私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月03日

中国貧困絶望工場 アレクサンドラ・ハーニー著

 図書館で借りて来ました。



 いやはやすごい題名です。2008/12/11発行ですから、最新の情報とは言い難いですが。

 しかし、アメリカ人作者のこの手の本に多いですが、やたら分厚い。でもってデータをいろいろ出してくるんだけど、それがあまりまとまっているとは言えない。で、すぐ横に並べられたデータが、そのままでは比較できないのに比較されてる(ように読める)ものだったり。翻訳というのもあるのかなあ。すいすいは読めず、結局半分読んだところで返却しました。

 しかし流れとしては改革開放で、経済特区ができ、工場ができ、低賃金で輸出。労働環境はめちゃ悪い。しかし徐々に労働者の訴訟も認められ、労働運動も起き、チャイナ・プライスにも変化が出てきている、そのあたりか。

 まあ、工場がベトナムとかに移動している、という今の話につながるのかな。

 アメリカのウォルマートなどは、コンプライアンスにうるさいから、相手の工場の労働条件が人権を無視したものであったら発注を止める。だから、業者は第一工場を法律に合致した条件とし、品物を第二工場に発注するとか。そこでは長時間労働などでものすごく安く品物を作ると。職場条件も悪い。著者をその第二工場に案内した経営者が、そわそわ、と言うか嫌そうな顔で言った一言。

「誰だって、鶏は食べたいけれど、殺す現場は見たくないでしょう」

って、まあこの言葉がほんとかどうかはわからないけど、でもそれはないよなあ。殺すのも大事な仕事だし、見たくないことは無い。

 でも、中国のエネルギーがすごそう、というのはよくわかりました。



ラベル:中国 価格
posted by kingstone at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画「聖☆おにいさん」が大英博物館に展示

 週刊文春2.10号池田暁子「人生モグラたたき」に書いてあった情報。

 「聖☆おにいさん」が大英博物館に展示されている。

 寺田直子氏の「ハッピー・トラベル」のエントリ、「大英博物館に、「聖☆おにいさん」がぁ!?」より。う〜ん、やっぱり漫画は代表的日本文化やなあ。図書館で借りられたら借りよう。

 写真は上記エントリから。

聖おにいさん.jpg
 展示されている「聖☆おにいさん」

聖おにいさん解説.jpg
 解説。
posted by kingstone at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「二審も公開求める 県教委体罰教員名 大阪高裁」という報道から

2011年2月3日 神戸新聞記事

二審も公開求める 県教委体罰教員名 大阪高裁 

 転載。

「 兵庫県教育委員会が体罰の報告書を一部非公開にしたことをめぐり、馬場健一・神戸大教授が決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は2日、学校名や校長名、体罰をした教員名の非公開決定を取り消した神戸地裁判決を支持、県教委側の控訴を棄却した。馬場教授が県教委と争った別の二つの訴訟では、「公開」「非公開」と正反対の判決が確定しており、県教委の対応が注目される。
 馬場教授は07年、04〜05年度に県教委に提出された体罰+報告書などについて情報公開を請求したが、学校名や教員名などが非公開とされた。県情報公開審査会は「学校名と校長名は公開」と答申したが県教委は公開せず、同教授が提訴。地裁は昨年9月、学校名や教員名などについて非公開決定を取り消す判決を言い渡した。
 大阪高裁の小島浩裁判長は「体罰+について調査や報告がされたという情報は、公務員の私事に関する情報には該当しない」と結論付けた。
 馬場教授は、1995〜97年度分と01年度分についても提訴。最高裁は07年、前者は「非公開」、後者は「公開」とする高裁判決をそれぞれ支持し、確定した。県教委は非公開を続けているが、県情報公開・個人情報保護審議会は今年1月、06〜09年度分についても「学校名と校長名は公開すべき」と答申している。
 今回の判決について県教委は「主張が認められず誠に残念。判決内容を十分確認し、適切に対応したい」とコメントした。
(霍見真一郎)」

 「体罰」という言葉が何ともですが。「叩く(なぐる・どつく・しばく)」とか「蹴る」とか「暴力」とかが適切かもしれない。

 「罰」って法律用語ではあったっけ?「刑罰」っていう言葉はあるな。これは「法に触れることをした」だから「これこれを課す」というもの。まあ、現代法では建前としては「目的刑」論の立場にたって「この刑を科したら教育的効果があって意識・行動が改善される」というのがあるけど、信じてる人はいるのか??

 応用行動分析の「罰」だと、「何かの行動を少なくさせる」ものだけど、確かそれは一時的な効果であったり、別の「困った」行動が増えることが検証されてる、と思うけど。

 で、この記事の件で言うと、県教委は「『体罰』と呼ばれること」があったのは認めた上で、しかし誰がやったかは公開しない、と言ってるのかな。何を守ろうとしているのだろう。

 堂々と「この指導法が私のやり方です」と公開すりゃいいじゃん。それとも教師・校長・学校・教委も「後ろ暗い」のか。

 私、恥ずかしながら小学校の通常クラス担任時代は「子供のほっぺたをはり倒す」を何回かやったことがあります。思い返せばめちゃ恥ずかしい。せずにすんだことだと思いますから。

 通常学級時代に教師が小学生の顔にきれいな回し蹴りをくらわせたのは目の前で見ました。この時ではなく、他の時にこの教師は暴力で保護者から文句が出て、その時校長が「生徒指導でも頼りにしていた先生なのに裏切られた気分や」と愚痴ったのを聞いて、「へえ、校長には情報は上がっていかへんねんなあ」と思ったものでした。この先生、なぜか異動先が全て私と同じになって(私は希望してだったけれど、この先生はたぶん「とってくれる所が無くて行かされた」と思われる)後年、私が書いている「暴力を頻繁に使う先生」です。

 私は、特別支援教育を担当するようになってからは、「叩く」はやったことはありません。どう考えても「それは違う」と思えたから。

 ただねえ、「威嚇」は同僚とかが結構目の当たりにしても、「暴力」は隠れてやることがあるので、同僚も知らない場合がありますね。

 で、他の学校の教師に「珍しい学校ですね」と言われたことがあったので、「威嚇と暴力」を使わない学校もあったのかもしれないですが、他県の先生が頭に来て「威嚇と暴力を使うのであればIEP(個別の支援計画)に書いて保護者とも同意すればええねん」と言ってましたから、うちの学校だけのことでは無かったと思われます。

 ほんま「情報を非公開」にすることで、何を守ろうとしてはるのやろ・・・・で学校の児童・生徒とのやりとりは全部「公務」だろうに。

ある地域の特別支援教育研修での相棒の発表で

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 今日はある地域の特別支援教育の研究部の発表会でした。
 
 「ことばグループ」の発表として私の特別支援学級の相棒が発表しました。
 私は横で対象のお子さんが使ったスケジュール表を持ったり、実物投影機でカードを写したりしてました。

 相棒の発表はとてもほのぼのしていて良かったです。
 で、会場の中でにこにこしながらうなづく人たちもたくさんいて、ほんま良かったなあ、と思いました。

 指導主事の助言も、相棒の実践をフォローし、「視覚的なものに強いから」みたいなところでしゃべってくれて良かったです。

 途中で「が」だったか「でも」だったか逆説の接続語が出てきたので一瞬身構えましたが(今までだとたいていはその後に「やっぱり言葉がけでできるように」とか言うことを言い出す人が多かった)話は環境を整えることの大事さに移っていったのでほっとしました。

 実は私も後で話す予定で、一応しゃべくり原稿は作っていってました。でも時間が無くて言えなかったのですが、それも神様の思し召しってやつじゃないかな、と思いました。
 やっぱり私のって基本的に暗い・・・言葉を選んでるつもりでも、

「おうおう、お前らわかっとんかああ。自閉症のお子さんをしんどい目に合わせとんちゃうんかあ」

みたいなことが裏から臭ったりするから。

 ほんま相棒の話だけで終わって、あの場は良かったよなあ、と思いましたです。

 ちなみに今年の研究冊子をぺらぺらやっていた相棒が「あっ、これ使えそう」と言った原稿の筆者を見ると○○さんでした。

追記
 ○○さんは、古くからの研究会の私の仲間ですが、相棒はそんなことは知りません。

指導主事からの評価

の「やっと出発地点」と言われたやつです。そのことは隠してますね。ええことだけを取り上げて書く。まあそういうふうにやってたってわけです。

「視覚支援やってみたけどあかんかった」と言われた話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。

※ある特別支援学校の先生が卒業式の時に、周囲の先生が「式次第が欲しい」(今までそういうものを児童・生徒に使ったことが無かったと思われる)と言うので、とりあえず作って渡してあげたけど・・・という話です。

 こんばんは。○○です。

 先日卒業式の視覚支援のひとつ「式次第」をさんぷるで?ほしいひとに渡してつかってもらいました。それで、必要だと思ったら当日もつかってもらう。

「これを渡しても見ない。」「やぶられた・・・。」など・・。悲しい意見聞きました。
 その反対に自分で、改良して使ってたひともあった。

 今日、みんなに言いました。

「今回の卒業式が初めての視覚支援の子どもにぴったり来なかったからと言って、決めつけないでください。土曜日のハルヤンネさんの講演の話にもあったように、□□くんも半年ぐらいかかってます。うちのクラスの子も1学期かかってます。春から取り組んでいれば、多分改良して使えた子どもはいるはずです。初めて視覚支援を使うのがこんなつらい卒業式のような儀式的行事だということの方が・・・。」

 涙でそうでつまりましたがなんとかはなししました。
 怒りと情けなさで・・・。

 ここに泣き言書いて終わりにします。
 明日から又やらなくては・・。ニコニコとね。
−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> 先日卒業式の視覚支援のひとつ「式次第」をさんぷるで?ほしいひとに
>渡してつかってもらいました。
> それで、必要だと思ったら当日もつかってもらう。

少しずつ広がっていきますね(ニコ)

> 「これを渡しても見ない。」「やぶられた・・・。」など・・。悲しい意見聞きま
> した。

 うふふ。初めからうまくいく「一発カード」なんてなかなか無いですもんね。
 しかも卒業式・・・・

 でもまあ改良して使ってくれた人もいるようだし、ほんま少しずつ・・・

追記
 よくある話かもしれません。日頃のスケジュールの理解があってこそ特別な日に役に立つのですが。
 でもって、周囲が「作る」のをひとりに丸投げ・・・一人一人の子がどんなことならわかるのか、わからないから無理があるし、あなたたちの給料は何のため?って言いたくなりますけどね。まあ最初はしかたない・・・

支援費制度(今の障害者自立支援法)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



みなさん、こんにちは。syunです。

平成15年から支援費制度が始まりますね。

みなさん(特に養護学校在校生)、ほんまにわかってはるんやろか・・・・・

手元に資料があるのならば、物理的にアナがあくほど読んでください。

資料がなければ、厚生労働省に電話してでも資料を請求してください。



今日、厚生労働省社会援護局○○専門官の話を聞きました。

ごっつい疑問が浮かびましたので、休憩時間に質問しました。

厚生労働省と文部科学省は全く別の省なので、横の連絡は全く無いそうです。

これがどういうことか、ゆっくり考えてください。

これまで、親御さんと話ししていて「そんな制度知らない」とおっしゃる方が何人もおられました。

今回はそんな程度の事ではすみません。

学校の先生はこの事をほとんど知りません。

自己責任ですよ。

追記
 「自己責任」という言葉は、いつの頃からか、嫌な意味がつけ加えられていますが、ここでは、「こちらから申請しなけりゃ動いてはくれない」ということですね。だいたいの制度はそう。でもっって昔は教師はほんとここらへんにはうとかったです。今はどうだろう?

 別に詳しい必要は無いと思いますが、ショートステイとか利用できるあれこれがある、どこに行けば詳しい話が聞ける、ということは知っておいて欲しいですが。

「支援費制度」Wikipediaの説明

 でもって、考え方が「措置」から「選択」へ、大きく変わったのですね。福祉業界は、「選択肢が少ない」「どっちを選んでも良くない」とか言われることがあっても、「選択」の考え方が浸透しました。学校業界はどうだろう?

 

2月3日(木曜日)   節分

 おはようございます。

 パソコンのことは・・・もう同じ愚痴ばかり・・・

 空はうっすらと白いけど、雲ひとつないいい天気です。
 少し暖かい。

posted by kingstone at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする