私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月12日

iMac 今日の設定

 まずTwitterについて。「夜フクロウ」はウィンドウが小さく1個しか開かないので使いにくいな、と思っていたら、何のことはない、今まで使っていた「ついっぷる」はWebで使っているのだからMacでも問題なく使えたのでした。「夜フクロウ」はたぶんiPhone用に使い勝手が良くできてるんじゃないかな。

ついっぷる

 LANでつないでいるWin機から持ってきたプレーンなテキスト(.txt)がテキストエディットでもダウンロードしてきたmiでも読めないという事態になりました。コードがshift_jisとかと違うみたい。ググってみたら「Safariで読め」というのがあって、やってみたらきれいに読めました。そこからコピーペーストすれば編集できます。

 語句の一括置換はmiで簡単にできました。

 キーボードは、小さいように見えて、実は今まで使っていたフルキーボードとキーピッチはそんなに大きく変わりません。しかしキーストロークが小さいので少し打ちにくい。現在、結構肩が凝ります。またテンキーは無いので、テンキーをよく使う人は別のキーボードを買ってくる必要があるでしょう。

 マウスは、「見た目スタイリッシュだけど、実際使ったた使いにくいだろうな。すぐに別のマウスを買って来なくちゃいけないだろうな」と思っていました。しかし使ってみるとなかなか使い易い。少なくとも今まで使っていたSANWA SUPPLYの大きなマウスと遜色はありません。

 それから.txtのファイルはテキストエディットではなくmiで開くようにしたいのですが、それは.txtのファイルを右クリックし、「情報を見る」のウィンドウを開き「このアプリケーションを開く」をmiに変更し、その後で「すべてを変更」のボタンを押すことで実現できました。そして、この操作をするとツールバーから「ファイルを開く」では読めなかったテキストファイルもちゃんと読めるようになりました。これでいちいちSafariで読む必要が無くなった。

 で、ここまでは「すいすい」という感じで来たのですが・・・

 プリンタの CANON PIXSUS MP270 のドライバ(?)を入れようとしてつまづきました。ドライバの入ったCDを入れ、セットアップをしようとすると、管理アカウントのパスワードを聞いてきます。でいくら入れても拒否される。(今から思うと、あれじゃったのじゃないか、というのが思い浮かびますが)ヘルプを見ると、OSのインストールディスクを入れて再インストールするように書いてある。で、再インストール。これがかなり時間を取りました。しかも、途中ツールバーをクリックして変更しなくてはならないところを、アクティブなウィンドウばかり見ていて見落としてしまし、再再インストールするはめに。ここでものすごく時間を取ってしまいました。で、管理アカウントは変更に成功したものの、その次からキーチェーンのパスワードというのをいちいち聞いてきてうざいったらない。これはファインダー→アプリケーション→キーチェーンアクセスを開いて設定することで聞いてこなくすることができました。

 なお、システムの再インストールをしても、データは消えませんでした。しかし、ダウンロードして使えるようにしたはずのOpenOfficeはどこに行ったのかわからなくなってしまい、再ダウンロードしました。ダウンロードしたアプリケーションでも「夜フクロウ」はちゃんと残ってたんですけどね。

 Win機だったら、ここでのひっかかりは無かったんじゃないかな。

 次はアドレスブックのアドレスの移動。Win機のBecky!2のアドレスブックのデータはテキストファイルにすぐできたのですが、それをMacのMailのアドレスブックにはスコンとは読み込めません。データの並ぶ順番とかが違うみたい。そこでテキストファイルを開いていちいちコピーアンドペーストでアドレスブックのカードとやらにデータを移していくことが必要でした。

 幸いなことに、引退してるから移すデータは多くないのでやっちゃいましたが。

 ふ〜〜、今日はここまでやな。

 アプリケーションを移動する時はコマンド+タブで移動できます。しかしSafariで複数のウインドウを開いている時に、ウィンドウ間を移動するキーボードショートカットがわかりません。ググるとコマンド+F1とかコマンド+`とか出てくるんですが、どちらでも私はできませんでした。

 まあ「タブブラウザ」という名前があるくらいだから、もっと違う便利な使い方があるみたいな感じではあります。
ラベル:Mac
posted by kingstone at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単な「セキュリティ」の知識 無線LAN 2

「簡単な「セキュリティ」の知識 無線LAN,iPad,Android等」の続きです。

 障害のある方にパソコンをフィッティングされている石川さんが、私に返信を下さったものの一部です。いまいち私に理解できていない部分はあるのですが、大事な話かなあ、と思いエントリにします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>  私も、何となくですが無線LANは情報が漏れる(例えば家の外にあるパソコンから私の共有設定にしているハードディスクが覗ける)ような気がして恐くて有線LANのままにしてました。

 ノートパソコンをお使いでしたら,「無線 LAN」は超便利ですよ〜!私も当初は「無線なんて……」と思っていましたが,「線を1本つなげずに済む」というだけで,こんなに違うものかと感じました。気が付くと,小型の PC を持ち歩きながら調べものしていたりします。

>  石川さんのPDFを読むと「暗号鍵が漏れていなければ大丈夫」ということなのかな。

 ハイ,通信が暗号化によって保護されていれば,「暗号鍵」が知られない限り,接続できない仕組みになっています。ただ,PDF にも書きましたように,「鍵を(解析によって)こじあける機械」もなくはないので,「絶対」とまでは言えないのですが。

 最も使われている WEP という暗号化方式は, 既にその「解析機」ができてしまっているという話です。次世代の暗号化と言われている AES(だったかな)とか TKIP などの方式は,まだ「解析機」の話は聞きません。ただ,実際に使っているとちょくちょく切れるうえに,古い子機では対応していないので,私も結局 WEP を使っているのですけど。

 紙面の都合で詳しく書けませんでしたが,PDF にある漏えいのケースの2番目の条件「ウイルスが勝手に外部に送信してしまう」のは,フォルダを「勝手に共有可能にしてしまう」ということのようです。

 本来は「共有可能になっていないと,外から見えない」ことになっています。具体的には,適当なフォルダで右クリックし「共有…」という項目を選択し,「□ 共有する」 にチェックを入れると共有されます。以降はそのフォルダ(内容)が外部から見えることになります。

 共有を「プリンタ」でやるのが「ネットワーク・プリンタ」です。

 XP では, 元々コンピュータに1つずつ「共有フォルダ」が用意されています。本来はそのフォルダ以外は外から読めないはずなのですが,ウイニー&ウイルス感染していると,他のフォルダも勝手に共有できるようにしてしまう……ということのようです。

>  まあ野良LAN(?)とかいう名前で無料で使われてしまうこともあるらしいですが。それだけだったら実害は無いもんな。(速度が落ちるとかいう問題は出るか)

 暗号化していない無線接続も,時々見かけますね。パソコンで,親機一覧を表示させると,見ず知らずの「親機」が表示され「暗号化なし」などの表示が出ていて,接続できちゃったりします。ただ,それを使うと,自分の送受信しているデータも確実に相手から見えてしまうので,私は使う気は起きませんが。

 外部の者に勝手に使われた場合,「悪用される」と恐いです。見えないところで勝手に無線 LAN に接続されて, 脅迫や迷惑メールを出されると,「実際に誰が発信したのか分からなくする」ことが可能になってしまうわけです。親機を持つ自分が発信したことになってしまいます。

 逆に,それなりに「把握できるユーザー」を使わせようという考え方もあります。FON と呼ばれる無線ルーターを持っている人は,別の人のFON ルーターにも接続できるようになるという話です。それなりの登録をした人は「どこででもネットできるようにしよう」という発想です。

-- 以下署名 ---------------------------------
石川 雅章 / ISHIKAWA Masaaki
(TREEWARE; 機械オンチのための福祉技術支援)
URL ◆ http://treeware.jp-help.net/
〒 ◆ 182-0023/Tel & FAX ◆ 042-485-8959
Addr. ◆ 東京都調布市染地 2-26-45 大井荘 2-F
E-mail ◆ 相談
(上記“(a)”を @ に置き換えてご利用ください)

−−−−−−−−−−−−−−−
posted by kingstone at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1995年2月12日

1995年2月12日


○○         RE:実家は「半壊」
(18) 95/02/12 00:10

 居住可能でしたか。どっちかわからない状態でお住まいになってた間は気持ち悪かったでしょう。よかったですね。(^-^)

 なんでも区役所の調査では外部しか見ていないために、罹災証明の被害の認定でもめて、一部家屋では調査のやり直しとか。どう認定されるかがお金にかかわってくるので、シビアな問題ですわな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
O               RE:RE:私自身のこと(1)
(14) 95/02/12 18:54

>> 生徒1名死亡判明。

こんなこと聞いていいのかどうか迷ったのですが、どんな障害のあるお子さんでどんな状況だったのでしょう。というのも、家が崩れて一瞬に亡くなられたのならどうしようもないのですが、たとえば、肢体不自由障害のある生徒さんで、避難途中に亡くなられたのなら、今後われわれも教訓としなければならない事があるかもしれないと思ったからです。

 プライバシーにかかわる問題なので、可能な範囲で結構です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
知的障害特別支援学校   RE:RE:私自身のこと(1)
(14) 95/02/12 21:39

 亡くなった生徒は即死だったそうです。
 地震で家が全壊。両親は2階に寝ていて、数時間後に救出されたものの、1階に寝ていたH君は、弟とともに助かりませんでした。彼自身、何が起こったのかわからないままに、天国へ行ってしまったのでしょう・・・
     
 兵庫県教委の発表したデータでは、障害児学校在籍の死亡者は1名でした。
posted by kingstone at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1995年2月11日

1995年2月11日


知的障害特別支援学校教師からの報告 RE:私自身のこと(1)
(14) 95/02/11 14:41 154へのコメント

 私もkingstoneさんに倣って、自分自身のことについて(学校の動きも含めて)まとめて書いてみようと思います。
    
・1月17日(火)地震当日
 家の中に散乱した食器や本を、とりあえず危険のない程度に片付け、午前10時ごろ学校へ。思ったより多くの職員(3〜4割?)の職員が出勤しているのでびっくり(いずれも被害の少なかった地域から自家用車通勤の職員)。聞くところによると、道路はスイスイで、停電で信号も止まっていたので、ふだんより時間がかからなかったとか。
 まずは児童・生徒・職員の安否と校内の被害状況の確認に全力。
 終日、テレビをつけっぱなしにして、なかなか繋がらない電話と格闘。
   
・1月18日(水)
 当面、学校では午前10時から職員打ち合わせ(もちろん、行ける職員のみ)、児童・生徒・職員の安否確認に全力を挙げ、その後は(自分の家族、親類も含め)救援、復旧活動をしても構わないとの指示。
 終日電話での安否確認。
 学校職員による救援体制発足。
 生徒1名死亡判明。
   
・1月19日(木)
 手分けして、安否が確認できない児童・生徒・職員を訪問。
 私は小学部児童数名の安否確認のため、徒歩で兵庫区、長田区へ。
 この日までに全員の消息を確認。
   
・1月20日(金)
 午前、学校。
 午後、電車とバスを乗継いで、初めて自分の実家(灘区)へ。周囲の惨状に言葉もない。
   
・1月21日(土)〜22日(日)
 自分の実家、弟一家(いずれも灘区)の救援活動。
   
・1月23日(月)
 午前、午後、学校。
   
・1月24日(火)
 午前、学校。
 午後、おむつを友生養護学校へ(道路は比較的スムーズ)
   
・1月25日(水)
 午前、学校。
 午後、小学部児童の避難先へ救援物資(大渋滞に巻き込まれる)。
 亡くなった生徒の遺体安置場所へ行き対面。家族には会えず。
   
・1月26日(木)
 午前、担任している北区内の児童宅へ家庭訪問(2軒)
 午後、おむつを老人施設と産婦人科病院へ届ける。
   
・1月27日(金)
 この日から定時出勤の指示。
 学校開放、施設内臨時分教室が始まる
 亡くなった生徒の出棺、火葬へ。
   
・1月28日(土)
 午前、学校。
 午後、実家の救援。
   
・1月29日(日)
 実家の救援。
   
・1月30日(月)
 午前、担任している北区内の児童宅へ家庭訪問(2軒)
 午後、学校。
   
・1月31日(火)
 学校再開(2月10日まで午前中のみの授業)
   
************************************************************************
 わずかなメモと、怪しい記憶(^^;)を頼りに再現してみました。
 こうして見てみると、学校にいる時間が多いことと、毎日しっかり自宅に帰っていることがわかります。不眠不休で野宿も厭わずに活動しておられる方も多い中、もっといろいろなことをすべきではなかったかと反省しています。
   
 私の場合、職場のすぐ近くに住んでいるので、毎日まず学校へ行って、その日の状況を確認してから、その日の行動を決めるという形になっていました。
 25日以降は、被災地域の児童・生徒への救援と、被害の少なかった地域の児童・生徒への対応(家庭訪問、学校開放等)を平行して行うという体制になりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
知的障害特別支援学校教師からの報告   実家は「半壊」
(18) 95/02/11 12:35

 いろいろアドバイスを頂いていた、神戸市灘区にある私の実家ですが、一昨日危険度判定士の方に見てもらい、居住可能のお墨付きを頂いたそうです。
 まずは一安心です。
 一応骨組みはしっかりしているようですが、屋根瓦が相当数落ち、壁には亀裂、ブロック塀が隣家に寄り掛かっている状態で、修復には時間もお金もかかりそうです。でも、住める家が残ってよかったと、皆で喜び合っています。
 区役所へ罹災証明をもらいに行ったら「半壊」という認定だったそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○○           生徒会の義援金について
(14) 95/02/11 18:21


 某肢体不自由特別支援学校のkingstoneの実名さん含め、養護学校関係の方へのお願いなのですが、私の勤務しています南山城養護学校の生徒会の仲間(小学部・中学部・高等部から役員が選ばれています)が、自分たちで学校内で放送や訴えを行い、お小遣いなどから、たくさんの義援金を集め、模造紙に『がんばれメッセージ』も書くなどの取り組みを行いました。

 そのお金の送り先についてなのですが、このボードで出されている『神戸地区障害児学校義援基金』でも良いのですが、出来れば特定の養護学校・生徒会宛という形でしたい、との担当教員の思いです。その方が、子ども達も、自分たちの集めた義援金が、どんな友達に具体的に生かされるのか分かりやすく、今後の交流も含めた発展もあるやもしれないということです。管理職の判断もあるので、阪神地域の肢体不自由養護学校で、具体的にそうした内容を受けとめていただける学校のご紹介や連絡などで、お力を貸していただけないでしょうか?。

 複数の候補がありましたら、本校の担当教員と管理職で選定など判断させていただくことになります。その上で、生徒会の役員の生徒1名と担当教員が当該校を直接に訪問させていただきたいとの希望もあります。

 いくつもの条件で、誠に申し訳ないのですが、よろしくお願い申しあげます。
   
 連絡先は、このボードを使わせていただく形でもかまいませんが、以下に書いておきますので直接でも、メールでも結構ですのでお願い申しあげます。

 〒619-02 京都府相楽郡精華町山田
  京都府立南山城養護学校 内  ○○
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
kingstone              RE:生徒会の義援金について
(14) 95/02/11 21:19

 ○○さん、どうもです。

 南山城養護学校さんには先日も紙おむつ等を支援いただき、たいへん助かりました。特に某先生が薬局との激しい交渉のすえ、エリエールのスーパービッグを多数援助して頂くことができまして、たいへん助かっております。

さて
>> 出来れば特定の養護学校・生徒会宛という形でしたい

ということで、かつ肢体不自由養護学校ということになりますと、かなり学校が限定されてきまして、その上で被害が大きい学校となりますと「神戸市立友生養護学校」になるのではないか、と思います。ただし、私自身も自分の学校のことで精一杯であまり他校のことはよく知らないというのが本当のところです。

 また被害の状況などは、建物の問題だけではないところもあると思います。そうなってきますと、他の兵庫県下の養護学校もよく取材をしてみないとわからない、ということになってくるかと思います。(今回、三洋電機さんからの支援をとりつぐ過程で痛感しました)

 某肢体不自由特別支援学校学校の場合でいいますと、個々のケースを見るとたいへんな家庭などもあるのですが、全体とてしみれば被害は少ない方であると思えます。(もちろん個々の家庭の問題に立ち入ってくると頭をかかえる問題が山積みになっています)

 一応の連絡先を書いておきます。

 神戸市立友生養護学校  TEL

他の学校の連絡先は「全国養護学校調査」(?)とかいう名前の冊子が職員室にあるかと思いますので、そちらで調べて頂けるとありがたいですが、必要ならアップしますので、言って下さい。

 各学校に通信を熱心にする人が2〜3人ずついてくれるといいのですが、私もいろいろ宣伝はしているものの、なかなか広まってはいきません。ですから、どうしても情報の偏りが出ますね。

posted by kingstone at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1995年2月9日 2

1995年2月9日 2

 記録しそこねていたのがありました。


○○         RE:義援金送りました。
(14) 95/02/09 22:27

 今度の震災被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 私の勤めている東京都立墨東養護学校でも生徒会が自発的に義援金集めを企画し、集めていました。(少額ですが)

 送り先はできれば同じような養護学校に送りたいと申しておりましたので生徒会担当の先生に口座を開設する準備をしていると伝え、今の所は事務室で預かってもらっています。しかし、月曜日に監査があるので事務室がおびえてしまって金曜日中に送り出してくれと今日言われました。できればkingstoneの実名先生のアップして下さったところへ…と思っていたのですが、まだ口座ができていないようで一般向けに送るしかないのかなぁと思いました。
どちらへ送ったのでしょうか?よろしければ教えて下さい。>□□先生
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
△△          RE:義援金送りました。
(14) 95/02/09 23:38

「障害学校復興義援金」の口座がまだ開設されていないようでしたら、某肢体不自由特別支援学校学校まで現金書留で送られたらよいかと思います。そこには某kingstoneの実名先生がいらっしゃるので義援金の交通整理等をしていただけるとのことです。
 宛先
  住所
  某肢体不自由特別支援学校学校
  校長の実名先生
  又は kingstoneの実名先生
  詳しくは TEL
       FAX
           まで直接お聞きするとよいかも
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
165/166 HGD02033 ○○    RE:義援金送りました。
(14) 95/02/10 00:32

 ありがとうございました。
 早速明日担当へその旨お知らせしたいと思います。
 当方の事情で忙しい中ご迷惑をおかけするのは心苦しいのですが、
 ひょっとするとkingstoneの実名先生にお手数をかけることになるかもしれません。

 そのときはどうか宜しく御願いします。
      監査があるからという理由に?と思っている○○でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
kingstone          ある地域障害児諸学校救援基金について
(14) 95/02/10 21:09

ある地域盲・養護学校会長 校長の実名

○○さん、△△さん、ありがとうございます。
送って頂いたお金は復興のために有効に使っていきたいと思います。

また

クニ様

より救援基金にご送金下さいました。ありがとうございました。

今回は、ある地域の障害児諸学校の復旧並びにさらなる発展にむかって、「ある地域障害児諸学校救援基金」を作ろうとしています。郵便局では今回の地震のため
業務がたいへん遅れているようです。今日の時点で口座開設の報告は来ておりません。そこでもし趣旨にご賛同下さり、支援して頂ける方は、口座開設までは下記のところまでご送金下さればありがたいです。また口座が開設できましたおりには、振り込んで頂けるとありがたいです。しかし、くれぐれもご無理をなさいませぬよう、よろしくお願いします。

             記

「ある地域障害児諸学校救援基金」
 住所
某肢体不自由特別支援学校学校
校長 校長の実名宛
(注・基金募集の責任者としては「ある地域盲・養護学校会長」の肩書を使っておりますが、郵送して下さる場合は「校長」の肩書の方がわかりやすいと思いますのでよろしくお願いします)

なお、報告は本校のkingstoneの実名よりさせますのでよろしくお願いします。

連絡担当 kingstoneの実名
TEL
FAX

代理アップ kingstoneの実名
------------------------------------------------------------------------
ここからはkingstoneの実名の文です。といっても上の文も基本的には私が書いてますので、文章のおかしいところなんかありましたら私の責任です。

まあ、お金を管理するという重責には私はよう耐えないので、うちの校長をひっぱり出してきたわけですが(こういう場合は「校長」という書きかたでいいよね?外に向かって書いてんだから)どこどこのの学校園で使わせて頂くか、というような連絡調整という頭の痛い問題を校長にしょいこませることになっています。私は基本的に被災した障害児諸学校ということで「ある地域」という枠も外していいと思っています。まだ正式に口座が開いていませんが、合計70万円も送って頂いています。「ある地域」以外に広げると分ける学校の数は増えるので額は少なくなるかもしれませんが、各校とも被災していることに違いはなく、ありがたく使わせて頂けることに違いはありませんから。一校あたりの額が少なくなっても額の問題では無いと思いますから。

「視覚障害会議室」を覗くと盲学校では別のネットワークで募金がありそうですから、盲学校さんはそちらでしていただいて、肢体不自由・知的障害・聾学校で利用させて頂くか、とかいろいろ悩みはあります。

また、みなさん、特に送って下さった方、また盲学校の方ご意見がありましたらお聞かせ下さい。(ご意見の通りできるかどうかはわからないわけですが・・・)
posted by kingstone at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異文化コミュニケーション

 大昔の話です。
 特別支援学級にいた頃。

 こんにちは、○○です。

 今日連絡帳に、介助員の先生の字で、こう書いてありました。

「TVで見るNOVAのCMの中に“異文化コミュニケーションというか・・・”と宇宙人の人形がしゃべるのがありますね。□□くんの世界は、私たちを異文化と感じるのでしょうね。うまくいえませんが、□□くんの世界と上手につきあえる方法を教えていただいたことに感謝しています。…」

 伝えてきたこと、一年でわかってもらえて嬉しかったです。

 でも、この介助の先生とも、あと4日でお別れ。□□の学校を今年で去られます。

 別れたあと、何があるのか…それがわからないと不安。でも、私は何があるのか知っているので、不安になることはありません。

 それは、新しい「出会い」ですね。

 春は、必ず別れがあります。もう何回も経験していることですが、やっぱりセンチメンタルになる。
 でも、いつも思うこと、また一人、自閉症の世界を理解してくれる人ができた。
 この介助の先生も、きっと、どこかで、自閉症の人と出会うことがあっても、彼らのことをわかってくださることでしょう。

 それが、私がいつも春に感じる喜びです。

ちょっとパワーが落ちてる 相棒は頑張っている

 大昔の話です。
 特別支援学級にいた頃。

 kingstoneです。

 なんかパワーないっすね・・・・
 「なりふり構わず」ってのが無くなってきてます。
 丁度ええんかもしれませんが・・・・

 特別支援学級の相棒がぽつぽつと昔のことなんか話してくれます。
 
 現在担当しているお子さんが、ある意味、過去にできていた(?)とされる「交流学級での交流」などができなくなってきている点など、私自身も自分で「間違ってるんやろか・・・・」とか常に自問自答したりしてたわけですが、ほんまのところがわからなかった・・・

 相棒は以前は「昔は先生がついていればいけていた」というところまでは話して下さっていました。しかしやっぱりパニックってたりしたのを、抱き留めてその場にいさしたりというようなことが多かったようです。それで「交流ができていた」

 実は相棒は「何かおかしい」と思っていたのだけど、誰に相談しても、慰められたり、「それでいい。だんだん慣れてくる(子どもが?それとも教師が「そんなもんだ」と慣れるのか?)」とか言われるだけだったそうです。

 で、今、はっきりとそれが間違っていたと感じてはるそうです。それが実践報告会で発表する原動力になったとか。

 ほんま、お子さんの特別支援教室への引きこもり状態が結構きつかったので、卒業式をかなり心配していました。しかし、あの手この手を工夫して伝えて下さり、結構練習に参加できてきているようで、希望を持っています。

 卒業証書をもらいに行く時に立ち止まらないといけないところが何か所かあってその場ごとに足形を置き、それが本人の安定にも役だっているようだと話してくれました。

 で、そんないろんなやりとりが「楽しくなってきた」とおっしゃって下さっています。(昔は苦しかったみたい)そう、この「楽しさ」を実感して頂くことが大事なのだな、と思います。

 でも・・・私はパワーが落ちてる・・・・

 先日も「自閉症にこだわるな」と言われた方に反論しなかった。
 まあその人はよく勉強しているからそうなのかもしれない。
 でも、現場はまだまだわかっていないと思えるのだけど。

追記
 毎日毎日顔を突き合わせて仕事をしている相棒が、1年近くたってやっと「本当のこと」を話してくれるようになるわけです。それは「この視点で考えればいいんだ」ということに「本当に気づかない」という面もあるし「言ってはいけないこと」と考えている面もあるでしょう。

 そこって、今話題になっている「大相撲の八百長」なんかとも同じかもしれない。その世界にいればそれが当たり前。

卒業式での視覚支援 ある特別支援学校で、初めて

 大昔の話です。
 特別支援学級にいた頃。

※ある特別支援学校の先生が初めて学校全体として卒業式の視覚支援に取り組んだ時のものです。

 こんばんは。○○です。

 今日卒業式でした。
 昨年は視覚的なスケジュールを使ってたのはうちのクラスの子どもだけ。それと同じものをコピーして使いたい人に分けたりしてました。

 今年は、結果的には

・式次第・旅立ちのうた(子どもたちの掛け合いのことば。)
・校歌・国歌・卒業生(29にんの顔写真)
・校長のおはなし

を視覚支援した物をつくり、必要とする子どもの担当教員にに渡し、改良したりして
使ってくれるように頼みました。これが14人。うちの学校はスクリーンもないし、

「これらがないと、視覚支援なんて無理やろ?」というひとに
「できる。やらして」と言いきってしまい始まりましたが。

 ただ練習でやってみると、特に校長のお話は何枚にもわたるし、冊子にしても今ひとつでした。それで大きな大きな上に(模造紙1枚くらい)拡大し、計8枚をめくる形で子どもたちに見て貰いました。

 結果はたぶん、1番長かったはずの校長の話のときが1番静かなシーンになったと思います。こどもたちが見ていたから。

 嬉しかったのは、校長が来賓の人にも同じ冊子を渡したいから作って欲しいと言ってくれたこと。

「光とともに・・」も持っていけばよかった・・・。

 後、クラスの子が「はーと」「わらってる。」「あくしゅ」とか見た絵を分かる言葉で言ってくれてたこと。それから、自分の知ってる子の証書授与のとき「□□ちゃんおめでとう!」と叫んだだこと。

 後半はすこし辛そう(中間地点ゴールのご褒美のシール貼ってもらってた。)でしたが、このときはニコニコでした。

 それから、一緒に作るの手伝ってくれた先生。「楽しかった。」って言ってくれたこと。

 いろいろあったけどやっぱ、やってよかった。

 来年はどんな形になるか。少しずつ。

2月12日(土曜日)おめめどうダイレクトセールスin名古屋駅前

 おはようございます。

 パソコンについてはめっちゃ快適です。

 天気はうす〜〜い曇り。雪がちらついています。

 今日はおめめどうダイレクトセールス!in名古屋駅前新幹線口

2月12日の名古屋駅前セールスのお知らせ
★ご案内いたします★
<2011年の二回目は!!!東海!おめめどうダイレクトセールス!in名古屋駅前新幹線口>

(株)おめめどうは、自閉症・発達障害の人たちを支援するグッズやサービスを、全国に、提供している会社です。視覚的、具体的、肯定的な支援、グッズを使った居心地の良い暮らしをお勧めしています。2月は、名古屋駅前で、ワンディショップオープンです。

 今年のそろえはじめ、使いはじめ、支援しはじめ!

◆ ダイレクトセールスの内容:
* おめめどうグッズの展示販売(送料、振込み手数料がかからずお得です!)。
* サンプルもあります。実際に手にとって、お使いいただき、なんなりとお尋ねください。使い方のご説明をいたします。簡単なご相談も承ります。
* おめめどうの情報サービス(各種セミナー、支援サポート、携帯メルマガ、支援相談mlハルネットほか)のお申込みが直接していただけます(割引有)
注:なお、セミナーのような講話、レジュメ資料などのご提供はありません。

◆ 日時:2011年2月12日(土) 
時間:11:00開店 〜 16:00閉店
  (休日のお出かけのついでに、どうぞ、ご自由に、ご来店ください)

◆ 会場::貸会議室 名古屋 カネジュールビル3階
名古屋市中村区則武1丁目2−1 名古屋駅新幹線口を出て、河合塾方面へ3分。左手に吉野家が見えたら、その向こう側のビル。1階は、セブンイレブン。
 地図は、こちら→ http://ameblo.jp/haruyanne/entry-10779272217.html
   
posted by kingstone at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする