私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年03月02日

今日のiMac リッピング(DVDなどから編集できるデータを作る)

 次にDVDに記録した動画をパソコンに取り入れて編集しようと思ってもできない点。

 この種類のソフトを私は「動画変換」とか「vob mov」とかいう語で検索していたのですが、そういうのは「リッピング」というソフトの種類になるそうです。で探して下さって行き着いたのがここ。

林檎の樹

 有名なところですね。忘れていました。

OSEx

これは字幕なども抽出できるという。

 う〜〜ん、ダウンロードしてインストールしてみたけど、「予期しない理由で開けませんでした」とか出て終了。こらだめだ。


HandBrake


というのもありました。これはWindowsを使ってる人が言ってた名前だな。
ダウンロードしてみるとVLCを要求。

 あれ??これ全部こないだやった操作だ。

 う〜む、VLCをダウンロードしてきたら、やはり以前にダウンロードしていたものでした。何かで消してしまったのかな。いまいちどう動くのかわからない。なんせ全部英語だし・・・

 ソフト環境としては「いい線」まで来てるような気がしますが、操作がもひとつわからない。

 それとソフトをダウンロードとするともともとiMacの中にある「ダウンロード」という名前のフォルダに入るのですが、そのままにしておいていいもんかどうかがよくわからない。アイコンは「アプリケーション」というフォルダにドラッグアンドドロップしないといけないのは確からしいのですが、そのまま「ダウンロード」フォルダに入れておくと、何かの拍子に消してしまうことがあるような気がします。

 今日はもうこのへんにしといたろか〜〜、です。
 うまくいかないことが続くと疲れる。



posted by kingstone at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 iMovie AviUTL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のiMac SeaSore(ペイントや写真加工)

 iPhoto だと中に字を入れたりの加工ができないので、フリーのいいペイントソフトはないか、と店員さんに聞きました。

「それは市販のペイントショップとかになるんですが・・・」

と言いながら、検索をかけて探して下さいました。フリーソフトの相談にのって下さるだけでも感激です。

 で探し当てて下さったのがGIMP on OSX。
 あっ、これWindowsではダウンロードしてました。
 しかし、どこで記憶を間違えたのか画像変換ソフトだと思ってました。
 ダウンロードして(わざわざして下さった)見たら、ペイントソフトそのものでした。

 で、今、自分のiMacでも検索をかけてみたら、こんなのが目に入りました。

これは使える、Cocoa版GIMP「SeaShore」

・開くこのできる画像の種類が少ない。
・ツールが少ない。

という問題はありそうですが、

・日本語がそのまま通る

という点はめちゃ大きいかも。

 でダウンロードしてみました。

SeaShore

 おおお、使える!!
 テキストも入れられます。
 レイヤもあります。
 すごい。

 まあ、メニューとか何やかんやが全部英語ではありますが。
 いやあ、でも、これはありがたい。


posted by kingstone at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 iMovie AviUTL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の iMac iMovie の問題が解決された

 iMovieの立ち上げ時や、できたプロジェクトファイルをダブルクリックしたら「QTコンポーネントが見つかりません」と叱られる問題。

 以前は下記のような状態でした。

「ところが、このファイルをダブルクリックすると「QTコンポーネントが見つかりません。(中略)iMovieHDインストーラに含まれていますので再インストールして下さい」というアラートが出ます。それでもOKすると立ち上がるのですが、何か足りないのかと思い、アプリケーションの再インストールをしました。しかし結局同じことでした。これは何だ?バグか?」

 で、店員さんからはアプリケーションDVD(CD?)からのQTの再インストールを勧められました。

 そこで、もう一度アプリケーションDVDを入れてみましが、あれれ、これは以前やってみたことの繰り返しにすぎなくなってしまう。たぶんうまくいかないぞ。

 ということで電話サポートにかけてみました。「1回限りでなく何度でもOK」ということがわかったので気兼ねなくかけられます。

 で、やってみたのが、そのままの再インストールではなく、iMovieやコンポーネントを削除したうえでの再インストールとソフトウェアアップデート。

 やってみたところ、やった!!現象が起こらなくなりました。

 iMovie のバージョンは9.0.2になりました。
posted by kingstone at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 iMovie AviUTL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティアさんが「懲りたのでもう来ません」と言った話2

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneさん、おはようございます。
 ◯◯です。

 ボラさんの「懲りました」は、冗談ではありません。(顔つきや様子から)本当にしんどかった、もうやりたくない、という雰囲気でした。初めてのことだったらそう思いますよね、正直な方です。

 彼はプール介助はせず、その時間は女の子としゃべってばかりでした。でも多動の息子は結構喜んで追いかけっこを楽しんでいました。

 この会を作った先輩お母さんに「この子、使い物にならへんわ」と言われたある学生さんが、今では立派に代表をされているんですから判りませんね。

ダダ父通信、託児について」はお渡ししています。

※上のホームページ、私のiMac+Safariという組み合わせでは何故か文字化けして読めません。文字コードの関係かと思われます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ◯◯さん、どうもです。
 kingstoneです。

> ボラさんの「懲りました」は、冗談では
> ありません。(顔つきや様子から)

 ははあ・・・なるほど。

> 本当にしんどかった、もうやりたくない、と
> いう雰囲気でした。初めてのことだったら
> そう思いますよね、正直な方です。

 頑張りすぎはったんかな。
 で、燃え尽きた・・・・また自分のしたことがどれだけ価値のあることかはっきりとはわからなかったりした部分もあるかな・・・・

 でも、保護者の方にボランティアさんからストレートに言われたら、つらいもんがありますよね。そういう時には私みたいな中間的な立場の者がいたらいいですのにね。

川を渡る」って本の中の「お願いすること」という項目の中に
(引用開始)
 あなたは、世界は同胞たちの援助に意欲を燃やしている人たちばかりと思っていませんでしたか?拒絶はもちろんしょっちゅう起こります。
「お願いする人」はこの拒絶にでくわすことを覚悟しておかねばなりません。このような拒絶はお願いする人の責任であって、障害者たちに体験させるべきものではありません。もし彼らが過去において拒絶されて傷ついたことがなければ、それでもなお「お願い」を続けるかもしれません。「お願いする人」になれば、この経験をある程度共有することになるでしょう。
(引用終了)

ってのがあります。ほんま、そんなとき、中間的な立場が大事かな。で、子どもたちのこと理解してもらいたい。

 自閉症児託児活動「れもん」では、事前ミーティングと事後ミーティングで、ボランティアさんのやることややったことがどういう点で価値があるか、また困ったことはどう考えてどう解決していけばいいのか、そこらへんを理解して頂けるように腐心しています。やっぱりそういう点で、ストレートにはわかりにくいお子さんもおられますから。

 実は「れもん」を作ったきっかけに、ある方が一緒に何時間か遊んでもらうボランティアさんを募集して「一度お会いします」と言って来て下さったボランティアさんが、お子さんの多動ぶりに、その後連絡を下さらなかった、という事件がありました。

 そのお子さん、お客さんが好きだから、ボランティアさんが来た時にとても喜んでいただけなんですけど・・・・

 今、「れもん」に続けて参加して下さっているボランティアさんたちは、子ども達の素敵な理解者になって下さっていると思います。

> この会を作った先輩お母さんに
> 「この子、使い物にならへんわ」と言われた
> ある学生さんが、今では立派に
> 代表をされているんですから
> 判りませんね。

 私、「この先生、使い物にならへんわ」と言われてた先生です。
 (爆笑・・・実話です)

 「健康な人の常識(や文化)」の中で「使い物にならへん」と言われてたりした人が、いきいきと活動する場を提供できるように考えていきたいなあ、と思っています。

PEP-Rの施行から保護者への説明までを自主研修で見に行った

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 今日は某所(医療機関)で自主研修をさせて頂きました。
 やっぱりちゃんとした所で実際に自閉症の方が来られてる場で研修させて頂けるのはめっちゃ勉強になります。

 ところで今日(4月1日)は私の学校で今年度初めての職員会があったのですが、いきなり遅刻して行くという事態になりました。あらかじめ「研修に行くから」と教頭にも伝え、教頭から校長にも連絡は行き、はたまた何人かの先生に説明もしておきました。

 そしたら校長さん、忘れてて「何でkingstoneおらへんのか」と職員会の始めに言ったそうな。そしたら複数の先生が「kingstoneさんは勉強に行ってます」と言って下さったそうな。

 ありがたいことです。

追記
 PEP-Rを取る現場を見学できる所を探し、遠いけど行って来ました。別に「見学会」とかやっているわけではなく、ごく普通に検査しているところに入らせて頂いたのです。4月1日というのは校長はじめ職員一同気合の入る会議ではあるのですが。

 なお、この校長の発言は、記憶の障害があってのものでした。(周囲はまだみんなはっきりはわかっていなかった)また私だけにでなく、ほぼ全職員にパワハラをしていたのですが、それも脳血管の障害があったからのようです。(貶めるために言っているのではありません。それやったら仕方ない面があるかなあ、ということです。数年前に倒れて治療を受けてはりましたから)

2回繰り返すこと

 大昔の話です。
 
 特別支援学級にいた頃。


 ◯◯さん、どうもです。
 □□です。

| いろいろ試してみます。△△の場合、どれがうまくいったのかはわからないけれど
|いろんな情報を少しずつ消化してルールを理解していくタイプのように思えます。

 向かい合った1人での理解と、複数の中での理解ともだいぶ違うようですので、その辺の注意もいりますね。

| それともう1つ気になるのは、以前□□さんがおっしゃっていた、AA君の行動は
|2回が一組になっているということ。(表現は違うかもしれませんが)
|これも思い当たることがあるのです。
| △△の場合誰かが泣いた時、もう一度誰かを泣かせなければ終われないような
|のです。
|それは必ずしも泣いた本人でなくてもいいのです。転んだ時や犬に吠えられた時も、
|もう一度転んだり、電柱に頭をぶつけて自分に痛い思いをさせようとするのです。
| 割れてしまったものも、そのままほっておくともっと粉々にしたり、もう1つ割っ
|たりします。
| 
| 視覚的連想と2回繰り返すことには、どういう関係があるのでしょうか?

 この2回、他にもおられるので、少数派ではありますが案外多いのかな。

 我が家の場合、2回繰り返すのを確認したのは1歳過ぎ、変わったことをするなと思った初めです。

 やはり本当の所は分かりませんが、コミュニケーションがとれず、ものの意味が分からない、そんな中で、なんとか自分だけでその痛さなどから気持ちを収めるのに、視覚記憶に残る動きをもう一度確認する事ぐらいしか、とれる方法は無かったようにおもいます。

 突然のハプニングを、分かっていて起こす同じことで、記憶の上書きするんでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 □□さん、◯◯です。

 △△の行動は自分はこんなに苦しいんだとアピールしているように思えてしまいます。普通の世界に置換えて考えてしまうからわからないのですね?
 
 まだ、私は△△の深いところまで見えていないようです。


追記
 2回繰り返すというのは「失敗」とか「不快な体験」に多いようです。そこで2回目がいい体験になるように、あれこれ工夫してやっていくことを我々はリベンジと呼んでいました。ちょっと不適切かな?もとの意味は「復讐」だから。

3月2日(水曜日)

 おはようございます。

 曇り。
 分厚い雲が空を覆っています。

ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする