私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年04月24日

斉藤佑樹とかダルビッシュとか(豆粒みたい)

 今朝、新聞で楽天VS日ハムで斉藤佑樹が先発する、というので見に行きました。

P1010155.JPG

 表の看板。

P1010156.JPG

 外野で開門を待つ列。

P1010158.JPG

 ダルビッシュ。

P1010159.JPG

 ブルペンで投げる斉藤佑樹。(ほんま豆粒)

P1010164.JPG

 楽天VS日ハム。

P1010169.JPG

 クラッチとクラッチーナ。

P1010171.JPG

 先発メンバー。

P1010172.JPG

 がんばろう東北。

P1010175.JPG

 中田翔の打席。

P1010176.JPG

 カメラマンも分厚いジャンパーを着てました。

 結果は 楽天3ー5日ハム

 斉藤は2本の連続ホームランを打たれ、3失点でも勝ち投手。やっぱり「持ってる」んですかね。

佑ちゃん6回3失点で2勝目「今回も助けてもらった」

posted by kingstone at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道のありがたみを知っているものは、道のないところを歩いたものだけだ

「道のありがたみを知っているものは、道のないところを歩いたものだけだ」


 Twitterでたぶん誰かの格言を紹介して下さったもの。 

 これは山のクラブで山を歩いていた者として具体的実感としてあります。

「あそこに行けばいい」とわかっていて、しかし道が無くなってしまう(わからなくなる)ことがあります。道を探すこともありますが、しかたないので道のない藪の中を突っ切ることもあります。「藪漕ぎ」と言います。これは道を歩くよりどれだけ時間がかかり体力を消耗することか。まあ、何か楽しいので結構好きだったりしましたが。

 あと、道が無くなって岩をよじ登るって場合もある。

 道があるのは、どんな小径でもものすごく楽で早いです。


 で、肢体不自由特別支援学校でのコミュニケーション支援。これは道(先行事例)が無いわけではなかった。しかし、その情報は学校内に届いておらず、私は日本中の道を知っている人に尋ねまくって、地元に道を作って行ったわけです。で、この時も「パソコン使うな」「機械に頼るな」「そんなことより訓練が大事やろ」と反対されながら。

 知的障害特別支援学校では上のことにプラスしてTEACCH。これまた周囲には道(先行事例)を知る人はいなかった。(私の周囲ではね)で、やっぱり日本中の道を知っている人に尋ね回ったわけですが。これまた「あんなことをするやつあ人間じゃない」みたいな言われ方をしながら。

 どっちの場合も「普通の人が通る人通りの多い道」だけど「ある人々にはごっついしんどい道」をみんなが通れと言うのを、横に狭いけれど、すごく楽に通れる道を見つけて通れるようにして来た、そんな感じかな。

 しかし、今、道はほんまにできたんやろか?

 それから、あと、不思議なことがあってね。

 例えば8000m峰にしても、ロッククライミングの岩場にしても。本当に誰も登れない時は難攻不落なんだよね。ところが、誰かが登った、とわかると別に詳しい地図とかルート図ができたとかじゃなくても、あら不思議、どんどん続く人が出て来れる。まあそれだけパイオニアはすごい、という話でもあるし、できるとわかればできる、という話でもある。

ラベル:格言 
posted by kingstone at 14:10| Comment(7) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月24日(日曜日)

 おはようございます。

 いい天気だと思うのですが、すかっと青空ではなく一枚白い薄い膜がはってる感じ。

 今日はおめめどうは京田辺の思春期セミナー。

京田辺思春期連続セミナー

第四回のご案内
日時:平成23年4月24日(日) 14:00〜16:00(受付13:30~)
場所:京田辺市社会福祉センター
京都府京田辺市興戸犬伏5番地の8 TEL (0774)65-4961
内容: 「コミュニケーションを考える」
〜本当の気持ちをわかりあうために〜
      (前半:講義、後半:Q&A)
参加費1500円 定員100名

次回は6月19日


<第五回> 6月19日(日)「障害児・者の人権・選択活動から」
〜人生の主人公は、まぎれもない、その本人〜

会場のご案内
★お車でお越しの方:会場の駐車場は台数が限られています。 できるだけ乗り合わせをお願い致します。
★電車でお越しの方:近鉄 新田辺駅・JR京田辺駅より徒歩12分、 近鉄 興戸駅より徒歩7分です。
(バスは本数が少なく、時間が合いません)

申し込み&お問い合わせ先
e-mail jcotton.sasaki@nifty.com
FAX 0774−29−3897
自閉症者の暮らしを考える会 ハルスマイル (佐々木)あて

お名前(ふりがな)・ご住所・連絡先(e-mail・ FAX番号・電話番号いずれかでOK)・
お立場(保護者・教職員・福祉関係・その他)を明記のうえ、お申し込みください。
ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする