私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年04月06日

バナー(?)を作る

 今日はおめめどうのホームページ用にバナー(?画像でクリックしたらそこのホームページに飛んでいくやつ)を作りました。

 結局、画像は画像(jpgとかpngとか)で、飛んでいくのはhtmlのソースに記述して飛んでいかせるみたい。

 今日作ったのはこんなのですが。クリックするとおめめどうのホームページに飛んで行きます。

       シェリー部長


 ほんとは、もっといろんな大きさや色のものを作りたかったのですが、いろいろと突発的なことが起こってもうだめ・・・

 とか言いながら、こんなん作っちゃった。



       bucyoulogosmallpink.jpg


 最初、GIMPではピンク色が塗れませんでした。すべてグレーになってしまう。これは画像モードが「グレースケール」になっていたせいでした。メニューバーの「画像」→「モード」でRGBを選んだら色が塗れました。これがわかるまで苦労しました。

posted by kingstone at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被災地の野菜が(も)来た 築地市場っていうお店

 4月1日(金)に「被災地の野菜を(も)買う 築地市場っていうお店」で注文した野菜が段ボール1箱で届きました。

 こないだ書いた通り、本体(とは言わないか・・・)1,780円で送料が945円の計2,725円。

 入っていた物を近所のスーパーの価格(さっき調べて来た)で見てみます。()内が近所のスーパー。


サニーレタス 茨城 (香川 198円)
太いネギ   鳥取 (鳥取 198円)
青ネギ    鳥取 (大分 128円)
小松菜    東京 (福岡 158円)
えのきだけ2袋 群馬(長野  196円)
水菜      茨城 (兵庫 128円)
キャベツ    群馬か埼玉(兵庫 158円)
ニンジン3本 茨城 (鹿児島  158円)
ズッキーニ  宮崎 (そんなしゃれたもん、近所で売っていない。ネットで 180円)
きゅうり4本 埼玉 (徳島 168円)
しいたけ   福島 (兵庫 158円)
エリンギ2袋 茨城 (長野 196円)
菜の花    千葉 (徳島 298円)

           計 2,322円

 ということで本体だけだとかなりお得。送料を入れると400円ほど高くなるけど、まあ支援金・義援金と思えば高くは無い、って感じかな。
  
4/11〜16発送 【産地応援・特別企画】『新鮮野菜10種+おまけセット』

 妻と「しかし段ボール箱一杯あると、食べきるのがたいへんかなあ。おすそ分けしたいところだけど、私たちは納得ずくで買ってるけどなあ」と話してました。知り合いが来て「かくかくしかじか」と言ったら喜んで貰って行ってくれました。



NHK教育「大人の発達障害」2 を見て

 NHK教育の「大人の発達障害」シリーズ、2日目。

 忘れてたけど、Twitterで「今見てる」みたいな発言を読み、見てみました。

 私が見た時は若い女性のアスペルガー症候群の方かな。

 働くことができず、現在生活保護を受け、親戚だかに「税金泥棒」と言われるのがつらいと泣いてはりました。

 逆に言うと、まあ税金を払えるレベルに行けるかどうかは別として、自分で稼げる場があったらいいよなあ。何かないかなあ。

 この方でも、コメントシーンに出てるやはりアスペルガー症候群の笹森さんにしても目をふせがちにしてしゃべってはります。笹森さんはひょっとしたら台本を一生懸命見てはるのかもしれないですが。「目は合わせたくない」という感じが私なぞは強く響いてきました。そういう方に「目を見てしゃべれ」ってのはきついだろうな。

 で、出てきた方、みんな、私なら会って「あ、この人高機能自閉症だな、アスペルガー症候群だな、ってパッとわかる」人は一人もいないなあ。

 あとで出てきた方、コメントの方たち、多くの方がその方の発達障害が「周囲の誰もが気づかない」「本人も気づかない」できて、二次障害が出て「うつ」だ「統合失調症」だ、として「それだけのために」薬を処方され、他の支援手段(環境を整える・自分に合ったスケジュールや表現手段の獲得)などを示されないまま来ていたことは確実だと思います。そのためにドクターショッピングを繰り返す人も出てました。

 これは「精神科医と自閉症」で書いたように「精神科医」は自閉症や発達障害について現状詳しくない、ということが大きくあると思います。今の「発達障害ブーム」で少しは変わるかな?

 ほんとね、私の主治医も「私は環境を変えることはできません。だから薬を使います」と宣言してはったし、私は私の状態に関してはそれで納得して治療を受けましたが、自閉症や発達障害の人に関してはその「精神科医としての基本的なスタンス」ではまったく無力なのは間違いないでしょうから。

 最後の方で当事者の方からのメールが読まれました。

「『大人の発達障害はなすすべがない』と言われてとほうにくれている」みたいな内容でした。(全然正確じゃないです。うろ覚えです)

 これもむつかしくってね。「風邪が治るみたいに治るってことはありません」と言われたのを、上のように聞き取っただけの可能性もあるのですが・・・でも「こんな手やあんな手があるよ。こんな支え合いの組織もあるよ」とかいうのが伝えられてないのは確実なわけです。

 えっ?「支え合いの組織なんて無い」って?じゃあ作ればいいだけのこと。

 これは確たる話では無いのですが現状の精神科医(小児精神科医じゃなくてね)に自閉症や発達障害の人は「頼っちゃ」いかんと思うのです。睡眠障害などで、睡眠薬の処方とかADHD関連での一部落ち着ける薬の処方とか以外。そんなもんなんだから。で、「一緒に学んでいく」姿勢が大事なのだと思います。

 しかし・・・周囲の誰も気づかず、本人も気づかず、精神科医も気づかない、ってのが問題で・・・う〜〜ん。

 最後の最後に小児精神科医(やっぱり小児精神科医さんなんですよね)の田中康夫さんがものすごく時間の無い中でさらっと「支援できる仕組み」とかなんとか、たぶん環境調整のことみたいなのを言ってはったような気がするのですが、そのあたり、もっと聞きたい部分でした。今回の番組では「困った状態」つまり「×」ばかりで「どうしたらいい」「◯」があまり見えなかったので。





 

4月6日(水曜日)

 おはようございます。

 とってもいい天気。

 昼は20度まで上がるかもしれない、って天気予報で言ってました。

ラベル:愛殺 天気
posted by kingstone at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする