私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年06月15日

煎茶(新茶)の味 味間一販売

 おめめどうからいろいろお茶が送られて来ました。味間一で販売しているもの。味わってまた広報してね、という、まあ役得ですね。

 私は緑茶が大好きです。ごはんを食べた後は必ず緑茶が飲みたい。不思議にパンを食べた時はそう思わない。で、また合間合間にはコーヒーを飲むこともあるけれど、緑茶もよく飲みます。

 しかし妻は別に「嫌い」ではないけれどそう飲みたくもないみたい。で、味覚については息子たちも妻系になって、同じ感じです。だから私の家では私がお茶を飲みたくなった時に「みんな飲む?」と聞いて私が人数分のお茶を淹れます。それでもみんなは「ああ、今は要らない」と断ることがよくあります。

 そんな具合ですが、購入する緑茶は近所のスーパーで100gが298円のにするか、398円のにするか、時にはもうちょっと高いのを買いたいなあ、とそんな具合です。

 で今回は、いろいろ送られて来た中から「やっぱり高いのから飲んでみよう」と100gで1260円の「煎茶(新茶)」をまず開けてみました。

 自分用に一杯淹れてみました。

 上品な香。
 で、口に含んで「??」

 深み・渋味があるのはわかる。
 しかし、ん?ん?「変」じゃね??

 あわてて80歳の母のところに飛んで行き、飲んでもらいました。母との会話。

母「上等やねえ。いいお茶や」
私「いや、味が複雑で、深みや渋味があるのはわかる。でも私が今まで飲んで来たお茶と何て言うか方向が違う、というか変なことない?」
母「今、家で飲んでたお茶と飲み比べたらよくわかる」
私「そりゃ飲み比べんでもわかる。しかしこんな味のお茶飲んだことある?」
母「ある。こりゃええお茶じゃ」

 母は田舎の大きなお寺の娘。たぶん同時代に育ってきた人の中では、贅沢なものは食べずとも結構質のええもん食べて飲んできてます。私は・・・あんまりこんなん体験したことないぞ。

 これは他の人にも飲んでもらおうとおすそ分けの用意をして連絡するとその人が来てくれることに。

 で、また私が客人と母に淹れて出すと、

客「ううん。いい香りや。で、味がある」
私「ふ〜〜ん」
客「そやけど、この淹れ方は間違ってるよ。これあつ〜いお湯で入れたでしょ。このお茶だと、一度湯のみに入れて少しさましてから淹れるともっと甘みが出るよ。でも熱すぎるお湯で淹れたにしては苦味が出てないね」

 むむむ、確かに少しさましたお湯で淹れるといいお茶があることは知っていたけど、煎茶がそうだとは知らなかった。

 今、ネットで調べてみたらいろんなところにやはり客人の言ったような方法で、70度くらいにしたお湯で淹れなさい、と書いてありますね。

 夜に、やってみました。ほんまに甘かったです。

 それから客人によると、おめめどうのちらしには「無農薬・無化学肥料」と書いてありますが、お茶の袋そのものにはそういうことを書いていないのも好感度のポイントだ、とのことでした。

 このお値段は普段づかいにはちょっと厳しい。しかしまあご進物や何かのお祝いに是非どうぞ。

※なお、私の「美的センス」「味覚センス」は周囲からは「変」と言われることも多いです。
posted by kingstone at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイドヘルパー関連 クライアントパートナーズという会社 

 カテゴリが何か、ジャンルが何か、は迷ったのですが、私の興味関心は特別支援教育とか障害支援のガイドヘルプとかだし、テレビで報道された内容は製品・サービスだったのでその分類にしました。

 TBSひるおびで

クライアントパートナーズ

という会社が紹介されていました。女性だけの便利屋さん、とのことです。

 私が見た時点で紹介されていたのが、小学生5年生くらいの男の子がテニス教室に行くのに、東日本大震災以降つきそわないと心配になった。しかしご両親は理容室(美容室?)を経営してはるのでつきそえない。そこでつきそいをお願いした、と。

 料金は出張費3000円。1時間2980円。そのお子さんの場合2時間半かかったのになぜか9000円でした。これって2時間分だけどな。

 ふむ。つきそった方はいくら貰えるのかな。私の周囲で見てきたヘルパーさんだと時給800円〜1000円だったけど。この会社は時給でいくら貰えるのかな?ホームページには出てませんね。

 しかし・・・画面に出てきたお子さんだと、完璧にひとりで行動できるけど・・・やっぱり危険を感じはるのかな・・・でもってそこらへんの「危険」に対して「女性だからこそ」の安心感をみなさんおもちになるということでしたけど。

 でもって手をつないで移動してたけど・・・それ・・・ガイドヘルプというのじゃないサービスになってるわな・・・

 あと出てきた例として台所の片付けとか、ホームページにも部屋の整理とか片付けは大きな項目としてありますね。

 で、そういうのを頼んだ人の中で「出産にあたって不安だから悩みを相談したい」という人もいて、相談というかカウンセリング業務も入ってるんや。テレビ画面には相談にあたっていた人の「◯◯カウンセラー」みたいな資格証が出てたけど・・・まあナントカカウンセラーとかなんちゃら心理士とかいう資格はいっぱいありますね。

 カウンセリングとして考えるなら2時間9000円はたぶん格安ではある。(って今の相場は知らないけど)

 中で中年の男の人が服を買うのにアドバイザーとしてついて来てもらって18000円払い「満足です」と言ってはるのもあったなあ。

 あとテレビで「例」として出していたのに「男の人から『今日は叱って下さい』という依頼」ってのがあったけど、それって・・・

 しかしまあホームページのTOPに「性的な事及びサービスは、一切お受けしておりません」と書かれてますけどね。しかし、ホームページの印象は、おしゃれな線をねらってはるのだけど、なんとなく風俗店のものを連想するのですが・・・(と言っても私はその道には暗いです)

6月15日(水曜日)

 おはようございます。

 曇りです。

 6月も真ん中まで来ましたね。
ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする