私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月06日

1995年1月26日 2

1995年1月26日 2

kingstone 報告(1月26日)
(14) 95/01/26 23:55

今日は長田区の子供の家を2軒訪れました。

まず、海岸線を走るJRも山陽電車も使えないので、バスで名谷まで出て、そこから市営地下鉄で板宿まで出ます。ザックをかつぎ、三角巾で右手をつり、左手で大きなオムツのパックを持って動いているとたくさんの方が声をかけて下さいます。

「持ちましょうか?」
「ここに置くといいで」

 ありがたいことです。そこから話が始まり薬剤師さんで今から保健所に送られて来た薬の仕分けのボランティアに行くと言う方が

「もし学校のお子さんで、病院に取りにいけない方がおられたらFAXで処方箋を送って頂ければ今なら調合できますので」

というありがたいお話をうかがうことができました。

そういえば、こないだから非常措置としてできるようになった、という報道がありましたね。でも、それがちゃんと頭の中で結びついていなかったのが、これで結びつきました。実は夜帰ってから別の薬剤師さんにお聞きしたところ、垂水の駅前の薬局でもして頂け、「医療無料」の扱いも病院と同じようにして頂けるという話が確認できました。

板宿の駅で地下鉄を下り、外へ出ると周囲の家がほとんど倒壊しています。公衆電話で同僚に連絡する予定だったのですが、そのあたりの公衆電話はすべて壊れていました。東へ歩いて行くとブロックによってはひとかたまりに焼きつくされています。

ありゃりゃ肩が痛くなってきた・・・詳しく書くのはやめて、エピソードを2つ。

高台に住むあるお母さんの話。

5時46分に地震が起き、次の行動にうつるのに少し時間がかかった。長田の下町に住む祖母が気になり6時に父・母・子供3人が車に乗り道を下った。しかしガレキに邪魔され10分で走れるところが30分かかった。この時点では他の車はあまり走っていない。

家のある通り(普段なら結構広い)は両側から倒れてきた家のガレキでうまっている。車の中に子供だけ残せないので父・子が残り母親は真っ暗なガレキの上を叫びながら祖母の家まで走った。家は完全につぶれている。隣家もつぶれていたがその2階に居た夫婦が出てきた。そして祖母が助けを呼んでいる声が聞こえていた、と言う。

そこで母親は目につく所にいた男の人を呼び集め助けを求めた。そうしておいて父親のところへ戻り事情を説明。父親は親戚を集めに走る。

慎重にガレキをのぞき、祖母が助けだされたのは10時だった。

「車はだめ」という話もありましたが、うーん、まあこの場合も足で走っても30分くらいかもしれませんが、しかしそれだと子供を連れていけませんね。この子も障害を持っていますから一人にしておくのはかなり難しいのです。

それと、いかに消防・警察・自衛隊がす早く動いたとしてもその活動を待っていては助かる者も助からなかったケースも多いと思います。その時大事なのは自助努力ということになると思うのですが・・・しかしそれができる人はいいですが、そういうことができない人はどうなるのか・・・ただその場合でも近所の人が助け合って救出したという例も報告されていますし、実は別の家庭訪問でも実際にそうなさった方のお話を聞くことができました。

またいろんな所で聞くのは、我々教師が電話で何とか連絡をとろうとしていた時、親御さん達はオートバイで走り回り障害を持つ子供を持つ家族の安否を確認しに走り回っておられました。また紙オムツ等も当座の分は融通しあわれたようです。それこそものすごいネットワークです。


さて家庭訪問が終わって学校に戻ったところ、クニさんからの荷物が届いていました。大きなダンボール3つもありました。ゆうパックの速達便が中2日で届いているわけですね。ありがとうございました。

やってみて始めてわかる、ってことがたくさんあります。今回紙オムツを集めて適正に配分する必要が出てきて、どこで何が必要とされているかがわかって来ました。他の学校にも分配しています。

家庭訪問に持って行くと紙オムツもウェットティッシュも喜ばれますが、何よりも

「みなさんのお気持ちが嬉しいですね」

とお母さん方が言ってはります。(あっ、紙オムツとウェットティッシュは現時点で足りました)

やっぱりキーを打つのは鎖骨に負担が来るのかな・・・
posted by kingstone at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神・淡路大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょんまげぷりん 荒木源著

 図書館で借りて来ました。




 直参の武士がタイムスリップして現代に飛んで来たら、というお話。

 JIN−仁−の逆パターンですね。面白かったです。

 最近、本がすいすい読めない、と思っていましたが、これはすいすい読めました。

 主人公木島安兵衛がケーキ作りに熟達し、テレビのコンテストに出て人気者になるところはさかなクンを彷彿とさせるなあ、と思ってたら映画でも司会役がテレビチャンピョンの中村有志なんですね。もうひとりの主人公遊佐ひろ子はシステムエンジニア。

 またDVDを借りて来よう。

ラベル:小説
posted by kingstone at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛行機の男たち 編集についてAviUTL Xmedia Recode

飛行機の男たち (スライド・ショウ)」の編集について。

 AviUTL で昨日「The Airplanes ( painted by a man with autisum) slide show」の時に作ったプロジェクトファイル(aupファイル)を開き、そこの画像を日本語版に入れ替え、場面によって一部効果音ファイルを変更してすぐにaviファイルができた。

 やはり1.1Gの大きさ。

 これをXmedia Recode で読み込みApple形式とかいうmp4ファイルに変換した。ところが指定したフォルダ内には無い。そこで検索をかけて発見。なんと4Mにまで小さくなっている。1/250の大きさ!

 またなぜか私のパソコンではエラーが出て見ることができない。

 そのままYouTubeにアップロード。4Mだからすぐにできる。すると私も見ることができるようになる。

 解像度が低く、少し字が見えにくい感じなのと、なぜかオープニングの時に絵がずれているのが気にかかるが、公開にしておく。

ラベル:動画 編集 AviUtl
posted by kingstone at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 iMovie AviUTL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛行機の男たち (スライド・ショウ)

飛行機の男たち (The Airplanes 日本語版)」のスライド・ショウです。

 少し低解像度すぎるかな・・・あとオープニングが切れてますね。


ラベル:動画 自閉症

飛行機の男たち (The Airplanes 日本語版)

The Airplanes ( painted by a man with autisum) の日本語版です。

 もう11年前の作品です。作者が子どものころの作品です。

 作者には自閉症があります。という説明が良いのかどうか。自閉症云々を言わなくてもすばらしいと思っています。しかし作者が自閉症でなかったら私と出会うことも無かったし、やっぱり意味はあるんだろうな。

 作者は絵本が大好きです。今はどういう系統がお好きなのかはわかりません。当時は五味太郎さんの絵本が大好きでした。彼は五味太郎さんの描いた「へりこぷたーたち」を繰り返して読みました。そして触発されてMacintosh(型番はいろいろ使っていました)でKidPix(お絵描きソフト)を使ってくり返しくり返し様々な絵を描きました。絵も文も少しずつ違う物がたくさんできました。

 そのうちの1シリーズです。

 絵もですが、文も禅味あふれていてとても大好きです。


飛行機の男たち


j1.jpg

 飛行機の男たち
 天国のロマンス
 The Heaven of the Romance


j2_1.jpg

 飛行機は飛んでゆく 飛べるスペシャルはいいます
 なんでも 最後の力をこと ひとりぼっち


j2_2.jpg

 飛行機は100年はする 力をいきました
 森の中にスマイルを


j3_1.jpg

 なんでも いきました 今すぐ


j3_2.jpg

 誘惑 めぐりみたい
 今すぐ めぐりあわせて


j4.jpg

 飛行機の男たちは遊んで 花の中
 彼女をように 暖かい風


j5_1.jpg

 飛行機の男たちは噂の恋人 旅人
 飛べ100年はロマンティック 姿は山を捨てて


j5_2.jpg

 落ちないまったり捨てて ホントところよく いじわるで
 どこまでも はずれなっちゃった


j6.jpg

 海を捨てて 飛べいじわる 落ちないで 悪いこのまで


j7.jpg

 飛行機の男たちは ゴリアテだ
 力をあわせて 聴こえて


j8.jpg

 時に 飛行機は病院だ
 救急車 ある日は病気は 大丈夫。


j9.jpg

 飛行機の男たちは飛んで100年いきました
 答えを捨てて たぶんに約束はいきました ヨーロッパを


j10_1.jpg

 飛行機は 世界の国旗を北 スマイルを北
 何も知らない 誰も英語を終わらない それから


j10_2.jpg

 大きな言葉にそうだ ヨーロッパ
 そんなハンガリーによかったイギリス
 暗いヨーロッパ こうして ほんとね


j11.jpg

 輝く朝の100舞いの中 生まれた それはない わたるの


j12_1.jpg

 新しい風の中 強いきらめく 命をやらして


j12_2.jpg

 あっ しまった 大変だ あの娘飛行機の男たち
 それから 何処かへいっちゃった 知らないよ。
 The Heaven of the Romance
 飛行機の男たち 天国のロマンス
ラベル:芸術 自閉症

卒業式で校長先生の話の視覚支援をすること

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 こんばんは。○○です。

 とうとう卒業式が来週になりました。


>  □□は、あの冊子より、トランジッションコーナーに貼ってあった
> 一枚ペラの方が、わかりやすかったみたいです。
>  内容は「同じもの」やのに…。

 この△△さんの言葉で後押ししてもらったような気がします。

 いろんなとこに頭を下げ、やっぱいちばんやりたかった形にします。

 私のにこの仕事のまわってくるきっかけは、私に役がなかったことから来ています。(つまり校内で重要視されていない人)だから、いろいろややこしいのだけど。会議で承認された仕事ではないから・・。

 頭下げるのはただやもん!
 校長先生の話は大きな大きな紙芝居風にします。

 多分子どもたちは喜ぶと思います。
 自閉症じゃなくても・・・。

 一緒に動いてくれた仲間に感謝。

追記
 特別支援学校の卒業式の視覚支援ですね。最初はたいていの人が「頭を下げまくる」ところから出発しています。

 もう、卒業式やその他の行事の時の「お話」の視覚支援は当たり前だと思っていましたが、そうでもない学校もあるようです。


この学校の体制はいい感じかもしれない

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 みなさまこんにちは。○○です。

 支援費制度の意見交換会で、どっと疲れてまいりました。向こうの話はなく、こちらがどう思ってるか?様々な団体の話を聞いて「ハイおしまい」というものでした。これで、意見は反映されるのかな?と疑問です。


 話は変わって、□□の小学校に来年度自閉症周辺の子供たちが4名入学することになり、普通学級にいる高機能自閉症の子も入れると障害児学級は8名になるそうです。担任は来年度は2クラスになるものの、パニック状態になっています。(他に普通学級にも高機能自閉症、ADHDの子、ダウン症の子もいます。)

 幸いにも、今在籍している子たちのお母さんにも来年度に向けてどうしていったらいいか、意見を求めています。「こんなん、言ってもええんかな?」ということまで言わさしてもらってます。(^^ゞ(うるさい親かも)

 担任以外にも教師が足らないので、入れ替わり立ち代り入る事になるので、

・個人を知ってもらうためにサポートブックを置いたらどうでしょうか?
・それぞれのスケージュールを確認しないといけないのでホワイトボードをコーナーに設置しましょうか?

とか、、、。
「それっていいですねえ〜!」って言ってくれる担任はありがたいです。それでも、連日話し合いをしなくてはならない状態です。

 学校全体の姿勢?なのでしょうか、、。。
 だいぶ危機感を持たれていて、(人員的に足りないので、)自閉症関係機関に出向いたり、逆にDrにも来ていただいて先生がたの勉強会をしたりするようになりました。

 良い事やな、、。こんな体制が広がってくれたらな、、。(どんな形でもいいから他の学校にも)と、思います。

追記
 自分たちでも勉強しに行きいの、保護者の意見を採り入れえの(それも保護者がきちんとした意見を言えるからですが)いい学校ですね。
 どこだって人手・資源は限られているのです。その中で工夫していくしかないのですから。
−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、どうもです
 kingstoneです。

> 障害児学級は8名になるそうです。
> 担任は来年度は2クラスになるものの、パニック状態になっています。
> (他に普通学級にも高機能自閉症の子、ADHDの子、ダウン症の子もいます。)

 ピンチはチャンスかも。
 その状態でどうやっていったらいいのか・・・

 子どもに自立的に動いてもらわないと仕方がない。
 そして子どもに合わせていかないとね。

TEACCHに取り組むには学校全体を変えないといけないから無理?

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 ある方がある方にこう言ったそうな。

「TEACCHに本気で取り組もうと思ったら学校全体を変えないといけないから無理。」

 この方、すごくよく勉強もしている方です。私が言うとしたら

・小さいところから、ちょっとしたところからでも取り組めます。
・学校全体を変えたらええやん。

 まあこの方が「賢く」て私が「あほ」なだけかもしれません。

2月6日(日曜日)

 おはようございます。

 パソコンは、昨日「Out of Memory」をひんぱつさせていました。
 おお・・・「ひんぱつ」をへんかんしようとしたら「じしょふぁいるをおーぷんできません」
 「でぃすりょういきふそくです」のあらーとが・・・
 ついに・・・・

 きゃっしゅふぁいるとやらをさくじょする、というてではのりきることができないのか・・・

 てんきはきょうもかすんでいます。
 こうさ かな。

 きょうは ハルヤンネさんとsyunさんはいかのところ。


2月6日京田辺思春期連続セミナー
2011-01-26 10:26:24
テーマ:ブログ
*****思春期連続セミナー*****
「自閉症・発達障害を持つ人の豊かな暮らしのために」
〜思春期・青年期への手ががり〜

自閉症・発達障害の人たちを支援するグッズやサービスを提供されている(株)おめめどうより、代表取締役 奥平綾子@ハルヤンネさんと、おめめどうオブザーバーであり、障害支援サークルといくらふとの 大西俊介@syunさんをお招きして、連続講座を開催いたします。

第三回のご案内

日時平成23年2月6日(日) 14:00〜16:00(受付13:30~)
場所京田辺市社会福祉センター
京都府京田辺市興戸犬伏5番地の8 TEL (0774)65-4961

内容 「特性に添った支援、その具体例」
〜基本的な手立てを、覚えていきましょう〜
      (前半:講義、後半:Q&A)

参加費1500円 定員100名

申し込み&お問い合わせ先
e-mail jcotton.sasaki@nifty.com
FAX 0774−29−3897
自閉症者の暮らしを考える会 ハルスマイル (佐々木)あて

http://ameblo.jp/chigauhosi-style/entry-10780161261.html
posted by kingstone at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Airplanes の編集について AviUtl 他

 元絵を Canon Pixus MP270 で640×480でスキャン。JPG画像に。
 不思議なことに、68kから180kまでいろいろなサイズの画像ができた。
 途中「Out of Memory」というアラートでよく止まる。
 これは他のソフトを全て閉じることで対処。

 「音人」というフリーの音源サイトから爆音などの効果音を取ってくる。

 本当は、原作者の好きなクールな音楽をBGMにしたかったが、よくわからないのと、音源をどこから持って来ていいのかわからないので断念。

 AviUTL を開きレイヤの上に画像を順番にドラッグアンドドロップ。
 また別のレイヤに効果音ファイルをドラッグアンドドロップ。
 これで動画ができる。

 最後にaviファイルとして書き出す。
 しかし、これが1.1Gもあるファイル。

 そこでXMedia Recode でファイル形式を変える。
 しかし、変えかたがよくわからない。
 ファイルをオープンし、リストに加える、という操作をし、ファイル形式を選んで、エンコードボタンをクリックするのだが。
 私はAppk形式というmp4ファイルを作ったつもりなのだが、別のフォルダにaviファイルができていた。
 しかし、48Mまで小さくなっていた。
 それをYouTubeにアップした。

 う〜ん・・・まだファイル変換の仕方がよくわからない。
 
posted by kingstone at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 iMovie AviUTL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする