私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年03月04日

今日のiMac Dock(アイコンの並んでいるの) ダウンロード iCal

 今日は量販店に行って、先日1時間つきあって下さった店員さんに「おかげさまで全部解決しました」とお礼を言ってきました。(本当は全部じゃなく「ほとんど」だけど)

 本当に、90日間は何度でもアップルのサポートに電話できる、とわかったことがすごく大きいです。

 おおお、今、iCal(カレンダーソフト)が「今日はこの本を返却予定」というのをアラームで伝えてくれた。これはありがたい。(もちろん自分で入力しておかないといけないけど)

 画面の下にアプリケーションやフォルダのアイコンが並んでいます。Windowsのデスクトップ上のショートカットみたいなもん。これはDockというそうな。メニューバーのリンゴマークをクリックすると上から5番目くらいに項目が出てきます。そこにマウスカーソルを合わすと、「左」「下」「右」に並ぶ場所を変えられます。(こういう機能はWindowsでもありましたね)

 ここに並んでいるアプリケーションのアイコンのうちで、使わないものは消したいし、ここに出ていないけどよく使うものは出したいと思いました。

 消す方は、アイコンの上でクリックし、画面上にドラッグアンドドロップすると消えました。これソフトそのものが消えないか心配だったのですが、すべてエイリアス(ショートカット)なのでその心配はないとのこと。

 出すにはDockに並んでいるアプリケーションフォルダの中のアイコンの絵をDockのアイコンの並びにドラッグアンドドロップしたり、Finderの中のアプリケーションフォルダや、その他のフォルダからソフトのアイコンをドラッグアンドドロップしたりすればOK。これらもすべてエイリアスになってるから本体を出してることにはならないので安心。


 それから、フリーソフトなど、ダウンロードして起動できたとしても、これはまだ本体にインストールしていることにはなっていないことがわかりました。だから、開かない、とか思って何度も同じソフトをダウンロードするようなことになっていました。

 最初ダウンロードしたら、「開きますか、開きませんか」みたいなアラートが出ます。また右上にハードディスクマークのアイコンができています。(このアイコンは、再起動した時には出ずに、Dockのゴミ箱アイコンのすぐ左のアイコンをクリックするとビヨーンと出てくるみたい)

 で、ハードディスクのアイコン(これはイメージファイルと言うらしい)をダブルクリックした時に開くウィンドウにソフトのアイコンとアプリケーションフォルダのアイコンが同時に出てくるものは、ソフトのアイコンをアプリケーションフォルダのアイコンにドラッグアンドドロップします。これでインストールできるソフトもある。

 ここから定かでないのですが、アプリケーションフォルダの出てこないものもあり、それは私はFinderのアプリケーションフォルダの中にドラッグアンドドロップしました。

 何にせよ、ダウンロードして起動しただけではインストールできてないんだ、という話でした。

posted by kingstone at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前略、離婚を決めました 綾屋紗月著

 図書館で借りて来ました。




 めっちゃ面白かった(という言い方でいいのだろうか?)です。

 綾屋紗月さんは、先日エントリにした「つながりの作法 同じでもなく違うでもなく 綾屋紗月 熊谷晋一郎著」の著者の一人。「前略・・・」には言葉は出てきませんが、アスペルガー症候群の方です。

 ひとりの女性の育ち、甘くせつない恋、セックス、結婚、出産、離婚、恋愛(?)の話。

 私は「美しい」と感じました。映画にしたいなあ。一般受けしないかなあ・・・・

 「アスペルガー症候群」「女性」という属性をお持ちの方にもお勧めだろうし、その他多くの方にもお勧めできる本だと思います。DV(家庭内暴力)にさらされている人にも。



反社会的行動(?)とか常同行動とかをやめさせる?

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 夫は、子どもに対して、社会的に好ましくない行為は、体罰を用いても無くすべきだと考えています。体罰はともかく、反社会的な行為は、対処法が難しいです。

 無視をしたり、他の行為に導く等、いろいろありますが…。 

 私も、危険を伴うことは、止めさせています。それ以外は、結構あまいです。

 あるホームページで、好ましくない行為(常同行為も含む)も、1度はその行為を強化して、その行為と名詞が結び付いてから、行為を止めさせると書いてありました。慎重に用いるなら、学ぶべきところは、いろいろあるような気がします。

 ふざけてしていることと、独り言のように必然的に出てしまうこととでは、対処は、異ならなくてはいけないと思います。

 反社会的な行為をしない子や大人の言うことをよくきく子を育てることは、子供にとってどのくらいメリットがあるのだろうか?わたしには、わかりません。

 自閉症を理解した上で、子供の意志は尊重しつつ、しつけもするのがベストかな。自信をを持って、一貫した対応をとれるよう努力します。

 こんなことを書きつつも、子どもにお勉強的なことをさせずには、いられない私です。子どもの実生活に役ことに、もっと力を注がなくてはと、わかってはいるんですがね。

 以前、大小概念や文字学習について、書いたんですが、少し続けてみて、ここでも自閉症の障害特性を強く感じました。子どもの場合、大小や長短や文字などは、予想したよりも、簡単に入りました。なんとなく、理解していたことなんだろうと思います。ただ、言葉での、表現の仕方が、わからなかっただけなのかもしれません。こんなことを書くと、お利口さんに聞こえますが、知的に幼い部分も沢山あります。

 発達上のムラを持ちつつ、成長していってるのが、よくわかります。
 どんなことでも、出来ることが増えるのは、非常に嬉しいです。
 
追記
 「好ましくない行為」をやめさせる方法というのは、それに「名前をつける」つまり「わかる」ようになってからやめさせる、ってことかな。「わからない」ならやめようがないですから。

 それとこういう技はあります。「好ましくない行動」の時に必ずある「物」を用意する。そしてそれがそのお子さんの頭の中でくっついた時に、「物」を無くすと「好ましくない行動」も無くなる。

 しかしなあ・・・ここでは「常同行動も含む」って書いてありますね。それをやめさせようとすることには私は基本的に反対です。それよりも「わかってできる」ことを増やす。その結果、常同行動が少なくなるかもしれないし、そのままかもしれない。でもそれでええやん、と思いますね。

 また「ややこしい技」は使うことを考えるのがたいへんです。なんて言うか「ふつうにできること」「かんたんにできること」を考えたほうがいいと思います。

 反社会的行動と書かれていますが、「問題行動」についての私の考え方は「問題行動」でブログ内検索して頂くといっぱい出てきます。

布製の棚(ハンギングラック)もともとTシャツ等を入れるもの

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 今日、繁華街にちょっとおしゃれな雑貨の店に行って来ました。
 何かいいもの無いかなあ、と回っていて目についたのが、キャンバス地(?)で作ったTシャツを入れる棚(??)

 こんなのね。



 カード型のスケジュールは、使えるようになると便利だから、つい具体物レベルのお子さんにも無理して使おうとしてしまうことが私はあります。で具体物でスケジュール提示をするにはどうしからいいんだろう、と考えるわけですが、カラーボックスは重いしかさばるし・・・・・

 ところがこのキャンバス地のだったら、軽くて取り回しは楽そう。まあ実際に使うようになるかどうかはわかんないのですが、買ってしまいました。5段のもので1700円でした。

 10段のもあって2500円。

 セーター用のそれこそカラーボックスみたいなサイズのも、ありました。


posted by kingstone at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2回繰り返すこと2

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ◯◯さん、こんばんは。
 皆さんがいろいろ考えてくださっていますね。

 □□君のような複雑な思考回路を持たない△△ですが、ひらがなの練習をすると、一度書いた文字の上を必ず逆になぞります。普通に書いたらまずまずなのに、二重書きになるのでへたっぴです。それで逆になぞる時はわりといいかげんです。

 これは一体どうしてなのか、考えても判りません。迷路や点と点を結ぶ課題も同じです。でも不思議なことに数字やアルファベットは1回のみです。○や×も1回です。

 競馬の馬が右へ走ると「左へ帰る」とも言います。
 2回やることで不安な気持を解消しようとしてるのかな。

 自閉症の世界は不思議だらけです。
ラベル:自閉症 書字

3月4日(金曜日)

 おはようございます。

 うす〜い雲は広がっているけど、いい天気のうちかな。

ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする