私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月02日

自閉症の人が嫌な感覚に慣れたりとか対処法とか

 Twitterで自閉症の人の感覚の異常(主として目に見えて問題になるのは過敏ですね。感じにくい、ということが問題になることもありますが。冬の湖に入って泳ごうとしたり)についてのやりとりがありました。ちょっとだけまとめておこうと思います。

 私など、よく身の回りにあったのは聴覚の過敏。何の音が嫌なのか、こちらにはよくわからないこともありましたが、沢山の人のざわめき、とか、施設内(学校だったりスーパーだったり)の放送がたまらなく嫌だったり。校内で流れる音楽が身もだえするほど嫌だったような人もいました。(ような、というのは本人に「何が嫌だったか」尋ねることは無かったので。まあ尋ねるより先に逃げ出してましたが)

 この聴覚の過敏については、年齢によっても強まったり弱まったりしたような気はします。でもよくはわかりません。

 私の初期の頃は、携帯CDプレイヤーにヘッドホンをつけて音楽を聞くことで対処する人がいたり、後年はイヤーマフをつける人も多くなりました。

イヤーマフ.png

 思春期・青年期になってヘッドホンやイヤーマフを手放せなくなった、と見えた人もいましたが、それは単に小さい頃にはそんなものが無かっただけかもしれません。つまり嫌なのは同じで避けようが無かっただけ。

 とは言っても、イヤーマフをすれば万々歳、という話では無いです。結局、生活の中でカレンダー・スケジュール・見て分かる活動がある、などがどれだけ整えられているか、ということにもなるし。

 それと「認知面」との関わりの話も少し出ていたのですが、こんなことはあります。

 例えば、スーパーの店内の騒音が嫌いな人でも、スケジュールがはっきりとわかっていて「何でここにいるのか」「そこでどんな活動をするのか(特にその活動が、自分の欲しい物を買う、など自分に得になる活動の場合)」「いつ終わるのか」「終わったら次にどこに何をしに行くのか」が理解できていれば、少しは我慢できる、とか。

 見通しがあるから我慢できるわけです。でも「嫌なものは嫌」に変わりはない。

 ただ「わかる生活」「居心地いい暮らし」があれば逆にイヤーマフをつける機会も少なくなる、というのはありますね。それをねらっちゃると失敗するとは思いますけど。

 それから聴覚について言えば、よくあった例は「運動会のピストルの音が恐い」「だから運動会に参加できない」というもの。

 これに対しては1例だけ「タンバリン」→「大太鼓」→「ピストル」と慣らして行って参加できた、という例を聞いたことがあります。

 しかし圧倒的に「ピストル使うのやめて笛(ホイッスル)にしました。それで自閉症のお子さんも楽に参加でき、教師も楽、保護者ももちろん楽」という例の方が多かったです。まあ、そっちの方がいろんな意味でコストが低いでしょうね。

 偏食(味覚の過敏)についてはこちらにまとめています。

食器 給食指導・偏食指導のことを並べてみた

 あと、触覚については服の首のところについているタグが駄目、という方がおられますね。これは丁寧に切り取るくらいの対処でしたねえ。

 水泳帽がかぶれるようになった話も、何でだかわかんない・・・まあ我々が「見てわかる」コミュニケーションをしよう、としていたのは事実ですが。

ボランティアグループ「れもん」第5回 & 懇親会

 結局、あまり「慣れる」という話にはならないなあ。

 まあ、食べる物のバリエーションが「別に特に何をしたわけでもなく」増えた例はたくさんあります。

東国原英夫元知事の宮崎県庁観光地化について思う

 東国原英夫元知事が「県庁の観光地化には(本来業務ではないし)反対もあったけれど、やったら職員の対応が良くなった」と講演で述べられたとか。ご本人の発言ですから割り引く必要もあるかもしれませんが、これはよく理解できます。もちろん元知事の「個人的人気」によって観光客が集まって来たわけですが。

 それでもその観光客へ対応しようとして職員がいろいろと考えるようになり、対応も改善し、態度が良くなる、というのはすごくよくわかる理屈です。

 肢体不自由特別支援学校や知的障害特別支援学校や特別支援学級も「観光地化」とは言いませんが、おおいに見学に来てもらったらいいのに、と思います。私自身「この子たちは見せ物じゃない!」ということは言い続けていました。しかし「いい実践」は見てて感動を呼ぶし、見に来た人を変える力を持っているのも事実です。いや、とりたてて「いい実践」でなくたって、障害のある人が「普通に暮らしている」ことを見るだけでも力があります。

 まあ「どこがいいのか」を説明できる人が必要なことはあるかもしれません。でないと教師が怖い顔で「死ぬ気で頑張れ!」とか言って、子供がめちゃ緊張した顔で「はい!」なんて言ってるのを見て「感動した」なんて、とんちんかんなことがある可能性もありますから。

 もう20年近く前、ある電気メーカーの研究所にお勤めの方が私の勤務している肢体不自由特別支援学校に放課後、見学に来られたことがあります。私は、たくさんの子どもたちがトーキングエイド・MSX・Mac(98とかはあったかなあ・・・)等で楽しく勉強している様子のビデオをお見せしました。そしたらその方、泣いてはりました。私もビデオの中の子どもたちもみんな笑ってんですけどね。(って別に笑ってない子もいましたけど。笑顔を作るのがむつかしい子もいますから)

 でもって、「他人の目」が入るっていいことだと思います。オンブズマンとか言うと緊張しちゃいますやん。じゃなくて観光地化。

 まあ人刺激が嫌なお子さんもいるから、そこんとこは工夫がいるでしょうけど。(私が勤務してた時、でっかい指導主事が黒のスーツで来はったら、自閉症のお子さんがめちゃめちゃ怖がっていた・・・私も指導主事さんには「出て行って下さい」はよう言わんかった。教育実習生さんには言って、私も外へ出て教育実習生さんと話したんだけどね)

 とにかく内輪で固まっちゃうと、ろくなことないですから。




ワンピースCD借りてきた

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ワンピースツリーのみなさん、どうもです。
 kingstoneです。

 私ゃ、ONE PIECE のBEST CD ってのを借りて来ました。
 この音楽が好き、って子がいるもんで。
 なかなか人気らしくって2週間待ちました。

追記
 う〜〜ん、何も記憶に残っていない。
 漫画もこの時も読んだだろうし、その後も何度も挑戦してるんですが。私には合わなかったのか。

 しかし担当している子が「好きだ」というものには取りあえず私も挑戦してみました。

みんなそれぞれの思い込みで生きている

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、そしてみなさん、どうもです。
 kingstoneです。

>  ハルヤンネさまをはじめ多くの皆さま、お騒がせしました。

 いいええ(ニコ)

> 勝手な思い込みから、ご迷惑をかけ、申し訳ありませんでした。

 勝手な思い込みが悪かったら私は生きていけません(アセ)

 みんなそれぞれ思い込みで生きてるんですよね。
 で、それを出さずに胸の中だけでおさめて悶々とする、なんて方もいらっしゃるかも。○○さんの場合は出したから周囲(今回はハルヤンネさん)と摺り合わせて、あっそうやったんやあ、という事がわかったわけですね。

 勝手な思い込み、よろしいやん。
 で、まあそれを出し合って、ちょっとちゃうかな?ここはこうかな?なんてできたらいいですね。

 もちろん、みんな違う思いで生きてたっていいし。

 ま、みんな無理して書くことはないですけど。

ブラジルからの転校生 コミュニケーションするために

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 みなさま、こんにちは、○○です。

 今日は授業参観。

 □□(定型(?)のお子さん。通常学級)の教室に長くいました。

 実は、先日□□のクラスに転校生がやってきました。
 日系ブラジル人、△△くんです。
 「日本語、少ししか、わかりません」

 □□は、転校生の話を前日に聞き、興奮してかえってきて、開口一番、「ポルトガル語の本はないンか?」

 そんなモン急に言われてもあるわけない。
 それで、インターネットで検索して、ポルトガル語の挨拶や簡単な単語を印刷して行きました。便利な世の中やねー。

 次の日朝一番にドキドキしながら「ボンジア」(おはよう)と声をかけたそうです。

 今日□□の教室に行くと、驚くことに□□の隣りの席が、△△くん。
 結構話をしています。

 同じクラスのIくんが、「□□君は、通訳やもんなあ」と言ってました。
 どうやら、先生から、通訳の白羽の矢が立ったらしい。

 AAの自閉語の通訳が出来る□□は、外国人ともやり取りできるのか?
 基本や一緒やもんなー。

 今日の授業はホントは算数だったらしいけど、急に「ブラジルのこと」を学ぶ時間に変更になりました。
 そういうところ味のある担任は、数年前ブラジルへの教員の研修があったときも、高校の時から夢見ていた「アマゾン川」へ釣りへ行ってもいいという条件付で同行したという、たいへんな釣り好き。

 撮ってきたビデオの前半は、ブラジルの学校。後半は、アマゾン川の「釣りごろ、釣られごろ」でした。
 出して見せてくれた写真集が開高健の「オーパ」。やるなー!

 でも、今までで一番おもしろい授業参観でした。
 好きこそ、ものの・・・やねー。

 さて、△△くんですが、ブラジルの子どもとあって、サッカーうまいです。転校してきた日から、放課後は一緒にサッカー。
 このところ、ワンピースカードに夢中で、友達とチマチマ遊んでいたので、たいへん良いことだなあ…とこちらもその影響が嬉しい。

 △△くん。
 □□の人生の座標にまた一人、おもろい男がクロスしてきました。


PS.

 教員全員と5年生全員に、ポルトガル語の一覧表が配られていました。みんなで、覚えていくそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−

 あとで「ポルトガル語、ちょっとは覚えたンかいな」と尋ねると
 「『日本語をわかりやすく』言うんや」と答えました。

 基本やなあ…。もっと誉めたらな…。

−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  あとで「ポルトガル語、ちょっとは覚えたンかいな」と尋ねると
>  「『日本語をわかりやすく』言うんや」と答えました。

 なるほどなあ。
 
 ほんまお互いええ経験やろなあ。

> 基本やなあ…。もっと誉めたらな…。

ほんま、ほんま。
 うちの子も誉めたろ。
 探せばいっぱいあるんよね。
 つい言い忘れてしまう。

追記
 △△君が来て□□君がポルトガル語を覚えようとする、ってデープ・スペクターさんが日本人の友達にウケたくて日本語を覚えたのを思い出します。

 「相手にわかること」でコミュニケーションしようとしてるわけですね。また「相手の得意なこと」で一緒に遊び「相手の文化」を知る。「相手」を「自閉症の人」に代えても同じこと。

「教員全員と○年生全員に、ポルトガル語の一覧表が配られていました」これ、自閉症のお子さんの時も「その自閉症のお子さんがわかるものやことの一覧表(もちろん一人一人、また場所によっても異なる)」が配られたらいいのに。

2月2日(水曜日)

 おはようございます。

 昨日、お店でWifiに繋がれた(?電話回線とは思えないので)iPhoneを触りました。Web間の移動が、私のデスクトップ環境より速い・・・どんだけ私のデスクトップ環境が遅いんだ・・・
 とつぶやいたら「iPhone,iPadなどのネット利用時はストレスのないようにできている」というつぶやきが。
 へえ、何がどうなっとんやろ。

 薄曇り。
 キンキンした寒さは無いよう。

posted by kingstone at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする