私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月24日

サポートブック(サポートペーパー)のひながた(おめめどう)無料

 先日、無料で利用できるサポートブックのひながたのダウンロードサイトをご紹介しましたが、ハルヤンネさんの作ったものがあったのでご紹介。

サポート記入フォーム

 わかりやすいし、何が大事かも自然にわかります。

 ダウンロードはタダです。DL-MARKETの会員に登録(無料)する必要はあります。私、登録しようとしたら、以前にも登録していたらしく、「このメールアドレスは既に使われています」と出て、はねられそうになりました(アセ)そんなもんパスワード忘れてるし・・・

 あれこれアドレスをいじくって成功しました。

追記
 こちらで無料かつ簡単にダウロードできるようになりました。

療育手帳の判定、インリアルとTEACCHとが合わないと言われた話など

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ◯◯です。

 先日、手帳の判定に行き、軽度判定を受けて来ました。

 私の気持ちも、何かがふっ切れた様な気がします。

 判定時は、純粋な知能をはかっているのか、自閉症の障害特性をはかっているのか、そんなことには頓着せず、ただ、出来ないという事実のみが判定の対象になるという感じでした。治療や援助方法という受け皿を持たない判定は、被験者に同じ言語的指示を与えて、正誤を見て、知能をはかるという検査の域を出る必要も無いのかもしれない…。

 判定する側が、自閉症の障害特性を知ってくれてたら、出来ない項目(本人がしたくないと行った項目)に対して、最終的には衝動的になってしまったとしても、いやいやながらも2〜3回は指示どうりにし、その項目については我慢の限界に来ただけのことで後の項目には影響しなかったことを、「トラウマがあるんじゃないか」という言葉でかたずけたりはしないかも。検査に対する見通しや指示の入れ方が、この子達にとっては重要なのだから。

 でも、検査のための検査でなく、治療や援助方法を見つける為の検査であれば、もっと細かく、正確に、はかってもらわないと困ります。

 イロイロ愚痴ってしまいましたが、私の中では、整理されたので、行って良かったです。

 もう一つ、療育センターで始まるTEACCHを取り入れた訓練の申し込みでも、「あわないでしょう」と言われました。これまで、療育センターの母子教室では、インリアルアプローチで有名な先生がスーパーバイザーとして来られています。その流れで、娘も他の機関でフォローしていただいているので、TEACCHとインリアルがあわないと言う意味らしいです。私は、TEACCHであろうとインリアルであろうと子供主体で必要な援助を行うと言う考え方は基本に同じであり、相反するものではないと思っています。切り口は少し違いますが、その子に合う形に変えていけば、結局同じだと思います。

 水掛け論なので、保留しましたが、センターで訓練を行う方々も同じ考えなら、急いで受ける必要もない気がしました。 

追記
 今はどうでしょうかねえ。

 「療育手帳を取得するための検査」は、別にその項目を「通過」する必要は全然無いと思います。これは「できないから支援が必要」ということを判定するためのものですから。しかしそれによって被験者を苦しめてはいかんでしょう。そして「トラウマ」を持ち出すか・・・(「トラウマ」である可能性はあると思います。しかし、じゃあ何故そうなったかを考えないとね。検査者はプロなんだから)

 TEACCHとインリアルが合わない・・・大爆笑ですが、こんな人はたくさんいたような気がします。他の例で言うと「マカトンはいいけど絵などの視覚支援(TEACCH)はいけない」とか・・・マカトンも視覚支援なんですけど・・・

 自分が何かの技術・技法を学んだ時にそれ以外のものをはなはだ間違った解釈で否定する人は大勢いました。

療育手帳
インリアル・アプローチその他 コミュニケーションのために 

ファストフード店でのできごととか

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ◯◯です。

 □□も今日、またまたやってくれました。
  
 春休みに入ってから、祖父母を新幹線駅に迎えに行ったくらいで人の多いところへの外出はほとんどなし□□でしたが、みなさんの発言に刺激を受け出かけてきました。とは言っても実家に一人で行った長男△△を迎えに行ったのです。△△はディズニーシーに行ったのですが、すごい混雑でポップコーン買うにも1時間待ち、乗り物には何も乗らずに帰ってきました。

 話しは戻って、新幹線駅に△△を迎えに行き、すぐ帰って来る予定が、どうも□□がそのまま新幹線に乗って東京に行こうと企んでいる気配を感じて迷った末、新幹線駅に行く前に□□を満足させておき、お迎えに向かうことにしました。

 □□は、自動車は好きなのですが、鉄道には全く興味がないので、新幹線から下りて来た△△がお土産のゲームソフトを手渡して、無事帰途につく事ができました。

 しかし、□□を満足させようと繁華街で本を買い、ソフトクリームを食べるまでは順調に行っていたのですが、昼食の時「チキン」を選択した□□とファストフード店に入って注文している時、大事件が。

 □□は本屋で欲しかった「ウルトラマンAGE」と言うマニア向けの本を見つけ御機嫌で席について待っていました。

 店内も子供が少なくて静かだったのですが、たった一組の子供連れの母がなんと、持っていたコーヒーカップを子供の足の上に落したのです。もちろんカップは割れ子供は泣き叫び、危ないと思って□□の席に戻って、手を捕まえたのですが、素早いキックが泣いている子供に。

「子供の泣き声でパニックになるのでごめんなさい」と言い残し2階へ逃げました。2階があって良かった。

 出かける前にはスケジュールを見せ、イラストで説明し「泣いている子がいてもぶちません。がまんします。」これが○だったら、良い子貯金(たまったらローソンでゲームの書き換えができる)をするとお約束をして、本人も納得して電車の中でも頑張ったのに、よりによって一番嫌いな「ものが割れる、こぼれる」「子供が怪我する、泣く」と言う事件が目の前で起ってしまいました。このパニックは不運としか思えません。こういう場合ご褒美はやっぱりあげない方がいいのだろうか?
 
 >  でも、今回、自閉症児を3人連れて外出(介助者は1人)するのって
 > 本当は大変な事なんだと痛感しました。
 >  具合の悪い子にかかりきりになれないのです!長男は色々
 > (気持ちはわかるけど、こんな時に言うなー!とキレそうになりま言ってくるし、
 > す)三男は、ずっと手をつながないとダメだし・・・。
 > せめて介助者がもう一人いれば、気分的にも助かったのに。

 1対1でもパニックを起すとどうしようもないですね。3人連れての外出、すごいです。
 
>  余談ですが、デパートって、バリアフリーには程遠いなと感じました。エレベー
> ターやエスカレーターは分かりづらいし(店内が入り組んでる!)、
> づトイレは行きらいし・・・。お年寄りや障害者は来るなってか?!

 某デパートの障害者用のトイレもわかりにくい所にありました。しかも、何故かいくら待っても使用中でしかたなく、女子トイレの入口で待たせておきました。待ってはいたのですが、くつを脱いでベビーベットでくつろいでいた(^_^;)

 女子トイレに入れるのももうそろそろ限界です。いつもはだいたい長男が連れて行ってくれるのですが、母と二人だと男の子は困ります。
 
 ゲーム三昧の春休みにならないようにとは思うのだけれども、外出もパワーが入りますね。

 でも、4月からは週1回放課後□□と遊んでくれるボランティアさんが見つかったので、□□の出かけられる場所も少しずつ開拓していかなくてはと思っています。

p.s.マクドナルドにナゲットがなくなっているのですが、何故?こちらだけですか?非常に困ります。

ブロック崩し(パソコン用のゲーム 自閉症のお子さんが好きだった)2

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※これはずいぶん前の「ブロック崩し(パソコン用のゲーム 自閉症のお子さんが好きだった)」へのレスです。

 kingstoneさん、こんばんは。◯◯です。

 以前ブロック崩しの件で、お世話になっておきながら何の音沙汰もなくすみません。 

 実は、ダウンロードは成功していたはずなのにその頃と前後してデスクトップの画面からアイコンが消えてしまうというアクシデント(?)があって、ゲーム画面を開きたくてもどうしてよいかわからない状態で、早1ヶ月あまり・・・ 

 今日、あきれるほど単純なことで、なおる事がわかりさっそくやってみますと。。。でました、でました、ものすごくおもしろい! 大人も充分はまる!

 3人の子供が(ついでに私も)奪い合いをしながらゲームを楽しんでいます。

 改めていいもの紹介くださって、ありがとうございました(^。^)
 効果音があるほうがもっと面白いと思うので、がんばってチャレンジしてみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ◯◯さん、どうもです。
 kingstoneです。

 おお、使えるようになられたのですね。
 良かった(ニコ)

> 3人の子供が(ついでに私も)奪い合いをしながらゲームを楽しんでいます。

 □□君がやってるようすを少し教えて頂けますか?
 私にこのソフトを教えてくれた人(実は私のいとこでネットのゲームの世界ではちょっと有名な人)に伝えたいと思いますので。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 kingstoneさん、こんばんは。◯◯です。

>  □□君がやってるようすを少し教えて頂けますか?
>  私にこのソフトを教えてくれた人(実は私のいとこでネットのゲームの
> 世界ではちょっと有名な人)に伝えたいと思いますので。
>
 初日は、姉と妹が「自分がやる!」と、激しい争奪戦になってしまい、の出番が余ありませんでした。 私が「□□にもやらせてあげて!」と言うと しぶしぶ席を譲るのですが、気がつくと 再び姉妹のバトルに・・・で、結局□□は、後ろで、ジ〜ッと見ていましたが、あきらめて就寝・・・

 そして本日。朝、誰もいない時間帯を見計らい、□□を誘うと部屋を締め切り、微動だにせず1時間・・・23面までやってました。

 球のスピードが、□□には少し速く、全面クリアというわけにはいきませんでしたが、少しずつうまくなっているようです。 無重力みたいに玉がふわふわする画面と、ブロックにあたると中から玉がいっぱい出てくる画面が特にお気に入りみたいです。

 右クリックを何回も押すと手持ちの玉がたくさん出てくるんですね。
 10個くらいいっぺんに出してお手玉状態にして遊んだりもしていました(あっという間に「BOO!」になってしまいますが・・・)

 この頃 暇な時は、独り言とげらげら笑いや数字を唱えたり・・・と口が忙しいのですが、熱中している時は静かなものです。
 
 夜は、「お風呂掃除した後、ブロック崩しする?」と誘うと、いつもは のらくらしている日課のお風呂掃除も猛スペードで終え(いい強化子だなあ・・・)再びゲームの世界へ・・・ 今度は、1時間半やってました。

当分やみつきでしょう・・・

2月24日(木曜日)

 おはようございます。

 雨上がり。
 曇り。
 花粉症は少しましみたい。

ラベル:挨拶 天気
posted by kingstone at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする