私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月07日

REGZA Phone(ISO4) を触ってきた(たぶん)

REGZAphone.jpg

 今日、auのショップでREGZA Phone(ISO4) を触って来ました。たぶん、これだと思うのですが。待ち受け画面もそうだったし、まだ売り出していない、と言ってたし。

 ネットを検索して見てみるとキレはいい感じでした。

 文字入力はフリック入力っていうのですか?慣れるとそこそこ速くできそうです。ただ、触った最初の感じはiPhone4の方が入力しやすい感じがあります。何故だろう?

 私のブログを見てみると、これはブログの会社の方の問題ですけど、アメブロはスマートフォン専用の画面になり、見やすい。Seesaaはパソコンと同じ画面で、大きくすると文字が横にはみ出してしまって読めない感じですねえ。見やすくできるのかな?

 Twitterは見やすい感じでした。

 でも、どっちにしても、字は小さいから見つめていると目がしょぼしょぼしてきました。

 またなぜかYouTubeの動画については、画面まん中の△プレイボタンを押しても動画がスタートしませんでしたが、これは別の要因かな?基本的にはダウンロードしてから見るもんなんだろうか?

 このあたりでお店のお兄さんが話しかけてきたので、それ以上のネットサーフィンはできず。

 お兄さんは「本体価格は月350円です」と言ってはったが、なんやかんや含めると月7000円くらいですか?と尋ねると「最低そのくらいです」とのこと。やっぱりなあ・・・現在docomoのmovaだと3000円いかないもんなあ。ネットを見ることはほぼ不可能ですが。

 ちょっとぐらいだったら水濡れも大丈夫、というのは心強いですね。

 なお、今注文して1か月待ちだそうです。

 movaが使えなくなったら、やっぱりスマートフォンを持ちたいけど、ネットは家にいる時だけパソコンで、っていうほうがいいのかな。

REGZA Phone と iPhone

 まあ、上のページはauのページだからそのぶんのバイアスはあるでしょうが、ははあ、なるほど、ですね。

posted by kingstone at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1995年1月29日

1995年1月29日


○○ RE:避難所にいない被災者
(14) 95/01/29 00:04 063へのコメント

何処までが自助努力の範囲なのか・・・避難することは簡単で、また、kingstoneさんも、そう言うつもりで書かれたのではないのですが、ついつい、そんなことを考えてしまいます。

 人の話を聞くのは難しいことですし、弱い人の気持ちを理解するのも難しいことですね。でも、ここの紹介された事例の方々の話を、「きちんと聞く」と言うことが、すなわち障害者を理解すると言うことなのでしょうね。

 自戒の意味を込めて。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone 南山城養護学校より物資届く
(14) 95/01/29 00:28

Oさんが、南山城養護学校よりの物資を某肢体不自由特別支援学校に届けて下さいました。

京都から来られるということで、交通の便を心配していましたが、夜8時に出られて、11時には某肢体不自由特別支援学校につかれました。結構スイスイ来られたんですね。また詳しくはOさんから報告があると思いますが。

私にとってはOさんの顔を見ることができた、というのが最も嬉しかったのですが、なかなか手に入らないスーパービッグの紙おむつをたくさん持って来て下さいました。

12時前にとんぼ帰りで帰りはりましたが、本当にありがとうございました。
−−−−−−−−−−−−−−−
□□ RE:ファンヒーター、某肢体不自由特別支援学校に到着
(14) 95/01/29 07:55 057へのコメント

 kingstone さん、こんにちは。

> サンヨー電気から石油ファンヒーター20台とホットカーペット10枚が某肢体不自由
> 特別支援学校へ

そりゃ、ほんとに良かったですね(^^)
ついでにどうでも良い事ですが、私の記憶では「サンヨー電気」は「三洋電機」が正しかったように、思いますよ(^^)

色々大変でしょうが、学校の再開に向けて頑張ってくださいね(^^)/~~フレー!フレー!
私も、もっとがんばらなきゃ・・・(^_^;)
−−−−−−−−−−−−−−−
O 緊急援助物資輸送(概要報告)
(14) 95/01/29 10:19 069へのコメント

 某肢体不自由特別支援学校学校の要請を受けて、わが校のPTAのご配慮で「スーパービッグ」の紙おむつを輸送しました。(正確にはエリエール・フレンド紙おむつ^_^)

 さて、当初は深夜3時頃出発して夜明けまで待機し...と考えていたのですが大阪府警本部の災害対策本部の係官の(親身な!!)助言で午後8時に出発しました。結果的には正解でほとんど渋滞なく垂水区に入れました。途中迂回路で道に迷ったりしたロスタイムを含めて3時間でした。

 この時間帯はまだ大阪方面行きは結構混雑していましたが、荷物を運び込んでしばらくお話をして丁度午前0時に出発したら、2時間半で帰宅できました。

 往路では、西宮に入るに従い倒壊家屋が増え、芦屋あたりではすさまじい被害状況でした。むしろ三宮あたりはかなり倒壊した建物を撤去したりしてありました。もちろん、国道2号線沿いだけの話です。

 私は通行許可書をもらって国道2号線に入りましたが、夜は警官の姿はなく結構許可車両以外が走っていました。驚いたのは、一見してそれと思われる「物見遊山の走り屋」の若者が多かった事です。土曜日ということもあったのでしょうが、ミニバイクの5〜6台の若者などもいて、正直「ええかげんにせぇ!!」と思いました。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone ある地域市立某肢体不自由特別支援学校学校の再開について
(14) 95/01/29 10:57

 ある地域市立某肢体不自由特別支援学校学校(肢体不自由)は2月4日(土)まで休校で2月6日(月)に再開の予定。ただし詳しいことはまだ決まっていない。

 1月30日(月)よりバスを動かしてみてどのくらいの時間がかかるかを調べる。
 2月4日までは家庭訪問を続ける。
−−−−−−−−−−−−−−−
O 緊急援助物資輸送(マニュアル)
(14) 95/01/29 11:10 069へのコメント

 今回は事前の情報収集で大幅なスピードアップができました。

 緊急援助物資の輸送については、地元警察署に車検証と免許証、印鑑を持って行けば「緊急車両の通行許可証」個人にでもすぐ発行してくれます。(現在のところは大丈夫)現地でも発行してくれますが、昼間などは相当待たされるでしょう。

 さて緊急車両になると次のようなメリットがあります。

 1.物資輸送の為の名神高速の料金が往復「免除」される。
 2.一般車両は吹田で通行止めだが、何台か集まったところでパトカー先導で尼崎
   まで通行できる。(私は夜間なので1台でパトカー先導はなかった^^;)
   阪神高速の法円坂から尼崎までも同様の扱い。
 3.通行規制されている国道2号線を通行できる。

 私は事前に大阪府警本部に問い合わせしていてこれらの事を知っていたのですが、名神吹田インターにいた(まるで警察官のような格好をした公団職員・私は警察官だと思っていた)はこのことを知らず、3箇所で次のような対応がありました。

 その1(吹田出口直前)
  「工事車両以外は尼崎まで行けないよ」
  そんなはずはないと私がやり返すと、とりあえず、一旦出てから係員に聞いてく
  れとのこと。

 その2(吹田出口を出てすぐ)
  「パトカーの先導なんて知らないし、地元の警察署の許可証は通用しない」
  大阪府警から現地で「便宜を図る」と言われていると言うと、困った顔をして
  「それじゃ一旦一般道に出てもう一度入り口に入ってくれ」とのこと。

 その3(吹田入り口)
  「地元警察の許可証は使えない、高速警察隊の本部まで行ってくれ」と言われ、
  本部の道順を聞いていると、その係官(このときは警官だと思っていた~..~)の
  無線が鳴って
  「(・・君、今何してるのや)」
  「通行許可書の問い合わせです、高速警察隊まで行って貰います」
  「(それはインター内の移動交番でできるよ)」というやりとりを目の前でして、
  「それじゃ、そこの警察官に聞いて下さい」となんと20m程先の移動交番を指
  さした...。

 その4(移動交番にて)
  車検証と免許証、それに地元警察発行の通行許可証を持って行くと、
  「この許可証で大丈夫、何で2枚も作る必要があるのか」と言われ、今までの経
  緯を話すと、それは公団職員だとのこと。おんなじような格好をしていて、それ
  も夜だから、私はてっきり警察官だと思って、あやうく遠回りさせられるところ
  だった...。
  気の毒そうに警官が
  「これから、そんな事があったら、許可書の中まで開けて見せて、『警察の許可
   書や、必要な便宜をはかってくれ』と強く言いなさい」と助言をくれて出発。
  「遅い時間だから先導しないから気を付けて走ってくれ」と言われ、周りに誰も
  走っていない吹田−尼崎間を走行しました...^^;

 その5(帰りの尼崎入り口)
  なんと、帰りは一般車両と同様、豊中インターからしか入れないとのこと、しか
  たなく豊中までの道を聞いて向かうが、これが「とんでもなく」ややこしい道で
  ぐるぐる深夜の尼崎界わいのそれも住宅街の細い道を走って、やっとのことで豊
  中に到着、あとはスイスイわが家に向かいました。

 いやはや、後半はもう「はったり」の世界
 「特別な便宜をもらっている緊急車両だ」の一言でややこしい話をすべてクリア
 「あんたでわからんかったら、わかるもん呼んで」と今までの憤慨もあり、少々無
 礼な口の聞き方もしましたが、みなさんすみませんでした...^^;
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone 三洋電機、某肢体不自由特別支援学校を支援
(14) 95/01/29 11:28

アップ文の名称が違っておりましたので、訂正して再掲します。関係各位にはご迷惑をおかけしました。

ある地域市立某肢体不自由特別支援学校学校では水道管の破裂により一部教室が水浸しとなり、またボイラーの破損のために暖房が使えなくなり、再開に向けて大きな障害となっていた。

窮状を知った三洋電機株式会社・社会業務センターは、石油ファンヒーター20台、ホットカーペット10台を寄贈することを決定した。

1月28日早朝6時に荷物を積み込んだトラックが出発。午前11時すぎに某肢体不自由特別支援学校に到着した。

すぐに、再開へ向けて教室の湿気取りに稼働している。
学校が再開されると子供たちへの暖房としてフル稼働する予定。
某肢体不自由特別支援学校の職員は三洋電機の対応の素早さに感謝し、かつ驚いている。
−−−−−−−−−−−−−−−
O 結局個人の良心が支えているのでしょうか
(14) 95/01/29 16:59 063へのコメント

 某肢体不自由特別支援学校学校に向かった私の軽自動車ですが、ルーフキャリアに荷物をくくりつけて「緊急救援物資」と大きく書き、車の窓に「某肢体不自由特別支援学校学校に対する緊急救援物資(紙おむつ)」と書いた紙を貼っておきました。

 某肢体不自由特別支援学校に近付いて電話で迎えにきてもらうあいだ少し車を離れていて、再び車のところにもどってくると、一人の男性が車の横に立っている。何事?!と思っていると、通りがかりの近所の人で、私が道に迷っていると思って心配して某肢体不自由特別支援学校を教えようとしていたのでした。

 丁寧にお礼を言って、某肢体不自由特別支援学校に向かいました。

 デマが乱れ飛んでいるようですが、皆さん、根拠のないデマには気をつけて下さい。

私の親しい(?!)垂水在住の方はせっかく親戚が持ってきた、ガスが通じてなくても風呂が沸かせる装置を一度も使わずに生徒の家に持って行ったそうな。本人は良くても、奥さんや2人のお子さんが気の毒だ...。昔、練炭を使って風呂を沸かす装置があったが、多分今では練炭が手に入らないでしょう^^;カセットコンロでお湯を沸かして行水くらいさせてあげてね。
posted by kingstone at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1995年1月28日

1995年1月28日


kingstone ボランティアの現状
(14) 95/01/28 00:22

今ニュースステーションを見ていて神戸市などもボランティアを断っている、というような話がありました。ボランティアは果たして足りているのでしょうか?

 きっと仕切る人がいなくてどうしようも無いということなんでしょうね。

現在、様々な学校が避難所となっています。学校にもよりますが、教師がかなりの部分のお世話をしている学校もあります。私の学校のように避難して来ておられる方が少なく、教師の数が多ければいいのですが、逆のケースがほとんどです。泊り込みの当番も必要なら、授業も始まり、はたまた支援物資の搬入・分配の手伝い等、教師も避難されている方も疲労の極に至っている場所もあるように聞きます。そういう所では一触即発で感情が爆発しそうになっているとのことです。

ある所のある先生、血圧がたいへん上がっているのに「休んでいられない」と休まずに出てきておられるとか。

で、そういう所に手の開いている教師はボランティアを、という要請もありました。

まあ、確かにポッと来たボランティアの方だとどこまでのことをお任せできるか不安ということもあるのかもしれません。教師仲間ならある程度どこまで任せられるかわかる・・・・しかしそんなことを言っている時かな・・・・まず、お任せしてみる部分も作っていくことで、「どこまで」なんてことがだんだんわかってくるような気がします。で、ボランティアの方より教師の方が使いやすい、ということは決っして無いような気がしますし。

今回の紙オムツ云々でも、やってみて始めてわかる、ということがたくさんありました。まあしかしこういういきあたりばったり的なやり方は公務員的でないことは確かだろうな・・・周到の計画をきっちりやりきるというのが目指したい方向だろうから。(私の最も苦手な部分です)

集積所にある膨大な物資を必要な人の所へ運ぶ人がいない、足も無い、という問題もボランティアの人や物をうまく使うシステムを誰かに考えさせたら何とかなるような気がするんですが・・・
−−−−−−−−−−−−−−−
O 京都のPTAは義援金を募っています
(14) 95/01/28 06:16

 現在、どこの学校のPTAも義援金の募金活動を行っているようですが、うちのPTAはできれば特別支援学校や障害者の役にたって欲しいという要望を出しているようです。
 校長会もその主旨で動いていらっしゃるようです。

 ちなみに、日頃パソコン通信で「実践の情報交換をして」いて「縁の深い」
「某肢体不自由特別支援学校」にピンスポット支援を行う事を学校長およびPTA会長が快諾して下さいました。

 同時に生徒会も励ましのお手紙取り組みをしています。うちの生徒も精いっぱい力になろうとがんばっています。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone 道路事情について
(14) 95/01/28 11:05

現在某肢体不自由特別支援学校へ東灘の方から通勤している方からの情報です。

東灘から西の某肢体不自由特別支援学校に来る場合・・・
まず2号線は緊急車両と緊急救援物資搬送車のみ通行できます。しかし途中で一般車両と混じる所もあり神戸市中心部あたりでは渋滞が慢性的です。

そこでこの先生の場合、東灘区の本山第3小学校の辺りで北に上がり、通称山麓道(王子動物園の前を通る道)に出て東に向かいます。この北に上がるのは「田中」の交差点でもいいかと思います。

そして阪急の高架(ちょうど王子動物園のあるところ)を抜けたところを左に高架沿いに下りていき、かなり下ってから道なりに高架から離れるとすぐに山麓バイパスのトンネル入口にでます。

ここでトンネルに入り、左車線を走り西神方面へ向かいます。後は道なりで学園都市まで来れますので、そこで多聞舞子線に出て、2号線に向かい、2号線を逆に西に向かい、商大筋を上がるとすぐに某肢体不自由特別支援学校です。

ただ、このコースは神戸をよく知っている人か、ナビゲータがついている場合でないと苦しいかもしれません。

ある人によると夜中なら2号線をずーーっと走って来ても通れるんじゃないか、という話です。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone 大人用の大きな紙オムツその後
(14) 95/01/28 14:04

みなさんにご支援頂いた大きなサイズの紙オムツは近所の特別養護老人ホームで

「いただけたらありがたい」

という所がありましたので、使って頂くことにしました。ここもお風呂がつぶれたみたいでたいへんなようです。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone ファンヒーター、某肢体不自由特別支援学校に到着
(14) 95/01/28 14:04 コメント数:1

サンヨー電気から石油ファンヒーター20台とホットカーペット10枚がある地域市立某肢体不自由特別支援学校に届いた。

すぐに水浸しになった教室の乾燥用に稼働させた。暖かい風がたっぷりと出てきている。子供が登校してくれば暖房用としてフル回転となる予定。

搬送は朝6時に羽曳野の倉庫を出て、救援物資用の道路を通り、尼崎東で43号線に午前7時に下りた。そこから43号線・2号線を通り塩屋に到着したのが午前11時。そこで簡単な打合せをしたと思われるが、某肢体不自由特別支援学校には11時30分頃到着した。

某肢体不自由特別支援学校の職員はサンヨー電気の対応の素早さに喜び、かつ驚いている。 (しかし、一般の会社というものはこういうものなのだろうか・・・・)
−−−−−−−−−−−−−−−
○○ RE:京都のPTAは義援金を募っています
(14) 95/01/28 14:18

息子の小学校でも、義援金を募りました。1週間で62万円集まりまして、第1回として、赤十字に送金した模様です。

 私も、この会議室に参加させていただいて、学校の防災にあり方について勉強していきたいと思います。

 まだ、復旧が終わったわけではありませんが、災害に強いだけでなく、障害者に優しい町に復興されるようにお祈り申し上げます。
−−−−−−−−−−−−−−−
○○ RE:ファンヒーター、某肢体不自由特別支援学校に到着
(14) 95/01/28 14:42 057へのコメント

ファンヒーター届いたそうで良かったですね。子供達が早く暖まれればいいと思います。
 サンヨー電気さんは確かにすばやいと思いますが、概ね民間の方が対応が早いのではないでしょうか?

 私の会社でも、当日の午前7時には大阪支店が対応を始めて、9時には、東京の本店に対策本部が出来て、9:30には私が所属する研究所からも現地に向けて技術者が出発しました。午前中には、建設中の現場、建設後の当社の建築物の被害状況が、ほぼまとめられてました。

 社員の家族等への連絡も、組織的に行われましたし、翌日には帰省に関する通知が廻ってきました。

 ボランティアに参加している者は、出勤扱いにもなってます。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone 避難所にいない被災者
(14) 95/01/28 19:46 コメント数:1

卒業生の様子が気になるということで進路部の先生が卒業生宅に順次電話を入れていました。

するとある訪問部の卒業生のところへ電話するとお父様が出て来られ、泣きながら

「ここしばらく食べていない」

とおっしゃいます。実は避難所に行き、食料を分けてもらおうとしたところ

「家に住めている人には上げられない」

と言われたとか。

子供は寝たきりだし、母親はケガで動けない、ということです。

推測ですが、そのお父さんは自分の思いを的確に人に伝えることが苦手な方なんじゃないかと思います。例えば私だったらケンカしてでも食べるものを取ってくるでしょう。またそうしなくても人のつながりでいつも助けてもらったりしています。そういう人のつながりもあまり無いお宅だと推測されます。

実はそのその家の周囲の市場もポツポツと店が開いてきているという話も聞きます。お金があるのかどうか・・・

で、その先生が私に相談に来はり、とにかく食料やガスコンロ・ガスボンベなど必要なものをパックにし、次に車で行ってくれる職員を捜しました。しかしそこへ向かうにはとんでもない渋滞だとか・・・

そこでバイクなら、と月子の急配便を使おうかとも思い死に神さんの所へ電話したりもしましたが、つかまらず。

そのうちに他の先生も事の重大さに動きだして下さり、パックをもう一度詰めなおし、荷物が大きくなったので、やはりここはいくら渋滞しても車で行こう、ということになりました。先程出発なさいました。

実は先日も

「東灘から5人避難してきている。みんな風邪で動けない。薬をもらいに来た。しかし区役所では『東灘の方は東灘で』と言われた」

とおっしゃる方がおられました。よくよくうかがってみるとその方は垂水の方でそこへ東灘の知り合いの方が逃げて来ていらっしゃるとのこと。

「避難して来ている人間を調べにも来ないし、援助にも来ない」

と怒ってはります。

ただし、この方も言われている内容をきちんと聞きとるためにはかなり長い時間がかかりました。

私たちにできることを考えて、付近のかかれるお医者さんとかを調べてお教えしておきました。

前に書いた例でも、後に書いた例でもこの話だけでは区役所の方とか避難所の方を批判することはできないと思います。ただ確実なのは「ちゃんと話を聞く」ことができて、その方のニーズがどこにあるのかを把握して適当な場所につなげてあげることのできる人がいれば、もっとうまくいくのになあ、ということです。

今日、区役所の方が来られた時に、ちょっとこの話をしてみました。その方は

「もしそういう例がありましたら、是非区役所に電話してみて下さい。こういう状況ですから即応はできないかもしれませんが、何とかしたいと思います。また避難して来ている方については是非とも連絡を取りたいのですが、連絡先はわかりますか」

とおっしゃってました。残念ながら私も連絡先をお聞きしていなかったのでお伝えすることはできませんでしたが・・・

とにかく避難所にいれば何とか物資も情報も入ってくるのですが、避難所以外で避難しておられる方は、また別の意味でたいへんなようです。
−−−−−−−−−−−−−−−
知的障害特別支援学校教師からの報告 近況報告(1月28日)
(14) 95/01/28 21:56

 いろいろありまして、なかなか書けずにおりました。
    
 今週は毎日車で東灘区、灘区、中央区、兵庫区、長田区など、被害の大きかった地域へ行っていました。
    
 肢体不自由特別支援学校の紙おむつについては、私の学校でも、少しですがお手伝いできました。子ども用の小さいものや、大人用の大きなものは、老人施設や、産婦人科の病院に届けました。

 kingstoneの実名さんのところで、いちばん必要だったのは、子ども用のLサイズより大きく、大人用のSサイズより小さいという、ふだんでも手に入りにくい大きさのおむつだったんですね。

 考えてみると、自分も常々経験していることでして、特に小学部くらいの子どもでおむつが必要な場合、たくさん安売りしている、子ども用のLサイズだと小さいし、かといって、大人用のSサイズだと大きすぎる・・・ということは、よくあります。子ども用のパンツタイプのおむつの両脇を少し切って使ったり、大人用のSサイズをきつめに止めて使ったりしていますもんね。

 とにかく急いで調達することばかり考えて、そこまで思い至りませんでした(^^;)
    
 kingstoneの実名さんも書いておられるように、グリーンピア三木などの、物資の集積所へ行けば、大抵のものは手に入るようです。

 問題は、「必要なものを、必要なだけ、必要なところに」どうやって届けるかということなんです。

 ですから、(一般論としては)今後の援助は、遠方の方は義援金で、近くの方は、物資運搬の労力で提供して頂くのがいいのではないかと思います。ただ、どこに何を届ければよいかについて、なかなか正確な情報が得られません。

 私の学校では、(前に少し書きましたように)学校としての公的な動きと同時に、職員有志による「救援本部」を設け、児童・生徒やその家族、近隣の障害児学校や障害者団体等から情報を集め、できる限りの活動をしているところです。
    
 道路事情は、少しずつ良くなっています。障害物の撤去作業が進んで、通れる道が増えていること、一時ほど、救援(個人的な)の車が多くないことなどが原因だと思います。ただ、朝夕の込み具合は、むしろひどくなっています。勤めに出る人が多くなった(その原因の一端は我々にもあるのですが・・・)一方で、鉄道の復旧がなかなか進まないせいだと思います。
    
 学校の再開は、31日(火)からに決まりました。自家用車で何度もスクールバスのコースを走ってみて、ようやく運行のメドが立ちました。混雑する電車で登校する高等部の生徒は心配なので、当面は親御さんの付添いをお願いしたり、臨時にスクールバスを利用してもらったりします。

 また、26日(木)から、被害が少なかった地域の子ども達向けに、学校開放と「臨時分教室」を始めました。

 午前中の限られた時間だけですが、子どもさんを学校に連れて来てもらって、教員が一緒に遊んだりしています。

「臨時分教室」(もちろん正式な名称ではありません)は、本校の児童・生徒が在籍している収容施設に教員が出向き、その施設の児童・生徒や、施設の近くに住んでいる児童・生徒とともに過ごしています。
    
 前に書きました、てんかんの薬の件ですが、かかりつけの病院から自宅近辺の病院へ、FAXで処方箋を送ってもらうという方法で、手に入るそうです。
    
 私個人のこと書かせて頂きますと・・・
 なんだかんだ言いながら、朝家を出て、夜には帰ってくるという暮らしをさせて頂いています。不眠不休でがんばっておられる方々には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 しかし、家内にしてみれば、私が不在のときに大きな余震があったら、3人の乳幼児をかかえてどうしたらいいかという不安が先に立つようです。

 実家の方は、片付けもかなり進んで、もう少しで寝られる状態になったとか。夜は相変わらず、近くの弟の家で過ごしています。何日おきかに、我が家へ風呂に入りに来ています。
    
posted by kingstone at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1995年1月27日

1995年1月27日

※編集の関係で日付が以前のものも混じっています。

kingstone サンヨー電気、某肢体不自由特別支援学校を支援
(14) 95/01/27 10:53

サンヨー電気株式会社・社会業務センターはある地域市立某肢体不自由特別支援学校学校の再開を支援するために、石油ファンヒータ20台・ホットカーペット10枚を寄付することを決定、近日中に搬送する予定。

某肢体不自由特別支援学校学校(肢体不自由)は暖房設備・給食供給・通学路等の問題で開校の目処が立っていなかった。これでとりあえず暖房の問題は解決に向かった。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone 近況報告
(14) 95/01/27 14:18

私の学校では今までは学校のあらかたの片付けと電話等による子供たちや教職員への安否情報の収集を続けていました。また一部の先生方が避難してこられた人たちへのお世話に泊まり込みであたってはりました。(残念ながら私は自分のケガ等のために何もできていませんが・・・)

ご家族でケガをされた方はいらっしゃるのですが、どうやら子供自身でケガをしたものはいないもようです。ご家族のケガも子供をかばってというのが多いです。教職員の方もケガをされた方は少ないのかな?それともケガをして出てきているのが私くらいなので私が目立ってしまうのかな?しかし生死を彷徨っているというような者はいないはず・・・(まともに職員会に出れていないのでよくわからないのです)家を無くされた方子供にも教職員にも複数おられるようです。

遠くの地に避難した子供、転校してしまった子供もいます。

今日からは組織だって子供たちの家に家庭訪問に行き、くわしく必要なものを聞き出し、対処しようとしています。また避難されている方への対応と、登校できるようにするための準備も平行してやっていきます。

私自身のことを書くと・・・

まず夜眠る時には普段昼間活動する時のままで眠っています。今はウールのズボンにセーターとジャンパーを着たままです。まだこわくてジャージ姿になれません。やはり眠りは浅く、少し揺れると飛び起きてしまいます。

眠る部屋の天井からの電球ははずしてしまいました。

大きな災害の後はそのために繰り返し災害当時のことを思い出す人がいる、という話ですが、たぶん私もまさにその通りの例だと思います。あの地響きとガタンガタンという音、突然肩にきた痛み、そんなものをまざまざと思い出します。

物をためこむことの虚しさ、みたいなことも感じます。また人とのつながり、助け合うことの大事さありがたさ、を実感しています。ええい、パソコンのことなんか勉強しないぞ、もっと「人間」に直接かかわることを勉強するぞ・・・なんて思いながら今日、MacPowerを買ってしまった・・・

それと、ケガをしてしまって今やらなければならないことがほとんど何もできなく、そういうことはほとんど他人のお世話になってしまう・・・そのことの心苦しさ、つらさをすごく感じます。で、考えてみれば、こんな気持ち、肢体不自由を持ってはる人はよく味合わされてはるんでしょうね。そしてそうであるなら、開き直ってお世話になってしまお・・・と思いながらもやっぱり揺れてしまうところもあります。

上の方でkingstoneの実名さんが「肢体不自由特別支援から」ということを書いてはりますが、ふむ、じゃあ、その学校の先生方(親御さんでなく)の自助努力はどうなっているんだろう・・・そんなことも考えてしまいます。あっ、こんなことを言うと大阪府の中川知事と一緒か・・・でもやっぱり思ってしまう・・・まあそれぞれの先生方の家の方も無茶苦茶やからここは全国の方に甘えてしまってもいいか・・・

−−−−−−−−−−−−−−−
kingstoneの実名 お礼と一時中断(紙おむつ)
(14) 95/01/27 14:19

みなさん、たくさんのおむつありがとうございます。
改めてパソコン通信のすごさを感じています。

ところで私の書きかたが悪かったので、もし今から「紙おむつ」を送ろうとされている方は少し待っていただけますか。

サイズのL・XL・大人用

と書いたのですが、それが子供用のL・子供用のXL・大人用の小さめ

というつもりだったのですが、わかりにくい表現だったので、大人用が今増えています。そこで大人用は足りたようなので、とりあえずここでストップして頂き、後またサイズなどをきちんと書いた上でアップさせて頂きたいと思います。

もちろん、頂いたおむつは有効に活用したいと思います。


そこで、メンテ資格を持ったスタッフの方に、私のおむつ関係の発言の削除をお願いします。削除理由として「目的達成のため」とすることができたらお願いします。

また、転載して下さった方も、とりあえず、削除というか目的達成のため、ストップということを転載先にお伝えし、できれば削除をお願いできますか。また新たな文をアップさせて頂きたいと思います。

ほんとうにどうもありがとうございました。

kingstoneの実名
−−−−−−−−−−−−−−−
○○ えっ,そうなんですか
(14) 95/01/27 14:19

 前略 kingstoneの実名様
 #7737見ました。
 今朝、校長におむつ関係のことを話したところ、上層組織は動きが鈍いから、明日(1/25)の朝打ちのときにでも是非教員に呼びかけてくれとの主旨を言われて実は、はりきっていたのです。おむつOKという発言を見まして少々がっかり。でも、断るほど沢山集まってよかったですね。
 また何か足りなくなってきたら情報を下さい。今度こそお役に立とうと思います。引き続き頑張って下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstoneの実名 お礼といったん終息
(14) 95/01/27 14:20

ある地域の肢体不自由特別支援学校への紙おむつの支援、ほんとうにありがとうございました。

たった1日で現在わかっている範囲で下のようなご支援を頂けました。下の表の数字は枚数を表します。パック数ではありません。子供たちには必要な枚数ずつ小分けにして持っていく予定です。

Bというのは「ビッグ」、SBというのは「スーパービッグ」です。メーカーによっても呼びかたが違ったりします。

また、私の不手際のために、大人用が多くなっていますが、職場で話していましても、大人用のおむつが不足しているところがありますので、私の方で責任を持ってそういう場所に届けます。

子供用 大人用 アテオムツ
寄付者・機関名(到着順) S M L・B XL・SB S M L 男 女
○○○○様 91
兵庫県立ある地域特別支援学校様 90 78
徳AA県立ひのみね特別支援学校様 336 180 66
不明 26

到着予定(順不同)
兵庫県立いなみの特別支援学校様
朝日新聞厚生事業団様
クニ様
兵庫県立淡路盲・聾学校様

寄付者が不明となっているのは□□様の物ではないかと思います。いかがでしょうか?
朝日新聞厚生事業団へは通信を読んだどなたかが、連絡して下さったそうで、事業団の方よりお電話がありました。もしどなたが連絡して下さったかわかれば知りたいのですが。
明日朝届くそうです。(パックで合わせて80程とウェットティッシュが120です)

またいなみの特別支援は他の所から要請があったようなのですが、中心になって動いて下さっている方が「みんなのねがいネット」でどなたかが転載して下さった(△△さんですか?)私の文を読まれ、私宛に連絡をとって下さいました。車(乗用車?)3台分とのこです。本校の職員がタウンエースで取りに行きましたが、乗りきらなかった、と報告がありました。これも明日朝届くそうです。


またとりあえず中断ということを前に書かせて頂きましたが、もう買ってしまったぞ、という方がいらっしゃれば私の方(某肢体不自由特別支援学校)まで送って下されば、私のところで子供たちに配付させて頂いたり、また大人用の物が使い切れなくなっても、必要な場所を捜して配付させて頂きますので、どうかお送り下さればありがたいです。

宛先
  住所
ある地域市立某肢体不自由特別支援学校学校
TEL
FAX
担当者 kingstoneの実名

大きな被災をした地区の物の流通状況を見て、また再度のお願いをすることもあるかもしれません。その時はまたよろしくお願いします。

本当にありがとうございました。

なお、私の文を転載して下さった方は、この文も転載方よろしくお願いします。

kingstoneの実名
−−−−−−−−−−−−−−−
△△ Re:お礼といったん終息
(14) 95/01/27 14:20 023へのコメント

》 またいなみの特別支援は他の所から要請があったようなのですが、中心になって動い
》て下さっている方が「みんなのねがいネット」でどなたかが転載して下さった(△△
》さんですか?)私の文を読まれ、私宛に連絡をとって下さいました。車(乗用車?)
》3台分とのこです。本校の職員がタウンエースで取りに行きましたが、乗りきらな
》かった、と報告がありました。これも明日朝届くそうです。

 ことの顛末はねがいネットの方でも教えて頂きました。
 どちらにせよ,少しは役に立てたようで(迷惑な部分もあったようですが)・・・
 それにしても,他の方々の動きのすばやい事。

 私の学校でも,今日,ようやく発送したようです。
 担当者から詳しくは聞いてないので間違ってるかもしれませんが
 送付先は某肢体不自由特別支援学校の方だと思いますので,ついたら善処お願します。

》 なお、私の文を転載して下さった方は、この文も転載方よろしくお願いします。

 了解です。一段落したら,疲れがどっと出て来るやも知れません。
 ご自愛下さい。

  <△△> 1995/01/25/PM:09:04
−−−−−−−−−−−−−−−
AA RE:お礼といったん終息
(14) 95/01/27 14:20

 #07755 kingstoneの実名 さん

 だんだんと紙おむつが集まってる(集まりすぎ(^^)?)ご様子で安心しました。

 24日朝、淡路経由−明石−某肢体不自由特別支援学校にまいりましたが、お会いできなくて残念でした。

 国道2号線は思ったよりすいていたのでそのまま走ったのですが、どうも緊急車両や支援物資運送車の優先道路になってたようです^_^;。第二神明も通行料無料だったので走ってきました(いや、冗談です。25日、名谷から玉津に行くのに北神戸線に入って第二神明に入ると無料だったのです)。

 さて、24日の朝に、副校長に紙おむつのことを申しましたら、隣接している徳島県立ひのみね整肢医療センターに話してみたらどうかと言われまして、そこの生活指導課長からセンター長に話が行き、手配してくれた次第ですので、持っていったのは私ですが、医療センターからの提供と言うことでご理解下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone 今日の状況
(14) 95/01/27 14:21 コメント数:2

昨日、家庭訪問をしていて学校に電話を入れると、「すぐ帰ってくるように」と呼び返されました。紙おむつがどんどん届いていているので受入れと配付の交通整理をして欲しいとのことでした。

最初は枚数単位での配付を考えていたのですが、後から続々と届きだしたので現在は1パックまるごと一軒に持って行くことができます。また大量に使う子もいるためたいへん助かっています。

kingstoneの実名さんのチョンボのおかげで大人用が多くて心配したのですが、今日から児童・生徒に配付するようにお願いすると、結構大人用を使う人もいて、紙おむつは確実に役に立っています。

後、遅れて来る分についてはkingstoneの実名さんが子供用のXL・スーパービッグをお願いしていたので、だんだん隙間もうまってくると思います。今日は府中特別支援と南山城特別支援学校の方と連絡をしてはりました。南山城特別支援からは校長先生がじきじきに電話をかけてこられたようです。

だいたいkingstoneの実名さんという方は、配慮が足りなくて悶着を起こすことが多いのですが、今回は事態が事態だけに結果オーライということのようです。校長先生にはひと声かけてあったようなのですが、どうも文をねる時間が足りなかったようですね。kingstoneの実名さんも私同様ケガをされていて、先週の後半は学校に出ることができなかったため、情報の分析総合に欠けた部分が多かったようです。

しかし、今回は多くの先生方がパソコン通信の持っている力に驚いたようです。

結果的に私が荷物の交通整理をしているのですが、動きだしてみると若い人たちがいろいろな提案をしてくれたり、連絡をとってくれたりしています。しかし・・・私も若い人に提案されたり、相談されたりする歳になってるんですねえ。別に私には何の権限も無いのですが、みなさん結構自分で提案して自分で納得して動いてくれはります。そういう意味でもつくづく出遅れがうらめしいです。

そんな中でわかった情報。やはり荷物はあるところには有り余ってある。しかしそれを仕分けして必要な所に流す情報を含めた「人」や「足」が無い。例えばグリーンピア三木ではそんな荷物を自分で判断して自分で運べる人が来て下されば大歓迎とのことでした。

kingstone
−−−−−−−−−−−−−−−
BB           RE:今日の状況
(14) 95/01/27 14:21 029へのコメント

 お身体の方は大丈夫ですか?
 この非常事態ですから、少々の無理は仕方がないと思いますがどうか十分気をつけてください。

>> しかし、今回は多くの先生方がパソコン通信の持っている力に驚いたようです。

 本当にすごいですよね。
 パソコン通信によって結ばれた、人と人との絆がスゴイ!! と思います。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone みなさんに、ご相談(?)
(14) 95/01/27 14:21

私の学校(肢体不自由)は建物自身は無事だったものの、水道、暖房設備、内装が大きなダメージを受けました。また通学路にあたるバスの通路がかなりの部分塞がれている状態です。今家庭訪問を続けていますが、早急に学校を開いて欲しいという希望もあります。中には「今は子供をそばから離す気にならない」という方もおられますが・・・

もうひとつの肢体不自由特別支援学校はうちよりもっとひどい状況です。
そしてもちろん他種の特別支援学校も、またある地域市立だけでなく県立の特別支援学校も被害を受けています。

今後必要になるものは何か、といろいろ考えています。暖房についてはさる筋を通じて動いています。

しかし、今後いろいろと物入りになるのは確実です。そして必要な物はその場にならないとわからないんですよね。で、職場で募金をして下さった方もおられるようですし、お金で頂けないものか、と考えました。もちろんそうなってくると私個人では対処できませんので、今日上司と相談したところ、上司がある地域市盲・特別支援学校長会会長ですので、その肩書で口座を開設し、そこへ振り込んで頂き、それをある地域市内の障害児教育諸学校で使うようにしていけたらな、という話になりかけています。私は「ある地域市立だけでなく、県立学校にも配付して下さい」とお願いしています。まあ集まった金額にもよってくると思いますが・・・

本来校長会で協議して、とかいうのがごく普通の日本式合意方法なのですが、こういう事態ですので、先に先に動いています。どんなもんですかねえ。少しでも賛意があるようでしたら口座を開設し、正式な文書をアップします。

それからこんな時、NIFを通じてお金を送金できたりしないかなあ?
うん、一度NIFに質問してみよう。

>みなさん
こういうことでどうでしょう?

kingstone
−−−−−−−−−−−−−−−
クニ   RE:みなさんに、ご相談(?)
(14) 95/01/27 14:21

#07790 kingstoneさん

》いう事態ですので、先に先に動いています。どんなもんですかねえ。少しでも賛意
》があるようでしたら口座を開設し、正式な文書をアップします。

  賛成します。そして、口座開設は郵便振替でどうでしょうか?口座開設までの時間が不明なのと、送金してから手元にくるまでに時間(普通1週間弱)が、かかりますが、送金の料金が安いのと

  貯金局から送られてくる(振り込みがあれば、1日単位で)
   1.払込取扱票(振込用紙)で、送金者の氏名、住所、電話番号、金額
   2.受払通知票で1日の集計、口数と残高などが分かり
  
  1と2を、まとめて残しておくだけで、管理の手間がかなり少なくなります。

  銀行の口座だと、1.の管理も大変ですし、残高の確認にも手間がいります。

》 それからこんな時、NIFを通じてお金を送金できたりしないかなあ?
》 うん、一度NIFに質問してみよう。

  たぶん、だめでしょうね。
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstoneの実名 障害諸学校復興義援金について
(14) 95/01/27 17:17

通信に参加しておられるみなさんへ
ある地域市立盲・特別支援学校会長 校長実名

この度は兵庫県南部大地震による被害について多数の方から暖かいごお言葉や物資を届けて頂きありがとうございました。

さて、ある地域地区には多数の障害児諸学校がありますが、この度の地震によりまして学校設備・人的資源また地域の通学路など多数の被害が出ております。今後また復旧にあたっては多大の予算が必要となることが予想され頭を痛めております。

そこで今後のご支援は誠に勝手ながら、義援金で頂けたらと思っております。
現在郵便局にお願いして口座を作っておりますが、普通で1週間かかるところが、現在の状況ではさらに時間がかかるとのことです。

寄付して頂いた義援金につきましては「ある地域地区障害児諸学校救援基金」としてある地域地区ということで市立学校以外でも役立てていきたいと思います。また集まりました金額によりましてはある地域市以外にも広げられればと思っております。

ということで口座開設の準備をしておりますので、送金はもうしばらくお待ち下さい。

なお、報告はNIFTY上でkingstoneの実名の方から責任をもってさせます。

                代理アップ 
                ある地域市立某肢体不自由特別支援学校学校教諭
                kingstoneの実名
−−−−−−−−−−−−−−−
kingstone うちの学校の場合
(14) 95/01/27 17:18

先週が大体電話で安否を尋ね、今週が家庭訪問の時期となりました。
また今週始めに紙オムツの支援をお願いしたことをきっかけとして、みんながいろんな面で動き始め、今は他校に足りない物を支援したりもしています。

グリーンピア三木にはたくさんの物が集まっていて、「何が必要か」がわかっている人が自分で捜して自分で持って行ってくれるのはありがたいくらいだ、とのことで、うちの学校の先生も様々な支援物資を取りに行っています。

子供たちの方では、巡回のお医者様に診て頂いたところ、入院が必要ということがわかった子がいました。こういう時期でついつい診て頂くのがおっくうになりがちだと思うのですが、こういうシステムを遠慮なく使って欲しいものです。

kingstone
−−−−−−−−−−−−−−−
△△ Re:障害諸学校復興義援金について
(14) 95/01/27 23:13

 この文章も関係ネットに転載しておいた方がいいんでしょ?
 と,勝手に判断して転載しておきますね。

 また,私の学校のPTAでも義援金を集め始めましたので,
 そちらの関係者にも伝えますね。
posted by kingstone at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TEACCHに取り組むには学校全体を変えないといけないから無理?2

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※「TEACCHに取り組むには学校全体を変えないといけないから無理?」の続きです。

 ○○です。(特別支援学級教師)

>「TEACCHに本気で取り組もうと思ったら学校全体を変えないと
> いけないから無理。」

 中国の古い話でもそんなんあったような。
 賢くなり過ぎると、先が見えて(あきらめて・予想される結果に失望して)かえってしようとしなくなる。けれども、そこまで賢くないなら、なんでも(できそうだと)挑戦していってしまう。そして、やってみるとやってる内に道が開けることも多いから、必ずしも、それが皆失敗するとは限らない。だからそういった人の方が、新しいことや難しいことをやり遂げることもある・・と思う。

 関係ないけど、市の特別支援教育研究会で「光とともに…」30冊ぐらい売れたなぁ。
−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 いかんですね。
 本当に「あほでよし」と思えていたら、ああいう書き方にはならないのかも。ま、でも私は私・・・・

 部屋の壁に貼った「Think Different」の紙
(クレージーな人たちがいる。
 反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。
 ・・・・ってやつ)

 だいぶ黄ばんできました。

追記
 「Think Different」はMachintoshのCMに使われたコピー(詩)

「障害のある人のためのセイフテッィネト研究」の冊子

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※特別支援学級の教師から

セイフティネット研究
「障害のある人のためのセイフテッィネト研究」ということで、警察関係に「障害者理解用啓発冊子」を配布する取り組みが始まっています。(北海道・東京・大阪)

 犯罪に巻き込まれたり、事情聴取等の時に、理解がないとあるで対応に雲泥の差がありますから。

 冊子の内容は、学校でも配りたいようなものでした。

「知的障害のある人を理解するために」P&A JAPAN
                  全日本手をつなぐ育成会

 1 知ってください
 2 「知的障害のある人」はどんな人
 3 どんな被害にあっているのか
 4 なぜ被害を訴えられないのか
 5 こんな時にどうする
 6 役に立つ地域の情報

 という内容です。2の中に自閉症の説明もあります。

追記
 現在も自閉症の人、知的障害の人が犯罪に巻き込まれることはよくあります。報道もされています。こういう冊子はどうなっているのかな?


当時の1歳半3歳児検診後の状況

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 みなさま、こんにちは、○○です。(保護者)

 自分で動かないで、どうにもならないことをグチグチいうのは良くないですよね。

 一歳半・三才児検診で、障害を発見されて、適切な医療機関で診断・説明そして適切な援助受られたら理想的です。行った先々で、違うことを聞くより、どこに行っても、正しいこと必要なことを同じように聞けたらいいのに。

 でも、実際には、私も知らなかったように、自閉症児に対して正しい理解をしてる人は少ない。だから、親の会とか、いろんな講演会とか必要なのかもしれない。

 実際に、私が出来ることは、子どもと接する機会のある人達に、自閉症を正しく理解してもらえるように、説明することかな。親でさえ、時間がかかったし、一度に沢山のことを伝えるのも理解するのも、無理なんやけど。子どもの障害をオープンにすることには、勇気がいるし、なかなかふんぎりがつかないんですよね。先送りにしったって、何も解決しないから、新学期にむけて頑張ります。

追記
 今はずいぶん「まし」にはなってきていると思います。少なくともお医者様で「親の育て方でこうなった」みたいな「変」なことを言う人はほとんどいなくなったのじゃないかな。

 ただ支援の方法まで踏み込めるかどうかは別問題ですね。確かにそれは他職種の仕事かな。どう伝えることができるか。

2月7日(月曜日)

 おはようございます。

 現在、パソコンに何かしてもらおうと思ったら、そのソフトだけを動かし、他のソフトを終了させる、というシングルタスク状態です。コメントにも書きましたが、今の状態を妻に言うと

「そこまでになってもちゃんと動いてるんや。ほめたらな」

・・・ということで新しいのは買えないですね・・・

 今日は、しっかり曇ってるのかと思ったけど、よく見ると霞かたがひどいという感じですね。

posted by kingstone at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする