私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年04月21日

トンデモな人の見分け方

 Twitterである方がトンデモ(なんと言うか、どう考えても間違ってる変なことを言うって感じかな)な人を見分ける基準について、こうつぶやいていました。


「トンデモな人の特徴は… 1.とにかく色々断言 2.専門外のことも躊躇なく言及 3.専門外のことも断言 4.聞こえのよい言葉で表現 5.「実はまだ知られていませんが…」が好き 6.ソースが明確ではない  7.精神論をどっかに挟む」


 私にあてはめてみると・・・

1.とにかく色々断言  「します。」

2.専門外のことも躊躇なく言及 「う〜〜ん、これはどうだろ・・・って私に「専門」はあるのか?」

3.専門外のことも断言 「う〜〜ん、するかもしれない。」

4.聞こえのよい言葉で表現 「目指してます。」

5.「実はまだ知られていませんが…」が好き  「「実は」「実のところ」は口癖です。」

6.ソースが明確ではない 「私の話はほぼ「ソース俺」」

7.精神論をどっかに挟む 「大好き」

 結論「kingstoneはトンデモな人です」

 確かに昔ある人(私に好意的な方)からも言われたな。まあトンデモじゃなく「トンデモない人」と言われたのだけど。
posted by kingstone at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなことならできるかなあ・・・障害児支援とか学校支援とか

 私に何ができるんだろう・・・

 こんなことならできるかなあ、という妄想。

 
 例えばある学校の特別支援教室に行く。

 ぼや〜〜と見る。時にはお子さんと関わらせて頂く。先生方の授業もぼや〜〜っと見る。

 だいたいお子さんの「強み」「弱み」わかるんだよね。

 先生の「強み」「弱み」も。

 あと先生が授業で何をどうやっているかを見たら

1.大きなねらい
2.だからこういう方法を取った
3.それにお子さんがかくかく応えていた
4.それに先生がどう対応した
以下2.3.4.が続く。

はわかるよね。で、語られない先生の「ねらい」や「心の動き」またお子さんの「心の動き」も見えちゃうだよね。非科学的だけど、見えちゃう。で、その授業のどこが良くて、どこが間違ってるかもまあわかる。

で、後日講義の時間を頂く。(その日のことをまとめて、それに対してどう考えたらいいか、手立てしたらいいかも含めて。そしてまあ何というか、大人になった時にどうあってほしいかも考えて、ってしてたら時間はかかるから「見たその日の午後に」ってわけにはいかない。)

 で、講義で「そのお子さんの障害の一般論」と「そのお子さんに具体的にどう現れているか」を説明。そして、どうあって欲しくて、それを実現する手立ては何か、必要な物は何か、を具体的に伝える。

 また後日(これは翌日でも可)具体的に用意し、私がやって見せ、また先生にやってもらう。で、できることを確認。(もちろんできない場合もある。その時はまたあれこれ考える)
 
 で、後はお任せして、また後日、ふらふらっと現れて、またぼ〜〜っとにこにこ見せて頂く。

 もちろん、本当は講義は1回(1時間から2時間)ですむとは思えないけどね。何回か必要でしょう。また関わるのも。

 う〜〜ん、こんなことならできるかな。

 でもって、正直、自分のやることにどれだけの価格をつけたらいいかわかんないんだよね。こないだまでネタキリだった人だし。syunさんやハルヤンネさんのおめめどうの直接支援は2〜3時間で3万円という価格をつけてるけど、いやあキレアジとかで言ってもそこまで取る自信は無い。

 で、私は退職後時給800円の世界でやってきてたし。

 ほんとわかんないから、最初は保護者からの依頼だったら無料でやってみたいかな。

 で、学校からの依頼だったら・・・まずは時給800円は頂きたいかな・・・「そんなお金、学校の組織の中にどこにも無い」と言われるだろうと思いますが、だったら自腹切って頂いたらいいし・・・校長先生・教頭先生・担任の先生が自腹切ってくれたら1人800円でも3時間拘束できるわけだしね。結構お安いんじゃないかなあ。(もちろんもっと下さる、と言うなら喜んで頂きます)もちろん「物」とかは実費頂きますけど。でもだいたい「あるもん」活用しようとはするけどね。

 まあ、後日ふら〜〜っと行くのは無料でもいい感じかな。

 私、学校とかの公的研修で「タダ」で学ばせて頂いたことは少ないし、たいてい自腹切ってたし。

 で、できれば「歩いて行ける範囲」希望なんだけどね。(ってお前はどこにおんねん、って言われてもはっきりは書いてないけど。まあちょっと調べりゃばればれだけど)これは遠くに行くのがしんどい、というのもあるけど、なんかねえ、自分の住んでる地域を大事にしたいのよね。

 で、私、ブログでは結構「罵倒」とか「批判」とかしてて怖そうかもだけど、現実に会うとちっとも怖くないと思うよ。少なくとも「支援を求めている先生」の強みを引き出そうとすると思います。過去の「威嚇と暴力」を使ってた先生には容赦ないかもしれないけどね。

4月21日(木曜日)

 おはようございます。

 いい天気。
 昼に20度まで上がるとか。
ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする