私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年03月30日

特別支援学校で担任が変わったこと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 □□さん こんにちは!  AAです。^^

> △△の担任はそのまま持ちあがりでした。
> 「1年目でこりたかな?」って思っていたけど
> なにはともあれ、もう一度付き合ってくださるということは
> 前向きに考えられると思い 担任に対して  
> ある意味感謝の気持ちをこめてスタートを切らせていただきました。

 う〜〜〜クラスに4人おられた先生、3人替わられました。
 2人は肢体さんのクラスに行かれました・・・。
 もう1人、チーフだった先生は隣のクラスに移られました。

 1年間、私なりに一生懸命お話してきました。先生に読めと言われた本も読みました。
でも、私がお渡しした本は読んで貰えなかった・・・。(時間がなくて、とおっしゃり返されたり、戻ってこない事も・・・。)

> きっと良い意味で深いお付き合いができると思います。

 いつもね、まずは信頼関係って思うんですけど、逃げられちゃいました!!^^;

> AAさんの「プライドは・・・」のお話 苦笑でした。
> AAさん 好きでっせ!!!   (~o~)V

 ありがと-♪ 分かってくれる仲間が居ることって、すごいパワー貰えます。

> でも よくよく考えると 自分もイロイロあるわな・・・(^^ゞ
> 今年はすこし大人になって頑張りたいです。

 うちは、自力で少年期の仕上げかなぁ〜
 うーーー辛い!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 BBさん こんにちは!  AAです。^^

>  長男が小学生の頃、わからずやの先生を障害児学級の保護者みんなで追
> い出したことがあります。追い出したなんて言葉が悪いですが、校長に直談判した
> ら、次の年度には担任が変わっていたんです。
>
>  こういうのは悪い例かも知れませんが、最悪こういうこともアリかも?

 うちの特別支援学校でアリだとすれば・・・先生いなくなる・・・・・・・悲しいです。

 って、取りあえずね、入学式や始業式の携帯スケジュールを作って、△△に持たせてくれた先生に感謝して、ぼちぼちいきます。

 たとえ、「こうちょうせんせいのおはなし」 「こうとうぶ」「ちゅうがくぶ」とひらがなで書いてあるだけの写真帳でも・・・。

『遊びのスペース』と称して、教室の真ん中に、ウレタンマットが敷いてあっても・・・。

去年の教室にはなーんにもなかったんですから・・・。


追記
 本音で話し合える、ということ大切やと思いませんか?

担任がそのまま持ち上がった

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ◯◯さん、みなさん こんにちは。

 某地域の息子の学校のうるさい保護者代表(^^ゞの□□です。

「話し合う」って ほんとに大切ですよね!

 △△の担任はそのまま持ちあがりでした。
「1年目でこりたかな?」って思っていたけどなにはともあれ、もう一度付き合ってくださるということは前向きに考えられると思い 担任に対して  ある意味感謝の気持ちをこめてスタートを切らせていただきました。

 きっと良い意味で深いお付き合いができると思います。

 AAさんの「プライドは・・・」のお話 苦笑でした。
 AAさん 好きでっせ!!!   (~o~)V

 特別支援学校いろいろあります。
 教育者の頭って 硬いわ〜ってほんま思うこと多いです。 (先生方ごめんなさい。でも ここは大丈夫ですよね?!)

 でも よくよく考えると 自分もイロイロあるわな・・・(^^ゞ
 今年はすこし大人になって頑張りたいです。

 ここの先生方 たくさんお話 聞かせてください。   m(__)m

3月30日(水曜日)

 おはようございます。

 うす〜い雲がかかってますが、基本的にはいい天気みたい。

 今朝は、肩の痛み(五十肩の)で目が醒めました。五十肩は続いてましたが、その痛みで目が醒めたのは初めてです。
 まいったな。

ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

海洋天堂(自閉症者が出てくる映画 ジェット・リー主演)2011年夏公開

「海洋天堂」ジェット・リー主演 

2011年夏公開



 ある方が海外で見られて、「うちの子にそっくり」と思われたとか。

ラベル:自閉症 映画
posted by kingstone at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏人の逆襲 松本哉著

 図書館で借りて来ました。



 リサイクルショップをしながらいろいろなイベントをやったりしている方。貧乏生活をするための様々な知恵を書いてはるんですが、「いや、ちょっとそれはできんやろ」みたいなのも多いです。でも参考になることも。

「メディアを勝手に作ろう」ってのはなかなかいいかな。

・新聞雑誌を勝手に創刊
 一般的なことじゃ勝負にならないから、徹底的に自分の研究しているというかオタクなことでってことだと思います。
 著者の作る小冊子は知り合いの店に置いたり、路上で勝手にブースを出したりして1000〜2000部売れるとか。1冊200円で売って、20万円〜40万円の売上か・・・

・ビラ・チラシ・フライヤー
 地域限定だとインパクトがある。フライヤーって知らないな、と思ってWikipediaを調べたら、なんだビラ・チラシ・フライヤーって全部同じものなんだ。フライヤーは飛行機で撒いたからみたいで、デザイナーさんが使うことが多いって。

・印刷は安くできる
 青少年センターだとかボランティアセンターだとか。

・YouTubeへの動画アップ。

・インターネットラジオ
 そういうのもあるのか。で、ここには書かれてないけど、今なら映像でUSTREAMを使う手があるな。

 「下手な事務所やフリースペースだとすぐつぶれる、やはりショップ。」

 なるほど。あと商店街だとか町起こしだとか町内会だとか祭りだとかの利用。コミュニティ作りやな。こんなのやってはるんや。

素人の乱

 ドキュメンタリー映画もあるんだとか。




posted by kingstone at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする