私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年02月25日

ファストフード店でのできごととか3(泣いてる子を蹴るのにどう対処する?)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ◯◯です。

|割れ子供は泣き叫び、危ないと思って□□の席に戻って、手を捕まえたので
|すが、素早いキックが泣いている子供に。「子供の泣き声でパニックになるのでご
|めんなさい」と言い残し2階へ逃げました。2階があって良かった。
| 出かける前にはスケジュールを見せ、イラストで説明し「泣いている子がいても
|ぶちません。がまんします。」これが○だったら、良い子貯金(たまったらローソン
|で
|ゲームの書き換えができる)をするとお約束をして、本人も納得して電車の中でも
|頑張ったのに、よりによって一番嫌いな「ものが割れる、こぼれる」「子供が怪我す
|る
|、泣く」と言う事件が目の前で起ってしまいました。このパニックは不運としか思え
|ま
|せん。こういう場合ご褒美はやっぱりあげない方がいいのだろうか?

 この極限状態になったときには、子どもが泣くから、キックするまで、過去の一連の映像しか頭になくなるのだとおもいます。だから、結果がだいたい同じ。

 ご褒美も、その瞬間は頭に無い。

 子どもが泣くからキックするに行かないように、子どもが泣くから何か外の映像に、視覚的連想が行くように、繰り返し見られる映像か、決まった視覚的なものを何か工夫した方がいいのでは。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
視覚的連想の書き換え

 ◯◯さん、こんにちは。いつもアドバイスありがとうございます。
 △△です。
 
> この極限状態になったときには、子どもが泣くから、キックするまで、過去の
> 一連の映像しか頭になくなるのだとおもいます。
> だから、結果がだいたい同じ。

 ちょっ泣き声が聞こえたくらいの時は、ご褒美の為に我慢するという努力も見られるのですが、極限状態になった時は◯◯さんがおっしゃる通りだと思います。
 
> 子どもが泣くからキックするに行かないように、子どもが泣くから何か外の映像に、
> 視覚的連想が行くように、繰り返し見られる映像か、決まった視覚的なものを何か
> 工夫した方がいいのでは。

 子供が泣いたら、キックじゃなくてそれに変わるものを伝えなくて思うのですが、「大丈夫と言う」「なぜてあげる」など、助けたり励ましたりするのはAAにとっては難しい行動だと思えます。
 今は「がまんする」と言うあいまいな言い方で伝えてあるのです。だから程度を越えると我慢できなくなります。
 何か他の行動という事にとらわれていましたが、違う連想と言う考え方もあるのですね。
 しかし、〇〇の戦い系のファンタジーの世界に住んでいるので難しいところです。
 
 泣いている子がいて、ヒーローが優しくして助けてあげるシーンなどは〇〇の好きなヒーローものなもたくさん出て来るシーンなのでしょうが、今のところ相手を倒すシーンーの方が強烈なの映像として残っているのでしょうね。
 優しい対応が出て来るシーンを集めて見せるようにしてみます。お父さんはウルトラマンのシリーズにもそんなシーンがあるかもしれません。
 
 ただ、泣いている子にかかわるような映像だと、上手に行動できずに誤解されてしまうのではないかと心配です。かかわるのは自分でなく他の人と思わせた方がいいので
しょうか?←うまく言いたい事が表現できてない

 割れたものに関しても掃除すればきれいになると言う事を伝えたかったのですがその
話しをすると、本人は「セメダインで付けて下さい」と叫んでいました。

追記
 そういや、コミック会話というか絵で描くソーシャルスキルトレーニングと言うか、文で書いてもでしょうが、「ウルトラマン」とか「戦隊物の主人公」とか、そのお子さんにとって大好きなヒーローがやってるように描いたり、物語を作ったりすると、すごく理解が進む、という話を小耳にはさみました。そらそうやろなあ。
 ひょっとして「ヒーロー療法」とか名前がついていたかも・・・そんな名前はつけなくても良いような気がしますが・・・

ファストフード店でのできごととか2(泣いてる子を蹴るのにどう対処する?)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ◯◯さん、こんにちは。□□です。

 ナゲットは輸入禁止で在庫0だそうで、、、。
 今日の新聞に載ってました。(^^ゞ

ps。△△も(子供の泣き声じゃないのですが、前方をふさがれた時に)小さい子を足げりした事あります、、。
   ただただ、謝るしかありません、、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 □□さん、こんにちは。
 
> 輸入禁止で在庫0だそうで、、、。
> 今日の新聞に載ってました。(^^ゞ

 私も先ほど新聞で見ました。

 昨日もAAとマくドナルドに行ったら、やっぱりナゲットがなくて困っていた私の嘆き方が大げさだったようで、コーヒーとコーラをおまけしてくれました。

 どっちもあまり好きじゃなくて困ったんだけど。
 生協でもAA大好きな「博多の屋台の味 ひなっこから揚げ」も販売中止になってしまいました。
 鳥肉に問題が出て来るとAAの食生活には大打撃です。

> ps。△△も(子供の泣き声じゃないのですが、前方をふさがれた時に)
>    小さい子を足げりした事あります、、。
>    ただただ、謝るしかありません、、、

 ホントただ謝るしかないですね。ただ私たちのAAに対する対応がたぶん切羽詰っている様子なので相手もそのただならぬ様子にたじろいで、怒られたことはあまりありません。「何か訳有りの子供」と思うのでしょう。

 だいたい「パニックになってしまったんです。」と叫んで風のようにその場から去ります。その時に自閉症の手引きを渡したらいいと思うのですが、余裕がありません。

 AAの場合、泣いている本人がそばにいない時は、まわりにいる誰でもいいから
キックします。しかも、小さい子を選びます。半分位は阻止していますが、すばやいのでなかなか止められません。2、3才の子供が歩いてくるだけで、私の方がピリピリしてしまいます。

追記
 鶏の輸入禁止なんて事件があったんですね。

 「小さい子を蹴ったり叩いたりしてしまう」「泣いてる子に攻撃してしまう」にどう対処するか。

 私だったら、まず「近づかない」
 ところがガイドヘルプ中にどうしてもすれ違わなければならないこともあります。その時は2人の間に物理的に入って「見えない」よう「手足が届かない」ようにします。
 あとはあらかじめ「◯×メモ帳」で「小さい子」「泣いている子」がいたら「見る」「離れる」は◯で「たたく」「蹴る」は×でを地道に伝え、スケジュールでこれからやることの見通しを立ててもらう、そのあたりかなあ。

療育手帳の判定、インリアルとTEACCHとが合わないと言われた話など2

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※「療育手帳の判定、インリアルとTEACCHとが合わないと言われた話など」の追記に書いたようなこと、やはり当時でも私、書いていたのですね。


 ◯◯さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  判定時は、純粋な知能をはかっているのか、自閉症の障害特性をはかっているの
> か、そんなことには頓着せず、ただ、出来ないという事実のみが判定の対象になる
> という感じでした。

 まあそうなのでしょうね。

>治療や援助方法という受け皿を持たない判定は、

 なのですから。
 まあ「困難」があるから手帳を交付します、ということなのでしょう。
 
 しかし・・・トラウマとは・・・あ、でも、その判定のための試験そのものはものすごくトラウマチックなもんですよね・・・そりゃテスターの問題だ。

> れで、娘も他の機関でフォローしていただいているので、TEACCHとインリアルがあ
> わないと言う意味らしいです。

 ???
 TEACCHとインリアルが合わないという「判断」がもしあったとすれば、それは不勉強も甚だしいですね。うん?そこまで言ってはいけないか??でも、少なくとも私が勉強し、実践するレベルではまったくもって並立します。

 まあ、ほんま、みんなで特別支援教育担当者や専門家を育てていかないと・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 こんばんは。□□です。

>  TEACCHとインリアルが合わないという「判断」がもしあったとすれば、
> それは不勉強も甚だしいですね。うん?そこまで言ってはいけないか??
> でも、少なくとも私が勉強し、実践するレベルではまったくもって
> 並立します。

 私もそう思います。でもそう思われる方は居るみたいです。悲しいな・・。
 わたしも言われたことあります。「なんで、インリアル好きやと言ってた◯◯さんがTEACCHなんや?」って・・。

 でもこの方はどちらもよく分かってなかったと思います。
 特に、TEACCHは人間らしくないと・・。関わり手の感性とかは関係ないと思ってはったようです。

 だから両者が合わないと思ってはったようです。

 もう何年何年もも前になりますが、はじめてインリアルを知ったときはどきっとしました。
「子供のコミュニケーションが上手くできないのは関わり手側に原因がある。」
そのあと、講習会やビデオ買ったり勉強しました。

 インリアルアプローチの待つ姿勢とか人を環境の一部と考えるとことか・・・。
 ビデオをとって、関わりかたをみていくところとか
 kingstoneさんのいわはるように切り口は違うけど子供と関わるときに大切にしたい姿勢は一杯つまってると思います。


 インリアルのスーパーバイザーの人が関わっているのに・・・。
 そんなこともあるのですねえ・・。

インリアル・アプローチその他 コミュニケーションのために 

2011年02月24日

iMovie movファイル(QuickTime用)を作る

iMovieは簡単かどうかについて。正直よくわかりません。最初、それなりのハードルはあるかもですが、今までさんざんリニア編集とか、Premiere Ver.5の頃にビデオ動画を作った感じからすると、ずいぶん手軽に作れる感じはあります。

 昨日m4vファイルを作った動画も、タイトル(字幕)を入れ替えてmovファイルにつくり直そうと思うくらいには簡単です。

 で、iDvdでDVDに書きだす(そしてたぶんそれをDVDプレイヤーで見る)ためにはQuickTimeのmovファイルにして書き出さないといけないようです。

 そこで、miniDVテープから取り込んだ動画を、movファイルにしてみました。

 メニューバーの「共有」→「QuickTimeを利用して・・・」でできます。

 するとm4v(MPEG-4ファイル)だと178Mなものが、mov(QTファイル)だと3.43Gの膨大なものになりました。しかも画像の質は変わりません。元動画よりはだいぶ落ちてます。ここらへんは私の設定が悪いのかな??

 で、次に、どんどんDVテープから動画を読み込みました。

 おおお、Twitterしながら作業してたら「読み込み中」なのを忘れて25分も取り込んでしまった。めちゃ削らなきゃ。

 今日の作業でハードディスクを30G以上使いました。

 iDVDを使ってみようと思いましたが、ややこしそうなので、また明日。



posted by kingstone at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画編集 iMovie AviUTL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口真理恵さん オーストラリアに留学中のラグビー選手

 週刊文春の3月3日号のグラビアに女子ラグビー選手でオーストラリア留学中の山口真理恵さんが載ってました。

 ブログはこちら。

http://ameblo.jp/marie-yamaguchi/

tumblr_ldwr9mCo7l1qzn6u7o1_400.jpg

写真はスポーツナビってところの写真らしい。
「スポーツナビ | 写真 | 16年五輪での7人制ラグビー採用が決定! 五輪では女子競技も行われる(写真は女子日本代表の山口真理恵=3月のドバイW杯時)」

ラベル:女子ラグビー
posted by kingstone at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする