私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年06月16日

しづ子 娼婦と呼ばれた俳人を追って 川村蘭太

 図書館で借りて来ました。




 鈴木しづ子。(本名 鎮子)
 大正8年(1919年)生まれ。長女。
 父俊雄 母綾子 次女光子は早世 三女正子
 東京。淑徳高等女学校卒業
 大学受験に失敗
 中央工学校(神田神保町。昭和11年に田中角栄が卒業している)女子製図科に学ぶ。
 製図工として岡本工作機械製作所に就職。
 昭和18年(1943年)24歳。俳句を始める。
 その後東芝車両(現東芝府中)(岡本工作機械製作所がGHQに接収されたため)
 昭和24年(1949年)この頃東芝を辞めたもよう。(ドッジラインのせいか)
 その後岐阜へ行きダンスホール勤め


第一句集「春雷」
昭和21年(1946年)2月10日発行27歳(しかし21歳とさばをよんでいた)
 図書館をいで夕ざくら散るをみる
 ノートは支那興亡史はるの雷
 十月のあまおと旅の支度する
 あきさめや肌つつみゆく旅衣
 秋衣あめの東京はなれけり
 夜の駅とほきしおざ「るみたいない」肉桂かむ
 夫ならぬひとによりそふ春嵐
 むくげ垣つづき寮生列してくる
 秋ゆふべねぢ切るわざを見てならふ (製図だけでなく生産現場にも総動員体勢ゆえ従事していたか)
 銀漢やひそかにぬぐふ肌の汗
 湯の中に乳房いとしく秋の夜
 水中花の水かへてより事務はじめ
 炎天の葉智慧灼けり壕に佇つ
 さくらはなびら踏まじとおもふ憂きこころ
 ゆき暮れてわれと野にある花いばら
 玻璃拭くと木の芽をさそふあめのいろ
 時雨るるや掌をかさねをく膝の上
 芝の枯れふみ星座の名教えへらる
 春雷はあめにかはれり夜の對坐
 山百合や妹のかひなにいだかるる (この場合の妹は妹でない可能性。恋うる人か?)
 寒の夜を壺くだけ散る散らしけり
 體内にきみが血流る正坐に堪ふ (精液と誤解されたが母の血ということらしい)


 未収録
 よ「るみたいない」の萩おもひそめたることども書く
 秋葵みづをこえたる少女の脚
 鳳仙花なみだぐみたるふたつの眸
 蜻蛉の高れくひとうの廠をこゆ


昭和22年(1947年)
 ははの忌の刺美しき枳穀かな (枳穀はからたち)
 残る雪こころ変わりをとがめらる
 柿秋葉東京言葉で愛でられて
 気弱さのさがうべなふや雨の秋
 あをむ月吻ふれしむる玻璃のはだ
 秋の日に髪にそへたる花萎ふ
 秋ひかりかなしくあるや藻のおもて
 たんたんとふる月光げよ玻璃きづつく
 日ざしきし非をさとさるる秋の壁
 蘭ありて地下の茶房に導かる
 あめとなることしもしるせり初日記
 かたちよく爪をきりとるむつきの日
 わがほほに「志みたいなえ」くぼさづかり春隣
 私心あり芽吹かむとする辛夷の樹
 まさきの葉敬遠さるるともおもふ
 雪柳敢へておこなふわたくしごと
 東風さむしをとこにしては細き指







昭和23年(1948年)
 花柘榴左肋膜病みにけり
 風鈴や果たしてわれは父の子か
 逢引の夕星にして樹に隠れ
 婚約や白萩の花咲きつゞき
 山の残雪この夜ひそかに結婚す
 春雪の不貞の面擲ち給へ
 秘め箱に紐かけておく椿かな
 ほろろ山吹婚約者を持ちながらひとを愛してしまった
 ダンサーになろうか凍夜の駅間歩く
 寒牡丹の葉のひろごりや夫さだめ
 欲るこころ手袋の指器に触るる
 ひらく寒木瓜浮気な自分におどろく
 春近し親しくなりて名を呼び合ふ
 静謐に日墜つ理性と感情と
 解決は月日に俟たむみどりの芽
 雪崩るるとくつづけのまなこしづかに閉づ
 けんらんとともしみだるる泪冷ゆ
 玻璃うつ雨記憶消さむとする努力
 梅雨の夜のひくき燈しや甘へたき
 好きなものは玻璃薔薇雨驛指春雷
 梅雨冷えの懐疑の扉燈しけり
 恋の精算春たつまきに捲かるる紙片
 性悲し夜更けの蜘蛛を殺しけり
 青すもも自嘲にゆがむ頬の肉
 恋夫の襟夏めくや合わせさす
 本屋の前自転車降りるカンナの葉
 ここにまた浮気男と蘭の花と
 実柘榴のかつと割れたる情痴かな
 戀情や冬甘藍の重み掌に
 すでに戀ふたつありたる雪崩かな
 溺れ切ること尊しやすべて芽木
 擲たるるや崩れ哭くこと意識する
 五月美しつれなくありし吾を悔う
 御身愛しめリラの押花送られたし
 紫雲英摘みたりあなたの胸に投げようか
 まぐはひのしづかなるあめ居とりまく
 蘇「木へんに方」濃しせつないまでに好きになつたいま
 栞はさみあるふみをひらく白薔薇に
 山吹散る二度目の女ではわたしは厭だ
 ふたごころ在るをさげすむ夕かなかな
 夏の雨速達二通出しにけり
 夜寒の燈自重すべきをおもひけり
 月明のくちびるかはく悲しけれ
 ひと戀ひの箱根白百合手折りけり
 甘へるよりほかにすべなし夾竹桃
 萩幽しわたしの好きな季節となる
 自棄にしてかくほどまでに明るむ月
 病ら葉よかくまで戀ふと知られけり

 


昭和24年(1949年)
 十ニ月華燭の三日こそ来つれ
 師を近く冬夜契りをなしにけり
 はこぶ箸のこる悔恨かすかにも
 林檎剥くやややにそだつる妻ごころ
 寒月にめじりの泪ぬぐひけり


昭和25年(1950年) 6月25日に朝鮮戦争勃発
 花吹雪岐阜へ来て棲むからだかな
 花の夜や異国の兵と指睦び
 落「日に軍」美し身の係累を捨てにけり
 妻ということばはるかや蟻匍はす
 梅雨冷ゆるマリヤの額を外しけり
 愛しさやゆたんぽに捲く布幾重
 脚組みて「志みたいなえ」がかれ「るみたいない」るや文月の葉
 山梔子やよはひかさねし眉をかく
 北風のなか昂ぶり果ての泪ぬぐふ
 
 ダンサー募集広告の給料1万円 巡査初任給3772円 新聞月44円 しづ子の家賃250円


昭和26年
 学びけり少女の心いっぱいに
 師を好きて好きて卒業したりしこと
 恋初めの國文の師よ雪は葉に
 雪は葉に高師卒へたる師の講義
 十六や恋初めの葉に雪積り
 雪の椿折りて青年少女の恋
 恋初めの恋失せしめし卒業せり
 雪「くもかんむりに非」々とむかしわが詩讃えられ
 詩稿いくたび煙と化せし炭火中
 半歳の詩心華麗にして了る
 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など
 雪はげし妻たりし頃みごもりしこと
 雪はげし吾のみのほか知らず過ぐ
 激つ雪自ら葬りおほせけり
 雪はげし葬りて性別さへ頒たず
 蘭の葉の三月寒く離婚せり
 蘭さむし黙つて離りきたりしこと
 冬を汗ばむダンステケツを握りし指 (テケツ→チケット)
 朝鮮へ書く梅雨の降り激ちけり
 拭ふ汗東京の土踏むことなし
 揺れている炎天の葉をみとめけり
 風鈴や枕に伏してしくしくなく (この「なく」はさんずいに弟)
 風鈴に甘くして飲む水藥
 掌の金や嘲笑に似て蛙鳴く
 生温く牛乳飲むや娼家の隅
 ひと在らぬ踏切わたる美濃の秋
 「にすいに牙」返る嶮山は深く水に沈み
 いにしえのてぶりの屠蘇をくみにけり
 此の金や不浄ならざる枯れ蕭々
 墓の中母の墓置く霜柱
 冬の日の寺より寺へつづく道
 雪は佳し宗教教育享けしき躯
 葉のあめやニ児の母なる妹に書く


 

第ニ句集「指環」
昭和27年(1952年)1月1日発行(33歳)
 死の肯定萬緑のなか水激ぎつ
 指環凍つみづから破る恋の果て
 黒人と踊る手さきやさくら散る
 娼婦またよきか熟れたる柿食うぶ
 「さんずいに弟」けば済むものか春星鋭くひとつ
 コスモスなどやさしく吹けば死ねないよ
 雲流れゼネストつづく熟れいちじく
 テニスする午前七時の若葉かな
 冬の夜の指環の指や妻たりし
 手袋の指に指環を愛でにけり
 指環凍つみづから破る戀の果
 遊び女としてのたつきや黄水仙
 売春や鶏卵にある掌の温み
 菊白し得たる代償ふところに
 月光のかく冷たさよきづな絶つ
 秋の雨ひと夜の朝霞町
 欲情すればもつそり起きる阿片患者のぎらつく汗
 一瞬や麻薬に狎れし眼と認む
 明星にまがふかたな躯と識りぬ
 横浜に人と訣れし濃霧かな




27年以降未収録
 死ぬるべきときの薬ぞ箱ひそむ
 劇薬の劇と銘うち暑気極む
 この致死量の吾にあやまたざることを
 歩一歩死へ近づきつ暑気極む
 秋立ちぬ情死希ひしことはむかし
 雪はげし共に死すべく誓ひしこと
 雪「くもかんむりに非」々と愛は濃くなるばかりなり
 肉親に蔑まれつつ夏を棲む
 十代の希みおもふや花柘榴
 乙女の時期われに短く夏はじまる
 吾がすでに喫煙識り「るみたいない」て花は八重
 エスケープ亦愉しくて花は八重
 不良性多分にもちて花は八重
 謹慎といふこと強いられつつに花
 花は八重不良女学生とは異ふ
 学生として交るや一つ思想
 花は八重思想の危機を吾ももちし
 ここに少女期太宰文学神とあほぎ
 高女卒とは名のみばかりに八重櫻
 春雪や親の欲目のこの身在り
 二十代はや落莫と冬に入る
 その一つ春風強む騎手の貌 (若い頃の恋人が騎手だったと思われる)
 早春の競馬の人ぞ溢れしめ
 蠅打って父への記憶不潔のみ
 父の恋もつとも汚れ「るみたいない」し槐
 うち伏せばむかし府中の紅椿
 気の強き丑年生れ柚子は黄に
 黒髪や雪の一月生れにけり
 意のままの二十七年夏氷
 三歳とかぞへて愛し水中花
 キャバレーに得し一つ職花は夜々
 品定めさるるに狎れし雪ちらつく
 雪ちらつくみだらに了る品定め
 踊り場に靴がころがる雪夜なり
 ことさらに寒き寝室人を招ず
 花は夜ジエーンと名づけられつつに
 わが驛が近づく秋の終車かな
 踊ることすくなき一夜アマリリス
 あはれ指紋すべての娼婦とられたり
 ダンサーも娼婦のうちか雪解の葉
 警察より戻る雪解の径と橋
 米語におもふことばの崩れ月梅雨めく
 異つ國のことば学ぶや愛ゆ「志みたいなえ」に
 タイプ打って必死の夏を過ごしけり
 タイプ打つWに當つる汗の指
 青葉中頭にからましむ英文法
 タイプでは生活はたたず棗噛む
 国際愛とは氷菓にほどく厚き紙
 黒人の妻たるべきか蚊遣火堕つ
 ふたたびを妻たるべきか舞ふ燈蛾
 冷蔵庫塗られて白し吾らが宿
 冷蔵庫の扉閉ぢつつ笑みしことなど
 陽炎や招かれしより車なか
 ドライヴの木木は芽吹きて「るみたいない」たりけり
 霧の洋渡り渡りきし訃報手に
 急死なりと母なるひとの書乾く
 テキサスの雪に埋もれし生家ときく
 人の母の情に「さんずいに弟」きぬ梅雨燈下
 レベッカと讀みし署名や梅雨燈下
 やうやくに返書したたむ牡丹かな
 ひとり居の冷蔵庫をば売りにけり
 もくろみし異つ國行きや野は枯れぬ
 枇杷食べて死すべきことの独り決め
 密封せる薬を持ちいつでも死ねる
 夏を過ごし死といふことがめあてにて
 「日の下に仄」る「竹危のたれ足言」火を絶やさざることのみ為す
 梢の「穴の下に弓」われにかへれば「日の下に仄」りけり
 葉の音や消えてひさしき煙草点す
 月の夜の船さへ在らぬ水の上
 家すべて午前零時の露置けり
 霧さむく思ふことにも疲れけり
 月の夜蹴られて水に沈む石
 霧の葉や燈しなき厠入りがたく
 戦況や白き花在る枯れの中
 星凍てたり東京に棲む理由なし
 月の出の水は北よりくだりけり
 花椿いまだに抜けぬ妻の癖
 つややかに葛湯すくはれ匙の上
 月の夜やかさなることを好まぬ葉
 菊は紙片の如く白めりヒロポン「缶に決のつくり」く
 花散り初むきのふ暁け方みたる夢
 春寒の酔ひの寝衣まとひけり
 頒ち持つかたみの品や青嵐
 梅雨星やたがひいたわり持つことば
 夏帽の大阪訛りより買ふ繪
 遊郭へ此の道つづく月の照り
 濡るるものすべて濡れたり夕立あがる
 木枯らしや坐せば双つの膝頭
 紅茶冷えよくしゃべる男だな
 品川の宿の夜櫻海苔の膳
 気疲れや飯をくるめしとろろ汁
 湯の音も絶えてしまひぬ飯の膳
 花一日人らつどひてくだらなく
 恃むなし離京の汽車に目つむれば
 ともかくも義理を果たせし櫻かな
 衣すべてかたばみ形りの家紋もつ
 転業かうすき雲ゆく花の「穴の下に弓」
 梅雨照りや悪しざまに書きあるを読む
 詩の意の曲げらるること梅雨焼けて
 寒浪のすさるに似たり詩心いま
 死ぬるまでわが詩うたる牡丹かな
 詩のことたつきのことと爪は燈に
 たつきか詩か三月さむき火の燃えて
 秘して言はずわがクローバーの四つの葉
 秋が来て睡眠剤の白き粉
 秋風「さんずいに里」菓子の如噛む藥の粒
 抽斗奥つね保つ藥ありけり
 いつでも死ねるグラチオラスは咲きのぼり
 死ぬるべきの藥ぞ箱裏む
 死して吾に残すものなし鳳仙花
 満月の夜のいとなみの女人の手
 きたるべき満月の夜と決めしなり
 満月の夜を泳ぎてゆきて還るなし
 北風の中一瞥は佳き尼僧とも
 閑散な宇治山田市の白椿
 花桐やこころかよはぬ叔母と姪
 妹に勝ちをゆづりてたんぽぽ黄
 小説においても嬌るは姉娘


昭和29年(1954年)
 「火に鱸のつくり」火のまへこの白肌ぞ孤りなる
 「火に鱸のつくり」火の燃え秘むるこころの喪さながら
 秋めく風姉は虚栄に走りけり



 人の子ら前にならべて餅焼けり
 蝸牛得て人の子に与えたり
 夏の夜や少年が見し「空飛ぶ円盤」
 


 なんか久坂葉子を思い出すなあ。



ラベル:本 俳句
posted by kingstone at 17:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リハビリの夜 熊谷晋一郎著

 図書館で借りて来ました。



 2009年12月発行。著者は脳性マヒ当事者。東大医学部を出て小児科医。歩行は不可能みたい。こんな方です。



 
 めっちゃ面白かったです。特別支援教育に携わる方は必読やと思います。特に肢体不自由特別支援学校に勤務する人には読むことが義務ですらあるのじゃないかな。

 1977年生まれ。生まれた時からの脳性マヒで小さな頃から「訓練」づけの日々を過ごします。で、その受けてこられた「訓練」の名前は書いていないけれどいやはやなんとなく動作法やな。トレーナーとトレーニーと呼ぶとか、トレーナーからの声かけで身体をさわり姿勢をとらせながら「ちがう!」とか言うってとこも・・・他にも「ダメ!」とか言うトレーナー多かった。私はそれ言えなくて「そうよ、そうよ」「上手」「できたね」「がんばったね」とかしか使えなかったけどね。(私は「がんばれ」は使えなかった。あくまで「がんばったね」)これは私の感覚が鈍かったのかもしれない。つまり「ちがう」とか「だめ」とか言う筋肉の緊張や動きを私は感じ取る能力が無かった、という言い方もできると思います。それから、はなから「うまくできるところだけ見ていこう」という態度であったのかもしれません。無自覚的でしたが。

 でね、1977年という熊谷さんの生まれ年で気づくことがあります。彼は毎年九州まで「訓練キャンプ」に行ってたみたい。ひょっとして私、同じ場にいたかもしれない・・・担当のお子さんは違いましたが。相手のお子さんの名前は忘れましたが顔は覚えているので。「私と動作法4」の時のことです。

 熊谷さんは「訓練」の経過を「1回のセッションの流れ」としてか「1週間キャンプの流れ」としてか3段階に分けています。

A.ほどきつつ拾い合う関係
B.まなざし/まなざされる関係
C.加害/被害関係

 これね、もちろんその時その時で違うだろうけど、A.で例えばストレッチとかで強い緊張を圧倒的な強いしかし優しく包みこむような力で伸ばしてくれる。そして最後にふっと力が抜け弛緩して伸びる。でこの時は気持ちいいというか楽なんだよね。

 ところがその後B.になる。「この子は障害児だ」「健常な動きはこうだ」というまなざしでトレーナーが見、トレーニーが見られる関係。しかしトレーナーの望んだ動きはできない。そのギャップにつらくなる。

 そしてC.端的に「痛く」「うまくもできない」加害と被害の関係。

 いやあA.がなくてB.C.だけとかC.だけという人もいるもんなあ・・・

 またA.を目指しているのに失敗することもある。って私ですが。

私と動作法3で書いたように、A.をねらってて子どもの足を骨折させてしまったことがあります。

 A→B→Cと進んでいくのは「そりゃそのトレーナーが下手くそやから」と言うご意見もあるかもしれませんが、現在は知りませんが当時のシステムで育てられた多くのスーパーバイザーやトレーナーはそうなってしまってたと思います。そうやなあ、私の見た中でS先生だけは違ってたけどな。「私と動作法1

 またキャンプに参加する「偽善的な女子大生」や著者がキャンプ中に母と一緒に女風呂に入った時にいた「若いピチピチとした、しかしものすごく嫌な(たぶん著者の性器を笑ったのじゃないか)女性二人」とかの思い出についても書かれています。

 この本の中の熊谷さんの実感を言葉にした部分がめちゃ面白く参考になるのですが、脳性まひリハビリテーションんに関しての戦後史をまとめてくれてはるので少し。

第1期 黎明期
 手術VS理学療法 なんでも手術でなおそうというそれこそ「神様」と呼ばれるような外科医(和田博夫)が手術派。で理学療法士の田中豊が「整形外科手術には限界がある。理学療法としての全身の調整以外に治療法は無い」を主張。著者は和田の手術を受けた者の中にも、障害がかえって重くなったという告発が少なからずあることに注意喚起。

 1957年に光明養護学校の卒業生から「青い芝の会」が生まれる。自立生活運動を展開していった。

アメリカの障害受容論について
 特に中途障害者についての研究やね。事故などで急に障害を持つようになったとき
「怒り」→「悲しみ」→「受容」→「前向きに生きる(適応)」みたいなことやと思うのだけど。で著者は「必ずしも適応に至らない人がいる」ことに注意喚起。

第2期 根治への熱狂 1970年初期からの神経発達学的なアプローチ。具体的にはボイター・ボバース。(ついでにドーマンも入るんじゃないか?一緒にすると怒る人いるかもだけど)で、たぶん動作法もここに入ってくるのじゃないかな。ボバースについては「最新の知見をもとに、理論と治療テクニックを常に更新し続けた」とあって、しかしそれは一貫性の欠如ともなっている、とのことです。
 で、この時代のマスコミは「治る」と煽り、それに翻弄された親子がいる、と。

 しかし「科学的根拠」の医学の時代になり(エビデンス・ベースド・メディシン EBM ですね)治療効果を見た時に十分な科学的根拠が無いことがあきらかになった、と。

 現在、根拠がほぼ確立されている介入法としては、「痙性を増加させることなく、筋力を増強する漸増的抵抗筋カトレーニング」「バランス能力の向上、骨密度の増加、筋緊張の減少をもたらす姿勢バランストレーニング」「関節可動域を改善させ、痙性を減少させうる持続的ストレッテング」などに限られる。

第3期 身体から社会へ

 1980年代になってから上田らによって障害受容論が取り入れられた。

 しかし「障害受容」という概念の現場での運用のされ方には問題も多かった。

 作業療法士の田島明子は「障害受容」という言葉が、日本のリハビリの現場でどのように使用されているかについて指摘している。田島によれば、クライエントが「機能回復に対する固執」を見せたときと、「(復職支援などの際に)自分の能力や適性に対する認識が(セラピスト側から見て)適切ではなく、過剰な期待を表明されるようなとき」の二つに、セラピストはそのクライエントのことを「障害受容ができていない」と表現するという。
 その背後には、リハビリの初期には正常な身体を目指す「回復アプローテ」がなされ、やがて回復に行き詰まりが見られるようになると、身体の正常化はあきらめて自立的な生活が目指される「代償アプローチ」へと路線変更される現場の都合があるという。その路線変更に適応してもらうために、障害受容という課題がクライエントに与えられることになる。言わば、セラピスト中心の手続きにクライエントを過剰適応させ、御しやすくするための方便として「障害受容」という言葉が使われるのである。


 ああ、ここ、まあむつかしいとこやけどようわかるな。しかし、そうやなあ、これsyunさんがいつも言ってる「中途障害者」の場合やな。もともとの障害のある人ってはなから「機能回復に対する固執」は持ってないことが多いしね。で、これが親の場合は「子どもをなんとか機能回復(?!)させたい」という固執になることもある。それをして専門家が「あの親は障害受容ができていない」という場合があんねんけど、いやそうかもしれんけど、じゃあその専門家は障害受容ができているのか?っつう問題があるわな。つまりなんつーか「より健常に近づくモデル」みたいなのが頭にあって、そこに近づけようとしてないか。

 ふ〜〜む、はっきり言うて受容なんて言葉、難しいし、私ゃどっちゃでもええやん、って思うほうではある。で、とにかく何か問題があれば解決していこう、と。で、その手立てとしては環境を整えよう、ということやけどね。でもってそうやってるとお子さん(大人でもやけど)落ち着いて暮らせたり、場合によっては自分のやりたいことをやったりして「能力が伸びたように見える」こともあるけど、それは別段本人さんが変わったわけではない。う〜〜ん、私だって「適応」を目指していることには違いは無いのだけど。

 で、たぶん私は「療育」という言葉と同じく「受容」という言葉もこちらからは使わなくなっています。ずいぶん前にTogetterで「障害と受容(よく言われる受容についてのあれこれ)」ってのをまとめてますが、これも相手の方が「受容」という言葉をお使いになったからでね。(私は相手の方が使いはった場合は、私が使わない言葉でも使うことがあります)

 で、「受容」なんて誰かが誰か他人に「しろ」って言えるもんじゃないと思うし。

 でも私も「受容の強要」なんてことしてないか、って言われるとそんなことは無いかもしれない。先日来、何組かの親御さんと電話で話をしたのだけど「おたくのお子さん、大きくなっても自由自在に音声言語で理解したり伝えたりはできないよ」ってどの方にも言ったもんな。

「診断名」は別。私は医師ではないし、電話で話をしただけでわかるわけないもん。こちらから「診断名」を出すことはしない。それはお医者様の仕事。私は手持ちの情報の中で、少なくとも私の体験してきたことを伝え、で「じゃあどうしたらいいかな」を伝えるだけ。親御さんが診断名を知っておろうが知るまいが「ここ困ってるでしょ。じゃあこうしたらいいかな」を伝えるだけ。あと「こんなふうに学校や施設や制度を使ったらいいかもしれない」とか。

 でもっていろんな人から「そんな学校無い」「そんな施設ない」「そんな先生おらへん」「そんなシステム無い」とか言われるわけやけど、そんなら作ったらええやん、と思うだけ。もちろんお手伝いをする気は十分ある。(私がセラピストになってその子の力を伸ばします、なんて言わないし、できるわけないじゃんですけどね)

 もちろん電話だけでは伝えられないから(視覚支援が音声言語で伝えられるわけがない)本当に具体的なことは会わないことには何とも伝えられない場合が多いけど。

 そういう意味では「受容」なのかどうなのかわからないけど、周囲の教師とか見ていて「あきらめる所」と「あきらめちゃいけない所」が全然一致してなくてよく困りました。

 少なくとも「受容できなきゃ訓練(療育)進みませんよ」なんて脅すためにある言葉じゃない。


国際障害者年によるアメリカ型自立生活運動の輸入
 全国自立生活センター協議会(JIL)が発足したのは1991年。

当事者運動とリハビリテーションの合流
 1989年 自立生活問題研究全国集会(のちに自立生活研究全国集会)

 2001年WHOで採択された「国際生活機能分類(ICF)」syunさんがセミナーなんかで説明するやつね。

 でやね、

 ダイナミックシステム理論の提唱
 そのような背景の中で、リハビリの介入ポイントも、機能と構造 functoion and structure レベルから、徐々に活動 activities レベル、そして参加 participation レベルについて焦点が移っていった。最近は、子どもとその家族が、彼ら自身のゴールも自ら設定し、家族のニーズに基づいてそのプログラムを指揮する「家族中心機能訓練 family-centered functional therapy」「機能的治療プログラムfunctional therapy program」「生態学的アプローチecological approach」などと呼ばれるアプローチが注目されつつある。
 これらのアプローチが準拠する理論は、ダイナミックシステム理論と呼ばれるものである。これは近年、神経成熟理論に替わって発達のプロセスを説明するものとして提唱されているもので、意欲や脳、体重、関節可動域、筋力などの内部条件、重力などさまざまな外部条件、課題の特性などの多くの「サブシステム」の相互作用によって、課題や状況に応じた行動が形成されるとする理論である。各々のサブシステムを変更することで、最も効率的な運動行動を達成する可能性があると考えられており、正常運動パターンを引き出すという従来の訓練法と違い、本人にかかわる条件や外部条件を変容させることや現実の行動の文脈での繰り返しの実践が重要視される。まだ十分な科学的根拠が確立しているとは言い難いが、「ボバース法、ボイタ法を行った場合とを比較し、有意に有効な結果を得た」との報告もある。


 この文章を一読しての印象。なんかめちゃめちゃ怪しい代替療法の説明とか、マルチ商法の新しいやり方の説明みたい。

 でも簡単に言やあ、そりゃ本人のできることと周りの環境設定でうまいことやっていきましょ、ってことなんか?それやったら納得やけど。この中で私は「生態学的アプローチecological approach」だけは耳で聞いたことがあり、それは「いやあ調べつくそう思てもそんなんでけへん。わかったるあれとこれ、まわりの環境、いろいろ調べるだけは調べてまあうまいことやっていきましょ」というもんやと聞いていたのだけど、ちょっと違うのかな?

 で、熊谷さんは

第4期 熱狂再燃の気配

 ってことで

 またそれ以上に心配なのは、脳性まひという身体を「克服すべきもの」として捉え、それを克服することに情熱を燃やすという同化的な考え方である。

と危惧されています。また

 脳科学の進歩をいかに実践へと展開するかというときに欠くことができないのは、自らの技法の効果を吟味しようという科学的態度と、身体と動きについての多様性を認める寛容で柔軟な態度の二つだといえよう。

と書かれています。これ肢体不自由だけちゃうわな。知的障害もやな。脳科学が進んだとしても未だ脳を「変える」ことには成功していないし、別に「変えんでええ」わけやし。多様な脳のあり方でええんやしね。正しい脳があるわけじゃない。

 いかん、いかん。「熊谷さんの実感が面白い」と言いながら、ついつい「理屈」を紹介してしまってるな。

 規範・緊張・官能 って言葉も使ってはりますね。

 この場合は「健常児の動き」が規範でそれを脳内でイメージとして浮かべ、それに近づこうとして緊張して余計にできなくなり、そこで敗北してでそこにえもいわれぬ官能が生まれることがある、ってまとめちゃっていいと思うのですが。で、それが他者に拾われる必要がある、ってことなんですが。

 で、熊谷さんが大学進学を期に、一人暮らしをはじめたところからがめちゃくちゃ面白い。

 両親は1人暮らしを始める前に、一年間休学をして関東近辺のリハビリ施設で訓練をしたらどうかと提案した。しかし私はその提案に乗れなかった。もうすでに、何年間もリハビリをやってきたではないか。あともう一年それを続けることに、どれほどの意味があるというのだろう。
 「いつか他の人と同じように社会の中で暮らすために、今は社会から離れて普通の人に近づく訓練をしよう」
 こういう発想は、社会に出る時期を先延ばしにする。そして、先延ばしによって隔離期間が長くなれぱなるほど、「普通の人」「厳しい社会」というイメージが妄想的に膨れ上がり、ハードルは高くなっていく。子どもを社会に出したい反面、今の状態で出すのは恐ろしいという親心の葛藤が密室内でどんどん高められて、リハビリへの熱情へ転化し、身動きがとれなくなっていくのだ。


 そやねえ。

 でね、その時に熊谷さんがえらいのは今まで親御さんとかトレーナーから「かくあるべし」を押し付けられて挫折してきたわけだけど、じゃあ「自立生活」を選んでも実はそれは自立生活を既に行ってきた先輩たちの「かくあるべし」という規範にからみとられていくだけじゃないか、という警戒心ももってはった、というとこ。で「私自身の固有のくらし」を一から作りあげていこうとした、ということ。

 そやね。結局ひとりひとりの「本人」を大切にするところからしか始まらへんねんやろな。

 で、いきなりトイレから困りはる。もう最初は失敗して失禁。で、そうしながら自分で動きをイメージし、大工さんに「ここにこんなものをつけて」と頼み、改造していくのだけど、それができた時に、トイレを見た瞬間「新しくなったトイレに私の体がチューニングしているような感じ」を味わいはります。またトイレの方から手を差し伸べて来てくれるような感覚。

 で成功するわけですが、それは官能と言っていいものだったと。そしてその動きの中から「等身大の内部モデル」ができていった、と。

 他のところでは電動車イス体験も語ってはります。熊谷さんの子どもの頃は「あんなもの乗ったら歩けなくなる」と言って乗るのを禁止された時代。しかし乗った瞬間「楽しい!」と感じはります。やはりこれも官能(楽しいこと)やね。

 そして自立生活を始めてからは電動車イスでの「散歩」が趣味になったとか。解放感・風・流れる風景。そこの感覚は私なんかだとオートバイに乗った時の感じに近いのかな。

 で、熊谷さんは電動車イスが「体の一部」になったような感覚を味わいはります。

 あと、どっかに「物は説教しない」みたいな言葉もあったんだけどな。どこかわからなくなった。

 でね、そういった「物」「自助具」万歳かっ、っていうとそうでもない体験をしはります。

 採血で、研修医1年目。たぶん大学病院で全然うまくできなかった。で、100円ショップでいろんな物を買って来ては工夫し、自分ひとりで努力してできるように奮闘しますがうまくいかない。2年目、めっちゃ忙しいことで有名な病院に行き、こりゃあかんと思ったけど、逆に「ひとりではできない」けど周囲の人たちが「チーム」として動いてくれ「採血する」という目標に向かって動いてくれたので、(つまり状況や熊谷さんの動き、表現を見て手助けしてくれた)「採血」できたし、熊谷さん自身1年目みたいな特別なグッズを使わなくても採血できる方法を考え出し、できちゃった。(ただし、それは写真もありますが採血器を口で吸って採血する方法なので「評判が悪く」てだんだんやらなくなったそうですが(笑))

 つまり大学病院は熊谷さんも「一人前にならなきゃ」「採血ぐらいひとりでできなきゃ」というプレッシャーの中にいたし、周囲も「こいつを一人前にしなきゃ」という「教育者としてのまなざし」があって手伝いもあまりしなかっただろうし、採血そのものもできなかった。

 しかし2つ目の病院は忙しくてそれどころじゃなく「採血」という使命に向かってみんなが「どうしたら実現できるだろう」「私はどうしたらみんなから助けてもらえるだろう」「私はどうすれば他の人を助けられるだろう」と考えていたのでできた、という話なんです。で、1年目に工夫していたグッズはいらなくなったと。

  これもなあ「目標設定」を何にするか、という話でもあるなあ。チームの目標設定を何にするか、って話。

  でもって「じゃあ他人が手助けしてくれればいいのか」って言うとそんな単純な話ではないこともちゃんと述べられています。

 そうよな。

 まあ、たぶんそこんとこで自閉症の人のためには現時点であまりにも「使える物」を使えてもらっていない、というのがあるのは間違いないところ。

 で、熊谷さんは音声言語ばりばりだけど、介助者にうまくやり方を伝えられなくて痛い目にあったりすることもあることも書いてはります。じゃあ自閉症の人だったら余計ですよね。

 また脳性マヒ当事者の人の二次障害についてアビューズとネグレクトの2つの場合がある、と述べてはります。この言葉虐待の話でよく聞いてて、アビューズって言ったら叩いたり傷つけたりで、ネグレクトって言ったら放置と思っていたけど、アビューズは「誤使用」で、「頑張る」ことを習慣化されてしまい、がんばりすぎの基準がわからなくなる(つまり自分の体を誤使用してしまう)ってことで、ネグレクトは「無視」で「問題は多数派の身体を前提にしている社会の側にあるのに、自己身体を問題化してたまるか」という発想で医療に関わることを避けてしまうために起こるとか。これも自分の身体の声を聞きそこねるために起こるわけで。

 これって、知的障害の人にも言えるよなあ。

 で、そんなこんなで熊谷さんは「できる動き」「できること」がどんどん増えていくわけですが、先輩の自立生活の先輩がこう言います。

「熊谷、無理すんなよ。うちらは三十過ぎるとなあ、がたんとくるからな」

 そして三十を過ぎた熊谷さんはいろいろと実感しはります。しかし、そういう衰えも含めての暮らし・人生なんでしょうね。

 熊谷さんとパートナーの綾屋紗月さんの本。



 2010年12月発行。
 私の読書メモ



 2009年8月発行。
 私の読書メモ。

9月16日(木曜日)

 おはようございます。

 雨です。

ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする