私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年05月12日

仕事ハッケン伝 NHK ワッキーが王将で修行

仕事ハッケン伝 <新>「ペナルティ ワッキー×中華レストランチェーン」

 ワッキーが5日間だか6日間か、まともに王将に入って修行するという番組。この手のタレントが「ちょっとおじゃましました」的なのはよくあるけれで、これだけ長期間にわったって入りこむのは少ないのじゃないかな。

 王将は少し前にも新人研修の様子が放映されてネットでは結構非難轟々な意見も多かったけど、私は「あり」だと思いました。もちろん私は回れ右して即逃げ出しますけど、そうじゃない人にとってはすごくいいんじゃないか?システムの方が人を選ぶということはあるだろうけど。

 今回の番組を見ていても、もちろんワッキーは特別扱いだろうけど、エリアマネージャーが「俺の動きの通り動け」と言ったり、ホールの仕事を覚えるのに若い女性がワッキーに徹底的にダメを出したり、つまり先輩にはワッキーの動きのどこが「違う」かが見えてるわけですね。で、どういう動きをしたらいいのかもわかっている。

 エリアマネージャーが「スピードの中にこそナントカがある」(ナントカの部分、忘れた)があると言ってたのもほんまやなあ、と思います。

 特別支援教育では子どもに対しては別に「スピードが命」ってことはなく、「早くさせた」からっていいもんじゃないんだけど、で「細かく指摘する」より「待つ」ことが大事だったりするけれど、しかしそれは子ども、つまりお客様に対してであって、例えば教材作りとか、書類作りとかは「スピードが命」な部分もあるよな。同僚教師に対してはどうだろう。で、子どもに対しても、なぜ「待つ」のか、って言ったら結局はそれが「一番早い」からだったりもする。

 また若い教師に向かって「俺の動きの通りしろ」と言えたりするとしたらすごいことや。

 やっぱり「やってる」人の言うことには含蓄があるなあ、と思います。

 でも繰り返しますが、私は回れ右して逃げますけどね。
posted by kingstone at 21:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD「おめめどうのメモメモ講座」紹介動画

DVD「おめめどうのメモメモ講座」紹介動画ができました。



紹介ページはこちら

「おめめどうのメモメモ講座」DVD 


~コミュニケーションメモ帳を使いこなそう!~

様々なコミュニケーションメモ帳の開発秘話や使い方が説明されていま す。
「亀を逃しました事件」とは何でしょうか?
お知りなりたい方は是非ご購入を。

おめめどうのメモメモ講座 1050円

オールコミュメモセット・DVDつき 4200円

視聴上の注意点

「家でできていないことを学校に頼んでもできるはずがない」という意味のセリフが出てきます。これは保護者の立場からすれば、ということです。学校の先生 がご覧になる場合「学校でできていないことを家庭でやってくれと言ってもできるはずがない」と読み替えて下さい。(「威嚇すればできます」などというのは なしですよ)センターの支援者の方でも専門家の方でも一緒です。あなたができないことを他人に要求してはいけません。しかも環境を整えるのは家庭のほうが ずっと難しいのですから。
posted by kingstone at 16:53| Comment(11) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月12日(木曜日)

 おはようございます。

 昨日はよく降りました。警報が出、避難された地域もあったくらい。
 まだポツポツは来てます。

ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする