私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年05月05日

犬のしつけについての「リーダー論」についての話題から

 私の注目のドッグトレーナーにして応用行動分析家 hit1678さんが最近ブログをどんどん更新してはります。

「コマンド」について ―または「正しいしつけ方」というものについて考えてみてる―
リーダー論について 2011 その1
リーダー論について 2011 その2

 いやあ、私のいろいろな妄想が爆発するような内容です。
 まあいつものことながら、私は湧いてきた妄想を、犬からは離れて話があっちゃこっちゃ行きますが書いていきます。リーダー論についてですが、結局「コマンド」論にもなります。

「リーダー論について 2011 その1」

 ですが、「犬の先祖はオオカミである」ってのは「人間の先祖が猿である」というのと同じくらいおかしいでしょうね。「共通の先祖から別れた」くらいか。でもって、例えば進化心理学とかってのは、お話としては面白いし「ほほほう」とか思って読んだり聞いたりするけれど、「今ここ」のやりとりのあれこれにはあまり役に立たない。いえ、もちろん人間の場合とりあえず「納得」すりゃそれでいいみたいな面もあることは事実ですけど。例えば落語に出てくる「大家さん」とか「大店の主」とかが「店子」や「番頭」を諭す時の喩え話とか、「科学的」にはめちゃおかしいけど「なるほどな」と納得することはよくあります。まあ、でもなあ・・・というあたりで。

 で「トレーナーさんは群れにいない」というのは、言われてみればそらそうだ。

 4.方法論的疑問のところ

 例えば100行述べて、97行無茶苦茶な話で3行だけほんまの役に立つ話を書いている場合。
 いやあ、昔の自閉症の人に関するあれこれの本って、ほぼこんな感じだったかな。3行は本当のことを書いている。
 で、97行が無害だったらいいんだけど・・・そうじゃないから困りました。

 で、そんなのがたくさんあるから「ええとこどり」しよう、と言うのだけど、その3行だけをあっちからもこっちからも正しい部分だけ取ってくるというのはめちゃ大変。

 今のネット上の様々な情報だって同じですねえ。結局それを見抜ける力というのはリテラシーということになるのだと思いますが。でも素人にはむつかしい。プロだったら見抜けて欲しいですが。

 また「あの人は信頼できる。(これは人格的に、ということ)だからあの人のだす情報は信頼できる」というのは全然成り立たない話だ、というのにも通じます。3行の部分では信頼できる、しかし他の部分は「信頼できない」からスルーしておこう。それでもつきあえるよ、みたいなのが大事かなあ、と思います。(嫌だったらつきあう必要もない。つきあいたい人の場合ね)

 昔、夢分析(夢占いとか夢のお告げを読み解くとかいうのとは違います)を受けていた時、カウンセラーに「信頼できる人に夢を聞いてもらえるといいですね」と言われて「信頼できる人はいますが、夢についてわかっている友人はいません」と言ったら「それは信頼している、とは言いません」と言われて、やっと上のようなことに気づきました。

リーダー論について 2011 その2

 そういや「教師は子どものリーダーにならなければならない」と言われる方は一定数おられる。また「だから舐められたらあかん」とか・・・

 これ、「リーダーにならなければならない」というのは「ある場面」では本当だと思います。例えば通常学級で「地震が来た。津波が来そうだ」という場合だったら「廊下に並べ」「高台に行く」とすぐに短くわかりやすく指示を出し、リーダーとして行動しなければならないでしょう。

 運動会とかで全校生に指示を出す、なんて場合でも一緒でしょう。「短く」というのは「わかりやすく」でもあります。私には最近「立ちましょう」とか言う号令が気持ち悪い。「立て」とか「立つ」とかで十分な気がする。これは「コマンド」論でもありますね。

 しかし、それは「必要があって指示する場合」のこと。

 例えばこんな場合もあります。授業でも教師が「発問」する。これは「わかる音声言語」や「わかる視聴覚教材(黒板だって視聴覚教具です)」などを使う必要があります。これは「指示」や「命令」ではない。そして子どもは自分で考え、判断し、発表したいことを発表したり作品作りをしたりするわけです。(教え込むことを恐れてはいけませんが、子どもが自分でできることを邪魔しちゃいけない)そして例えばクラスにアスペルガー症候群や自閉症のお子さんがいるなら、彼らにわかる方法で伝えたり、わかることをやってもらう必要があるでしょう。

 こういう時って「リーダー論」で言うようなリーダーでは無いなあ。もちろん実はリーダーなんだけど。

 で「舐められたらダメ」というのでも、確かに「この先生は知的な刺激を与えてくれない(つまり「わかるように伝えてくれない」ということ)」と思われたらダメ、というのはよくわかります。しかし恐怖の対象として君臨し続けなければならない、という話とは全然違う。

 結局「わかる方法で」どれだけ伝えられるか、ってことなんですよね。

 さて、今までのところは前フリで、以下続くとのことですから注目して見ていかせて頂きたいと思います。
posted by kingstone at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬とのよい生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親鸞展

 今日は妻と待ち合わせして親鸞展に行って来ました。

sinran.jpg

 妻も結構宗教オタクですから。オタクはやっぱりオタク同士つきあったほうがいいよな。

 お客さんもそこそこ入っていました。

 東本願寺の阿弥陀如来立像が展示されていましたが、なぜか賽銭がたくさん置いてありました。

 東本願寺の報恩講で行われる勤行と言うか、「坂東曲」というお経をたくさんのお坊さんであげる映像がありました。流罪で船に乗って旅する親鸞聖人の姿から、とのことで身体を大きくゆすりながらお経をあげる、たいへん面白いものでした。浄土真宗だから有髪のお坊さんもいるし、女性のお坊さんもおられました。

 親鸞聖人は「禿=非僧非俗」と自称されましたが、有髪の坐像もありました。で、髷を結っていない。当時は髷を結うのが俗人として(というかそれはもう人間として、ということだと思いますが)当たり前だったろうから、僧でもない、俗人でもないと宣言するのはすごいことだったのだろうな、と思います。

 たくさんの法然聖人直筆(?)親鸞聖人直筆、恵信尼直筆とかありました。読めないのが残念。

 ところで、現在、地方紙に連載されている五木寛之氏の「親鸞」の挿絵を担当している山口晃氏の絵もたくさんありました。で、流罪になる時の親鸞聖人と恵信尼の出立の図が良かったので、ポストカードを買いたかったのですが、人気があって売り切れでした。(1枚158円)図録を買ったら、中にありました。

esinni.jpg

 で、この恵信尼・・・モデルは長澤まさみだよなあ。
 ってことは映画にするとしたら親鸞聖人はモックンあたり?もうちょっと若い人がいいかな。
 で安楽房が櫻井翔で住蓮房が二宮和也。(歌の歌えるアイドル、って線)
 鈴虫・松虫がAKB48の娘さんか。

 ちなみに五木氏の小説(つまりこの絵も)は二人が京で出会い京へ旅立つという設定ですが、最近の説としては親鸞聖人が越後に行ってから出会った、という説が有力とのことです。

追記
 嘘つきkingstoneでした。逆。京都説が有力になってきた、とのこと。

 ところで全然関係無いですが・・・

hitoride.jpg

 ポストカードにあった絵。
 「一人でする」
 そうだよな。
 自閉症の人でも、そうでない人でも、一人でしたいこといろいろあるよな。で、パーティションがあったほうがいいこともあるよな(無くていい場合は無くていいけど)

 そんなことを思った絵でした。

posted by kingstone at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩

 今日は暖かかったです。

P1010199.JPG

 藤が咲いていました。藤棚じゃなく大きな木にからみついていました。

P1010200.JPG

 ネズミ捕りをしているおまわりさん。さすがに前に回って写真を撮る根性は無かった。

P1010201.JPG

 何の花だろう。(モッコウバラと教えて頂きました)

P1010202.JPG

 これはスズランかな。

P1010203.JPG

 パンジー。

P1010204.JPG

 これも名前はわからないけどきれいな花。

P1010205.JPG

 お地蔵さん。若いご夫婦が参拝してはりました。

P1010213.JPG

 亀の日なたぼっこ。(甲羅干し)でもミドリガメばっかり。ドロガメはいないなあ・・・

 今日の写真は全体に色が飛んでしまっています。お日様が強かったから、もっと絞るというか、コンパクトデジカメだからモードを変える必要があったかな。
ラベル:散歩
posted by kingstone at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久里浜日記1993年 6月11日〜13日

久里浜日記6月11日

今日はNTTのヒューマンインターフェース研究所の見学に行きました。
まだ実験段階ですが目的地の地図をFAXで送って来てくれるサービスは聴覚障害の方にもそうでない方にもすごくいいんじゃないか、と思いました。

しかし・・・うーーん、
「暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう」
障害児教育への利用はやっぱり現場の人間がやるしかない。

ふっ、飛んだか・・・いつものことですが。



(kingstone。しかし、私は「不平を言いつつ、しかし自分でできるところはする」というのが好きです。やっぱり不平も言うで、そりゃ)


久里浜日記6月12日

 今日はMESの会が学芸大付属ナントカ養護(なんて名前だっけ〔アセ〕)でありました。参加者の中にはお子さんが何人かおられ、デモをやってたソフト、ピーナッツとアマンダストーリーだったかを楽しんではりました。うーん、あんなのを見るとCD−ROMドライブが欲しくなってくる。噂の関西人さんは3万円で手に入れたというし、倍速で98にもつなげるやつだったら定価で11万円・・・うーーん。

 それからEXPANDBOOKというハイパーカード用(?)TOOLとそれを使って作った商品スタックを見せていただけました。HyperTalkでやっているかなりの部分を代行してもらえるというすぐれものです。

またYAS.さんのスタック、SIM-JUICEと「自動券売機」のデモもありました。私もさっそくいただきました。(SIM-JUICEはいただいていたんですが、Classic2に入れてなっかたんです)(kingstone・ジュースの自動販売機や自動券売機を体験するソフト)

あとつくば花子さんからヤノ電子の出した(代理店として?)IntelliKeiesとかいう、20cm×30cmの中でいろんなキー配列を作れる入力装置を紹介していただきました。うーん、こいつは使えそうだ。値段が5万だったか7万だったか・・・学校がお金を出してくれたらいいんですが・・・・(その後、神戸であったイベントで見て「こら必要やは」とその足で大阪日本橋まで行って8万円で購入しました。この時、初めて信販のクレジットというものを使いました。そんな現金、持ってなかったので)

5時までの充実した時を過ごし、大岡山のオフへ。こいつはオフ会議室に書こうか。


久里浜日記6月13日

今日はハイパーカードに時間をつぎこむ気だったのに、午前中も午後も夕食後もたっぷり眠ってしまった。おかげで今14日の午前4時なのですが、眠れない・・・・ちょっとここんとこへんなパターンになってるなあ。

さて今日の特筆大書は短期研修生のSさんが、アドベンチャーツクール(アスキーの冊子と込みになったソフト。600円くらいだったと思う)にさわること2日目で充分実用になる教材を作ってしまいました。いちばん最初の所で少し壁があったみたいですが、その壁を大森さんの助けで乗り越えると後はすいすいだったそうです。
私ゃ今まで「そら大森大先生にはできても・・・」と思っていましたが、Sさんが作ってしまったのを見ると、「よーし俺も・・・」と思ってしまいますね。うーーん、また引き裂かれる・・・

今、アスキー(LOG IN 編集部?)に乗り込もうか、という話をしています。ひょっとして向こうから取材に来てくれないかな?

私自身はハイパーカードで下絵の上に何枚かのふたをつけて、それを一枚ずつめくって下に何があるかをあてあいっこする、ってのをまず作りかけていますが、いやあなかなかです。ふたはボタンにして下絵を見せる時にはHIDEにするようにしていますが、そうするとまた下絵をかくす時にボタンが押せなくなるので、座標を考えて作る必要が出てきました。(ひょっとしたらうまい手があるのかもしれませんが)こうなるとまるでBASICというかプログラミングの世界ですね。

「タイガースで行こう」の方は、「タイガースファンブック」というのを手に入れました。でも野球で算数の勉強、しかもうち(肢体不自由特別支援学校)の子どもたちに有効な、というのはどんな手があるだろう。

まず、「オマリーは背番1番」とかで数詞と読みの勉強。
阪神が4点で巨人が3点。どちらが勝ったでしょう。で多い少ない。
しかし、数字と量の関係についてがどうも頭に浮かばない。

あっ、そうだ。KINTAさんに「2点スイッチで使う教材を見せて下さい」とお願いしていましたら、何と私の「KOIKE 1」を2点スイッチ用に改良して下さってマシタ。そこで面白い話を聞きました。このスタック、正解すると小池先生(私の学校の素敵な先生です)が「正解」と言い、間違うと「ほんまあ、よく見てごらん」と言います。KINTAさんの学校の生徒さんは、間違いの時のKR情報の方が面白いと言ってわざと間違うとか(アセ)ま、楽しんでもらえてるみたいなので嬉しいな。

PEACHさん、小池先生に「東京の地でも小池先生の声が響いてました」とお伝え下さい。
posted by kingstone at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 久里浜日記1993年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久里浜日記1993年 6月8日〜10日

久里浜日記6月8日

 今日はニューメディアについてとCAIのソフト作りで気をつけること、なんて講義がありました。
 
 後はずーーっとMSXのソフトの目録作りをしてました。あーーしんど。
 とにかくこれを作り終えて、学校に持って帰れる分をコピーしてしまわないことには、次の「自分のソフトを作る」の段階に進めません。ああ早くその段階に進みたい。


久里浜日記6月9日


今日は講義がお休み。おかげでMSXソフトの目録作りが一段落しました。次はMSX-BASICで一からMENUソフトを作ってみようと思っています。

「タイガースで行こう」も作らなくては。CLASSIC2ではどうあがいてもきれいな画像が取り込めないことがわかって(たぶん白黒2値になって256グレースケールで取り込めなかった)、少しがっくりきてますけど。

しかしたいていの場合は講義が無い日の方が充実してるってのも困ったもんだ。
今まではあんまし講義に注文をつけませんでしたが、そろそろこちらも時間が無くなってきてますから、どんどん注文をつけていくかな。でもむつかしいのは、さあいよいよ大事な話に行くか、と思ってたら結局大事な話にいかないまま終わってしまう、ってことがよくあること。詐欺やがな。

松木先生が筋ジスの子に「今さら算数なんてやっても・・・」と思った時に考えた、と言われていたことで、「よく考えてみれば私たちだって一緒なんですよね」とおっしゃってたことが印象に残ってます。そうだよね。私たちだっていつ死んでしまうかわからない。役に立とうが立つまいが、せいいっぱいのことを、ゆったりとやっとかなきゃね。ゆったりとやるにしろ講師先生に時間泥棒されちゃかなわな
い。

所長講和で「自分以外みな師」という言葉を頂きました。いい言葉だな、と思います。ただこの言葉は「講師」「教師」という役割をとる人が「生徒」にあたる人に対して思う気持ちでしょうね。例えば教師が生徒に「自分以外はみな師なんだから俺の言うことをちゃんと聞け」ってのは笑い話だな、やっぱり。

MSXソフト目録の完成で少しゆったりした気分です。(うん、てわりにはきついこと書いてるか・・・)


久里浜日記6月10日

 おっとと今日もアップの許可をもらってないぞ。だから内容だけね。おっしゃったことなんかはなしね。

 午前中は栃木県立聾学校の手塚一郎先生の−タッチスクリーン・マウスの利用法−という講義がありました。私たちが実際に動かす教材FDを作ってきて下さって、実際にどうやったらマウスを利用したソフトが作れるか、というのを実習していきました。この講義もほんとに時間が短くてあっという間でした。私はあんましBASICで組む気は無いんですがそれでも面白いし確実に役に立つなあ、と思えました。手塚先生が現場で「こんなソフトを作りたい」という中でぶつかって来た疑問点を解決するコースをたどらせていただいたからじゃないかな。

午後は電気通信大学の松田昇先生の−特殊教育における知的CAIシステム−という講義がありました。

 いやーーほんと講義ってむつかしいですね。折角の人と人との出会いだからお互いのいいものを出し合おうとは思うのですが・・・講師の先生方もせいいっぱい自分のいいものを出そうと努力してはるのはわかります。しかしそれがこちらのニーズと合ってるかどうかは問題です。プロレスと一緒でお互いのいいものを出し合いながら盛り上げて、その中で素敵な出会いがあるといいのですがね。こちらがプロ
レスをやろうとして待ち構えていると、体育学概論が始まってしまうこともある。そういうのは3時間の講義の中で5分で終わってしまう内容ですね。

「あ、これ合わないな」と思ったら講義を聞かずに自分のことをする、という選択肢もある。しかしそれではあまりに寂しい。折角のであいのチャンスですやん。実際マットの上に出てくれば結構力をお持ちの先生方ばかりだとは思うのです。

大森さんも講師の先生方をマットの上にひきずり出そうとがんばってはります。私ももうちょいがんばってみようっと。

posted by kingstone at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 久里浜日記1993年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月5日(木曜日) こどもの日

 おはようございます。

 こどもの日なんですね。
 昨日・一昨日の憲法記念日やみどりの日も書き忘れてた。

 曇り。
 まさか黄砂で曇っているように見えるんじゃないやろな。

 今日は親鸞展に行きます。
 新聞小説の方は親鸞上人が雨乞いを頼まれたエピソード。
 断るだろうと思ったら引き受けたって!
 史実としてはあったのかなあ・・・

ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする