私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月05日

The Airplanes 顛末

自閉症児託児活動「れもん」からのお知らせの葉書

を書くためにもとの絵を探し出してきてアップロードしたのですが、何だか「全部紹介したい」という気持ちがむくむくとわき上がって来ました。たまたま今年の年賀状をきっかけにメールのやりとりが復活していたので、まずお母さんにデータアップの許可と、もしデータがあるなら頂けないか、とお願いしてみました。

 するとお父さんから返信を頂き、データがSCSIの記憶装置の中にあり、取り出せないとのこと。しかし、アップの許可は頂けました。絵自体は私も持っているので、スキャンすればすみます。

 恥ずかしい話ですが、その後、作者ご本人に許可というか確認をお願いしました。(本来、順序は本人さんが一番ですよね。お恥ずかしい)

 ご本人に許可というか確認をして頂くようにお願いすると、私のブログの上のところにある写真を見て、

「kingstone先生」と言ってにこにこしてくれたそうです。あの写真で!

 というわけで、静止画とスライドショウをアップさせて頂きました。まず英語版ですが、次に日本語版をアップする予定です。

The Airplanes ( painted by a man with autisum) slide show

These pictures were painted by a man with autisum.
He likes picture books.
He read "へりこぷたーたち (helicopteres)" written by Tarou Gomi much times.
And he was iinspired.
He painted these picutures.

I feel these pictures attractive very mucy.
You may feel these sentence strange.
But these pictures and sentence attract me.

Hardware Machintosh
Software KidPix

I made slideshow.

効果音 http://www.yen-soft.com/ssse/


The Airplanes ( painted by a man with autisum)

These pictures were painted by a man with autisum.
He likes picture books.
He read "へりこぷたーたち (helicopteres)" written by Tarou Gomi much times.
And he was iinspired.
He painted these picutures.

I feel these pictures attractive very mucy.
You may feel these sentence strange.
But these pictures and sentence attract me.

Hardware Machintosh
Software KidPix


1.jpg

The Airplanes
The Heaven of the Romance

2_1.jpg

Airplanes the fly and sky airports
anything see us just one world.

2_2.jpg

Then we airplanes rather gate
forest and world.

3_1.jpg

The best everybody.

3_2.jpg

You rather up
just one rather down.

4.jpg

The Airplanes play in the flowers
the make now more.

5_1.jpg

The Airplanes everything tell
fly into remember mountain.

5_2.jpg

The quiet if simple snow say into the way
nothing life way last power.

6.jpg

Into lightning fly water was bad you.

7.jpg

The Airplanes this big the airplanes.
Than a rather its a rather.

8.jpg

That airplanes hospital
got simple a right.

9.jpg

That airplanes fly as anything for you
now fantasy world a rather.

10_1.jpg

That airplanes was care Twenty one Alphabet nice
of ran sound into the sound the anything.

10_2.jpg

Big tower good night "Twenty One Alphabet"
is a speed then we got make please last
dark and night. That day and night.

11.jpg

I've hard that you ran so the next into a sound everything.

12_1.jpg

I'm cold in the winds sky hard like speed a something.

12_2.jpg

What it's doing anything The Airplanes
say nothing there everywhere?

The Heaven of the Romance

ラベル:art autism

役所はサービス業です

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○です。

 福祉事務所=福祉課へ行ってきました。今度は、『障害者福祉サービスについてまとめた冊子』を下さいと言ってもらってきました。冊子を読んで、良さそうなものがあったら、該当するか聞いて下さいという感じでした。

 お役所はサービス業ではないし、私も知らないうちに依存しすぎてたと反省しました。

 全然別の方面から聞いた、私立の幼稚園でも療育手帳をを持つ子供を保育している場合、県に申請すれば、園側に障害児教育振興費補助として、たとえ一人でも年に40万ぐらいおりるということです。勿論、障害児に必要なものに使うということで。本当に必要なものを購入していただけるかはわかりませんが、変な言い方ですが園にもメリットがあるのはいいことだと思います。

 いろいろ有難うございました。
−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> お役所はサービス業ではないし、私も知
> らないうちに依存しすぎてたと反省しました。

 うーーん・・・・お役所は「学校」という役所も含めてみーーんなサービス業だと思っています。ただし、その自覚の無い職員は多いと思いますけど・・・・

 で、いいサービスを引き出すにはどうしたらいいか考えたり、動いたりしないといけないという・・・・いやはやご苦労をおかけしています。

追記
 「お役所はサービス業ではない」というのは何も言わなかったら何もしてくれないし、基本的に申請しなければ動いてもらえない、という意味だと思います。まあそれでも申請する側に知識があればそれでいいんですけどね。で、お役所があれこれ指図して来るよりはそっちの方がいいかな、という気もしますが。

 現在は「サービス業」の自覚を持った公務員も増えてきているのじゃないか、と思っていますが、どうなのでしょうか。

お姉さんが弟のサポートブックを作り始めた

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 皆さんこんばんは。○○です。

 ちょっとうれしいことがあったので。

 実は、家の長女、「光とともに」を読むようになって弟□□との、コミュニケーションの取り方の理解を深めたようです。

 で、以前より私の作っているカードに興味を示し、絵カードを作ろうとしていました。数点採用したものもあります。

 出かける特に、私が、コミュニケーションブックをもっていくのを忘れたときなどは、私に、ペンと手帳を求め、ササッと絵を描いてくれたりしていました。

 それが今度は、サポートブックです。

「光とともに・2巻」を読んで、「ノブの部屋」をダウンロードし、サポートブックの作り方を印刷して、私に示しました。私は、作らなければ・・・・と思いながら、なかなか時間を作ることが出来ず、先延ばしになっていたのに。彼女は、少しずつ進めてくれています。

 負けていられません。彼女も、こまかいことは、私に聞かなければ先に進みません。とりあえず、私が、下書きし、彼女に、清書を任せるつもりです。案外、私が作るよりいいものができるかも?(私より数倍頭やわらかいと思うので)完成予定は・・・・?

追記
 お姉さんが弟と絵を使ってのコミュニケーションを始め、サポートブックも作り始めてしまった、という話です。

 もちろん兄弟にこういうことを「要求」する必要は無いと思います。しかし兄弟本人が必要と思って自分でやり始めた。それはいいことだな、と思います。

サポートブック

園の生活発表会でのエピソード

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 皆さま、こんにちは、○○です。

 以前も生活発表会のことを書いたのですが、□□に対して友達が手をひっぱって誘導してくれるように、先生が指導されています。このことは、日常場面でもあるようです。

 それで、連絡帳に「□□ちゃん、△△へ行くよ」と名前と具体的な場所を言って、誘導していただけると、スムーズに行くかもしれません、と書きました。名前を呼ばれることで、本人が言われていることに気づき、具体的な場所を言ってもらえることで心の準備が出来ると思います、と書き添えました。お友達自体も、自分のことで精一杯だとは思いますが、スムーズに行ったほうがお友達にとってもやり甲斐があるので、先生にお願いしました。

 視覚的なことでないと、先生がたもすぐにOKです。まずは、一歩前進。視覚的援助は、おいおいと…。

 同じ園の年長さんに、多動傾向が強い自閉症だと思われるお子さんがおられます。私は、面識はありませんが、生活発表会でそのクラスを見に行ったお母さんに尋ねてみました。

「赤ちゃんの声って叫んで、先生が連れ出してたよ」

と言っていました。私が

「本人が不快なことが、理解してもらって連れ出してくれたんやね。」

と言うと

「動き回るし、大声を出すから連れていかれたんよ。」

と返ってきました。確かに、園長先生も

「小さいお子さんをお連れの方は、あまり騒ぐようなら声が聞こえませんので、連れ出して下さい。」

と言っておられました。また、その子のお母さんは、その子が不快で叫んでいたのではなく、やっと出たことばやから、本人は嬉しくて言っていると思ってはるそうです。本当に、その子のお母さんが思ってはる通りかもしれませんが。それこそ、また聞きとか、推測とかの話しばかりなので。複雑な気持ちですが、園の先生方にも、いろんなことを説明していこうと思いました。
 
 子供が拒否している時は、何かわからなくても、とりあえず不快な状態であることを認めて、拒否を聞いてあげることが大切なんでしょうね。私も、外出前のトイレの習慣をつけたいことにとらわれて、見失っていた様な気がします。必死になっていると、見えないことが一杯です。というより、私たちにとっては、何でもないことでも、この子達にとっては苦痛なことがあるということを理解できてないからですね。快/不快を感じる何かがチョッと違うし、許せる/許せないことが違ってたりするんですよね。

 例えば、『光とともに』で、最初に、抱かれることを嫌がる赤ちゃんとして描かれているけど、何となく過ごして、それが障害の幹なる部分で、今後もそういう問題を抱えつつ成長していくということを、親はいつ自覚したらいいんだろうと思ったりしました。

 脳性麻痺のお子さんは、同じように抱かれることを拒否したりするけど、筋緊張の異常が原因であり、親は、そのコントロールの仕方を学び、それが障害の幹なる部分やと理解するんやけど。

 自閉症の親にも、そういうステップが必要ですよね。わたしなんか、何となく過ご
して来て、今必死になってる感じ…。まだまだ、これからです。

追記
 教師が周囲の子供に自閉症のお子さんの移動を頼み、手をつないで引っ張って、あるいは背中を押して行く、これは私が通常校に異動して一番に止めさせたことですね。長い目で見ればいろんな意味で悪影響しかありません。本人は自立的な移動ができなくなる、周囲は「どんなことをすれば本人にわかってもらえるか」を考えないようになる。

 当時「視覚支援」をお願いしてもしてくれず、「音声言語」「引っ張る」「押す」ならしてくれる教師は多かったのですが、今はどうでしょう。

 拒否を認めていく、そして拒否の表現を癇癪やパニック、あるいはその他の周囲にとって「困る」表現から、「困らない」リーズナブルな表現に変えていく(見つけ出す)ことはすごく大事ですね。

 脳性マヒのお子さんに触れられた部分があります。脳性マヒのお子さんを抱きにくいのは筋の緊張や弛緩の具合の場合が多いとは思いますが、脳性マヒのお子さんでも人によっては抱かれた時の刺激が激しすぎ不快に感じる場合もあるかと思います。


2月5日(土曜日)

 おはようございます。

 パソコンの方は、もう、一回クリックして次の動きをさせようとする度に止まってくれます。
 う〜〜ん。
 やりたいことがいろいろあるのですが。

 薄曇り?
 遠くが霞んで見えます。
 季節的に黄砂ってことはないのかな。

posted by kingstone at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする