、見えるつもりというならば、わからないでもない。

ねじめ イメージですか?

豊田 そう、イメージ。ラインが見えるつもりでいて、練習のときからいつもその中の球を打つというふうに打撃を作ってゆく。試合ではなかなかできないと思いますがね。


 敗戦時のコメントについて。

ねじめ そういえば、落合監督の十八番のコメントは、「負けたのは監督のせいだ」ですね。あれは本音ですか。

豊田 本音じゃなくて、テクニックでしょうね。選手のせいにする監督が一杯いましたから。誰とは言いにくいですけども、広岡(達朗)とかね(笑)。あの辺になるともう、ぴしっと誰が敗因というコメントをします。落合は端で見ていて、嫌らしいなと感じていたんでしょうね。だから、選手を褒めたりするんですよ。責任は自分が取るというのは、似合わない男なんだけれど。何か言いたそうだけど、我慢してあんなふうに選手を立てている(笑)。落合は、大人になったんですよ。


 まあ手柄は部下のものに、失敗の責任は上司である自分が取る、これは大事なことやと思うなあ。

 暴力について。

 「コトバの人」である落合はまた、ニッポンの体育会系と相容れない。コワモテに見える落合が、非暴力主義者であることは、いくら強調しても足りないだろう。

 コーチから選手へはもちろん、選手から選手への暴力を一切禁止する。従えない者は即刻ユニフオームを脱いでもらう。

 これは中日の監督に就任した2003年10月17日、全員ミーティングで発した言葉である。


 高校時代のこと。

 いきなりレギュラーだったから、そりゃもう、風当たりなんか人一倍強かった。上級生には毎日ぶん殴られた。
 だいたい、オレが練習に行かなくなった一因もそこにあるんだ。野球部の封建的な体質がたま
らなかった。だって、たかが1、2年早く生まれただけで、なんでそいつらにぶん殴られなきやいけないの。
 ケンカやらせてくれれば、絶対負けっこないと思っていたからね。やってやればよかったなあ。
 バカだよ。昔の軍隊じゃあるまいし、自分がされてイヤなものは、他人だってイヤに決まってる。そんなこと、まるっきりわかっちゃいないんだ。


 主力選手がケガをするたびに発するコメント。

 でもやりくりは慣れているから。

 そうっすね。なんでも一緒。現有戦力で戦わないといけないのだから。

 来たボールは打てばいい。
 打ったボールは取ればいい。
 捕ったボールは投げればいい。


 その通り!ってなかなかこの境地までは至れないわけですが・・・

 どうしようもなく泣けてきたよ。あれだけ練習させてきた選手が勝ったんだから。

 (練習は)見せるもんでもないじやない。11(?12の間違い?)球団の中でも主力張ってるようなヤツは隠れてでもやってるよ。


 なかなか面白かったです。





ラベル:野球
posted by kingstone at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トットチャンネル 黒柳徹子著 2



 前回の「トットチャンネル 黒柳徹子著 レディー・ガガの動画も」の続き。

 周囲から「ヘン」「普通に」とか言われ、心がくじけそうに(?)なっていた黒柳徹子さん。「ヤン坊・ニン坊・トン坊」のオーデションを受けます。自信などなかったけれど通ってしまう。その時の原作者、飯沢匡さんとのやりとり。

「このかたが、作者の飯沢匡先生ですよ」
 と、トットに紹介してくれたとき、トットは、おじぎをするなり、必死で、いった。
「私、日本語が、ヘンですから、直します。歌も下手ですから、勉強します。しゃべりかたも、ちゃんと、しますから」
 そのとき、飯沢先生が、いって下さったことを、トットは、そのあと、何度も、何度も、思い出した。だって、そんなこと、NHKで、誰一人、いってくれたことが、なかったから。飯沢先生は、にこにこ、しながら、こういったのだった。
「直しちゃ、いけません。あなたの、その、しゃべりかたが、いいんですから。ヘンじゃありません。いいですか? 直すんじゃありませんよ。そのままで、いて下さい。それが、あなたの個性で、それが、僕たちに、必要なんですから。大丈夫!心配しないで!」
 ……それまで、トットの"個性"というものは、みんなの邪魔だった。
「君の、その個性、なんとか、なりませんか。ひっこめて、もらえないかねえ」と、いわれ続けてきた。「ひっこめて」と言われても、どうしたらいいのか、トットには、わからなかった。でも、とにかく、
(ふつうの人のように、どうしたら、なれるかしら?)と、つとめて来た。それなのに、飯沢先生は、
「そのままで、いて下さい」と、いって下さった。トットは、急には信じられなかった。でも、胸の底から、うれしさが、こみあげて来た。たった一人でもいい、トットの個性を、必要とする人に、逢えたんだもの。


 まあ当時、失敗ばかりしている本当に自信がない黒柳さんですけど、周囲の人からは「輝いて」見えていたということです。案外そんなものかもしれません。

 ところで、ここからは枝葉末節。

 当時の撮影では俳優の立つ位置はたいていチョークで足型なりバッテンが描かれた。(視覚支援)

 昭和28年だか29年のアメリカで放送を勉強してきた永山弘のNHKでの講義の中でたくさんの英語(?)が伝えられた。
稽古「リハーサル」
演出家「ディレクター」
お化粧「メーキャップ」
稽古や本番の日程とか、時間割「スケジュール」

 で、ここでスケジュールという言葉が使い始められたとか。

posted by kingstone at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月16日(土曜日) ワンステップセミナー in 長野

 おはようございます。

 日差しはきついですが、朝は涼しい

 今日はワンステップセミナー長野

 明日はワンステップセミナー山梨・甲府市 こっちはまだ席に余裕があると思います。

ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする